新着情報

【SQUSE通信 Vol.276】 芒種
メルマガ
2013年06月05日


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAとロボットが夢でつながっていくさま ─ SQUSE通信 ─
───────────────────────────────────────

◆◇ 芒種 ◇◆
http://www.squse.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2013/6/5 Vol.276

おはようございます。
本日は二十四節気の「芒種(ぼうしゅ)」。

「芒(のぎ:針のような突起)」のある稲や麦などの穀物の「種」を蒔く季節といわれ、
百舌(もず)が鳴き始め、かまきりや蛍が現れ始める頃だそうです。

これから次第に梅雨めいて、五月雨の(さみだれ)の季節に入ります。

湿気対策や雨具の準備に気をつけつつ・・・
本日も、どうぞよろしくお願いいたします!


─ ◆◇ 今日のコンテンツ ◇◆ ───────────────────────

1:ホットニュース ……………【「FOOMA JAPAN 2013」のご案内 など 】
2:インフォメーション! ……【合同企業説明会出展のお知らせ など 】
3:今週の決断! ………………【決断34:研究開発型企業か、受注請負型企業か 】
4:ことばこ! ………………【ワイヤーストリッパー】
5:好きこそモノの上手なれ …【潮干狩り】
6:後記 …………………………【メールマガジン第1号について など】

─ ◆◇ 1:ホットニュース ! ◇◆ ─────────────────────
*ホットな話題や、スキューズの今を、ご紹介します。

◎【新着!】「FOOMA JAPAN 2013」のご案内
弊社製品販売代理店のドーワテクノス社が出展され、
弊社ロボットアーム(ASD-1100)を出品されます。
この機会に、ぜひ、お立ち寄りくださいませ!
●FOOMA JAPAN 2013 国際食品工業展
1.会期:2013年6月11日(火)~14日(金)
2.会場:東京ビッグサイト東展示場
3.ブース:東6ホール 6P-26
詳細は、こちらをご参照くださいませ!
http://www.squse.co.jp/news/detail.php?id=105

◎ 公式Facebookページ開設のお知らせ
弊社の魅力をより多くの人に知っていただくため、
公式Facebookページを開設いたしました。
詳細は、ぜひ、こちらをご参照くださいませ!
http://www.squse.co.jp/news/detail.php?id=103


─ ◆◇ 2:インフォメーション! ◇◆ ───────────────────
*スキューズからのお知らせコーナーです。

◎【新着!】合同企業説明会出展のお知らせ
2014年3月度卒業生を対象とした合同企業説明会に出展いたします。
詳細は、こちらをご参照くださいませ!
http://www.squse.co.jp/news/detail.php?id=102

◎ ロボット技術者集まれ!
ロボット技術者の方々、弊社で腕を振るってみませんか!?
革新的なロボット技術で人手作業の自動化を実現している弊社は、
好奇心旺盛なロボット技術者の方を、求めています!

「技術者の made in japan を目指して」


そのうえで、世界に挑戦したいというひと 集まれ!


詳細は、こちらをご参照くださいませ。
http://job.j-sen.jp/search/keyword_%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BA%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE.htm
新卒者も含め、興味関心のある方は、お気軽にお問合せください!
https://www.squse.co.jp/about/inquiry.php


─ ◆◇ 3:今週の決断 ! ◇◆ ───────────────────────
*書籍『シーケンシャル・マネージメント』から、
58ある「決断」をひとつずつ、ご紹介していきます。

◎決断 34
「研究開発型企業か、受注請負型企業か」



「受注請負型企業」

∥正確に言えば、スキューズは受注請負「開発」型企業です。
∥(中略)
∥受注請負には、エンドユーザーからの依頼と、
∥各種セットメーカーからの依頼の二種類の系統があります。
∥それぞれに特徴があり、学ぶところもあるため、
∥いろんな注文を受けることで確実にスキルアップしてきています。
∥それは、スキューズの強みのひとつでもあり、これからも変わらぬ姿勢です。

∥また、FAは納期がしっかりと決まっている仕事です。
∥工場のオープン日、商品の発売日などは早くから決められ、
∥その期日に向かって、新たな人員確保や広告宣伝など、派生する仕事が進められて
∥いきます。
∥となると、その納期をこちらの都合で遅らせることなどできるはずがありません。
∥「できません」では話にならないのです。
∥必ず納期を守ること。
∥これは、この世界のルールであり、信頼へとつながる要素でもあります。

∥さらには、求められている結果が決まっているのですから、
∥目的は明確で、意味のない装置をつくることはなく、
∥先方の意向に沿うように機械を動かすための最適なプログラムを組む実直な
∥世界です。だからこそ、そこでは志が重要となってくるのだと思っています。
∥「志」、それは言い換えれば「プライド」です。
∥結果を出すこと。
∥その点に向けての意識そのものが、エンジニアとして最も大切なプライドなのかも
∥しれません。

∥そういった中で基礎づくりを行い、クオリティを保ってきた企業だからこそ、
∥スキューズは「受注請負+知恵」でここまでやってこられたのだと確信しています。

∥そして、そこに「開発」というエッセンスが加わることで、
∥FAだけでなくロボットという新たな事業部を立ち上げるに至ったのです。
∥これこそが、「FAとロボットは夢でつながっている」というスローガンが生まれた
∥理由でもあります。
∥(後略)

「FAとロボットが夢でつながっている」理由とは・・・!?

