新着情報

【SQUSE通信 Vol.281】 真夏
メルマガ
2013年07月10日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAとロボットが夢でつながっていくさま ─ SQUSE通信 ─
───────────────────────────────────────

◆◇ 真夏 ◇◆
http://www.squse.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2013/7/10 Vol.281

おはようございます。

梅雨明けしたとたん、各地で「真夏」日や猛暑日が観測されています。
熱中症の症状を訴える人も相次ぎ、水分補給など体調管理には万全な注意が必要です。

「真夏」は、ヒトだけでなくクルマもオーバーヒートしやすい季節。
冷却水やエンジンオイルのチェックなど、こちらも事前の点検をお忘れなく。

そういえば本日は「潤滑油の日」。
「オイル(OIL)」を半回転させると「710」になることから制定されたとのこと。
単なる語呂あわせと違い、ひねりが効いていますね。

体調管理に気をつけつつ・・・
本日も、どうぞよろしくお願いいたします!


─ ◆◇ 今日のコンテンツ ◇◆ ───────────────────────

1:ホットニュース ……………【ロボットハンドが英語教科書に掲載されました! など 】
2:インフォメーション! ……【公式Facebookページ開設中! など 】
3:今週の決断! ………………【決断44:スキルなのか、根性なのか 】
4:ことばこ! ………………【結露】
5:好きこそモノの上手なれ …【ハモしゃぶ】
6:後記 …………………………【メールマガジン第1号について など】

─ ◆◇ 1:ホットニュース ! ◇◆ ─────────────────────
*ホットな話題や、スキューズの今を、ご紹介します。

◎【新着!】ロボットハンドが英語教科書に掲載されました!
高等学校英語教科書「ENGLISH NOW 2」に
弊社「ロボットハンド」が掲載されました。

1.タイトル:ENGLISH NOW English Communication 2
2.内容:平成26年度~29年度用高等学校英語教科書
3.出版社:開隆堂出版株式会社

詳細は、下記をご参照くださいませ。
http://www.squse.co.jp/news/detail.php?id=112

◎ 「FOOMA JAPAN 2013」のお礼
先週東京ビッグサイトにて「FOOMA JAPAN 2013」が開催されました。
あいにくの雨模様にもかかわらず、たくさんのお客様にご来場いただき、
貴重なご意見やご要望をお聞きすることができました。
心より、御礼申し上げます。
「革新技術工場。」より独創的な製品を開発し続けることをお約束いたします!
今後とも、ご指導ご鞭撻を賜りますよう、お願いいたします。
https://www.foomajapan.jp/2013/index.html


─ ◆◇ 2:インフォメーション! ◇◆ ───────────────────
*スキューズからのお知らせコーナーです。

◎【新着!】 公式Facebookページ開設中!
弊社の魅力をより多くの人に知っていただくため、
公式Facebookページを開設いたしました。
ぜひ、こちらをご参照くださいませ!
https://www.facebook.com/squse.recruit

◎ ロボット技術者集まれ!
ロボット技術者の方々、弊社で腕を振るってみませんか!?
革新的なロボット技術で人手作業の自動化を実現している弊社は、
好奇心旺盛なロボット技術者の方を、求めています!

「技術者の made in Japan を目指して」


そのうえで、世界に挑戦したいというひと 集まれ!


詳細は、こちらをご参照くださいませ。
http://job.j-sen.jp/search/keyword_%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BA%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE.htm
新卒者も含め、興味関心のある方は、お気軽にお問合せください!
https://www.squse.co.jp/about/inquiry.php


─ ◆◇ 3:今週の決断 ! ◇◆ ───────────────────────
*書籍『シーケンシャル・マネージメント』から、
58ある「決断」をひとつずつ、ご紹介していきます。

◎決断 44
「スキルなのか、根性なのか」



「根性」

∥一般的に、エンジニアに必要な能力は?と問われれば、
∥答えは「問題解決能力と探究心」でしょう。
∥それはすなわち「センス」です。
∥しかし、スキューズ的にはそれだけでは足りません。
∥スキューズではその一般的に必要な能力に加えて、
∥「やる気と根性、さらに負けず嫌い」が必須条件となります。