・書籍情報:http://www.squse.co.jp/company/07_detail.phpl
・スキューズブランド:http://www.squse.co.jp/squse/04_detail.php

(安川)


─ ◆◇ 4:ことばこ! ◇◆ ─────────────────────────
*業界用語や専門用語を、わかりやすくご紹介します。

//ワイヤーストリッパー

今回は配線作業には必需品であるワイヤーストリッパーをご紹介します。
ワイヤーストリッパーとは、被覆電線などの被覆を剥がすための工具です。
対象ケーブルの被覆のみに切り込みを入れて、芯線を切らずに被覆のみを除去する事ができます。
手持ち工具で手動タイプと自動タイプがあります。


対象ケーブルを挟み込み被覆に切込みを入れ、ケーブルに対して平行に引き抜く事ににより
被覆を除去する事ができます。


対象ケーブルを挟み込むと被覆に切り込みを入れて被覆を除去するまで自動で行います。

弊社では手動タイプをメインに使用しています。
手動タイプの方が小さく持ち運びに便利な上、作業時間が自動タイプよりも短くできるからです。
ただ、自動タイプに比べてある程度練習しないと芯線を切る恐れがあるので使う時は要注意です。

またお客様によっては、手動タイプのワイヤーストリッパーはNGの場合もありますので
その場合はお気軽にご相談下さい。ご希望に応じて対応させていただきます。

(東井)

─ ◆◇ 5:好きこそモノの上手なれ : 潮干狩り ◇◆ ────────────
*編集担当が、趣味や興味のあるモノゴトに関するコラムを交代で記します。

先日、潮干狩りに行ってきました。
狙いはアサリやハマグリではなく
「マテ貝」という種類なのですが、皆さんご存知ですか?
私は初めて耳にしました。

行くまでは潮干狩りってオモロイか?と半信半疑でしたが
実際やってみると、テンションが一気にあがりました!

砂浜を平に掘って、見つけた穴に塩を振りかけると
ニョキッと貝が飛び出してきて、その瞬間を逃さず引っ張りあげる。
モグラ叩きの様なゲーム感覚で楽しめました!

獲った貝はバター焼きにして美味しくいただけますので
今週末何をしようかな?
・・・となかなか決まらないときに、一度チャレンジされてみてはどうでしょうか。

(川嶋)

─ ◆◇ 6:後記 ◇◆ ─────────────────────────

◎メールマガジン第1号について
当メルマガは、ブランディングの一環として、4年前にリニューアルスタートしました。
こちらよりご参照くださいませ。
http://archive.mag2.com/0000158458/20071108080000000.html

◎広告メールなどの解除手続きについて
当メールマガジンをご愛読いただき、ありがとうございます。
ご登録いただきますと、別途、まぐまぐより、ニュースなどの広告メールが届きます。
これらをご不要の方は、恐れ入りますが、下記のページにアクセスし、
各ニュース(広告)ごとに、解除の手続きをとってくださいますようお願いします。
解除の手続きは、解除の欄にメールアドレスを入力して、解除ボタンを押すだけです。
http://www.mag2.com/wmag/

───────────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを、
どうぞ、よろしくお願いします!!!

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAとロボットが夢でつながっていくさま ─ SQUSE通信 ─

発行元 :スキューズ株式会社 SQUSE Inc.
発行責任者 :清水 三希夫
編集長 :安川 寿
編集 :野呂 淳・中辻彩子・立野雅三・川嶋圭太朗
:落合俊夫・笠健次郎・早川壮・東井佳菜充
URL: http://www.squse.co.jp Email: sq_maga@squse.co.jp
・本メールマガジンの記事中に掲載されたWebサイトのご利用において、
いかなる損害が発生しても、スキューズ株式会社は賠償など、
一切の責任を免れます。
・掲載された記事を、許可なく転載することを禁じます。
・複数人による閲覧が可能なメールアドレス(メーリングリストなど)による
購読はご遠慮ください。ご希望の場合は弊社までご一報ください。
・メールマガジンのバックナンバー・配信中止をご希望の方は、
まぐまぐのホームページからお願いいたします。
http://www.mag2.com/m/0000158458.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から