∥できないことは安請け合いせず、きっぱりと断る。
∥しかし、一度やると言ったらやる。
∥「有言実行」はエンジニアにとって、とても大切な姿勢です。
∥わたしは常々、従業員に「ラッキーパンチはありえない」と言い含めています。
∥望まれる結果を出すことが、エンジニアに求められていることだからです。
∥「有言実行」のスタンスを貫くには、まず何より「やる気」がないといけません。
∥そして、さらにはその「やる気」を支えるだけの「根性」が必要になります。
∥ただ気力だけがあっても、空回りして終わってしまうからです。
∥能力で仕事しようとすると、能力に溺れてしまうことが多々あります。
∥能力(ポテンシャル)があるがゆえに、踏ん張らなければならない場面で
∥逃げしろのある選択をしてしまう。そんな選択ができるような環境に身を
∥置いていては、失敗しても言い訳ができてしまいます。
∥それは危険なことです。
∥言い訳をしない。それは負けず嫌いとイコールだと、わたしは思っています。
∥だからこそ、これら3点が欠かせない要素となるのです。
∥(後略)

「根性」があれば、おのずと「スキル」は身についてくるもの・・・。

余談ですが・・・
ウルトラマンのように、「ひっしのぱっち」の3分間も大事ですし、
カップラーメンのように、なすべきことをして待つ3分間も大事です。

「学ぶ」ことを楽しみたいものですね。

・書籍情報:http://www.squse.co.jp/company/07_detail.phpl
・スキューズブランド:http://www.squse.co.jp/squse/04_detail.php

(安川)


─ ◆◇ 4:ことばこ! ◇◆ ─────────────────────────
*業界用語や専門用語を、わかりやすくご紹介します。

//結露

結露(けつろ)とは、固体状態における物質の表面、または内部で、
空気中の水蒸気が凝縮する現象のことです。
例:温度20℃・湿度50%の室内における露点温度は、9.6℃であり、
壁や窓などの表面が、9.6℃以下の場所で結露が発生します。

1.表面結露
一般に結露といえば、表面結露を指します。
最も多い事例は、冬季、窓ガラスやアルミサッシで発生する結露で、
発生原因は、居住者のライフスタイルに起因することが多いです。
開口部に断熱性能の高い、複層ガラスや断熱サッシなどを用いると
開口部付近での表面結露は起こりにくくなります。

2.夏型結露
夏季の地下室や常時開放された倉庫などの床、エアコンがよく効いた部屋の冷たいものに
高温多湿な外の空気が流れ込んで接触することで発生します。
また冬型結露の逆で、エアコンでよく冷やされた建物では、
外部の湿った空気が壁の内部に侵入し温度勾配の露点温度以下の部分で発生します。
壁の外部にも防湿膜を設置することにより避けることができます。

3.結露の防止対策
1)表面結露の場合、基本的な結露防止手段として、室内の水蒸気量を減らすか、
表面温度を上げる方法があります。
2)断熱(断熱補強)
表面温度を上げるために、断熱を行なうことはもっとも基本的な手法です。
さらに、軽量鉄骨やRC造などの場合、結露の発生しやすい熱橋部(ヒートブリッジ)では、
断熱補強を行なう必要があります。
3)換気
4)暖房(または冷房の設定温度を上げる)
5)除湿
・・・とあります。

お客様のところに装置をお納めして調整を行っていますが、
室内の湿度が高く装置に結露が生じる事がしばしばあります。
生産中に結露が生じると、センサーの反射板が曇り誤検出を起こして
正常に稼動しなくなる現象に頭を悩まされています。
とは言え、装置を動かさないといけないので、
異常で止まった瞬間に反射板を拭き拭きして対応した事もありました。

今後は、事前に装置設置予定箇所の環境調査が必要と考えております。

(立野)

─ ◆◇ 5:好きこそモノの上手なれ : ハモしゃぶ ◇◆ ──────────
*編集担当が、趣味や興味のあるモノゴトに関するコラムを交代で記します。

先日、ハモしゃぶを食べました。
おいしいですね~、最後に鍋に残った出汁でぞうすいでしめる。なんともまあ贅沢!

しかし京都のこの時期は「ハモ!!」ってなんで何でしょう。
京都の祇園祭りでも「ハモ」は外せない食材。

そんなハモがなぜ欠かせないものになったかというと夏場になり、海が遠い京都は
暑い夏に新鮮な魚を運ぶのは非常に困難でほとんどの魚は酸欠で死んでしまっていた中、
ハモだけは京都に着いても生きていたようです。

このようにハモは非常に生命力の強い魚ですが、最初は煮ても焼いても骨っぽいハモに
苦労されたようす。
試行錯誤の結果、 骨切りという技法が編み出されこれにより京都の夏の魚は 「ハモ」
が定着したようです。

また生命力の強い魚を食べると精が付くという考え方から、京都の人は好んでハモを
食していたようです。

今年は猛暑になりそうな感じです。ハモを食べてこの猛暑を乗り切りたいと思います。

しょっちゅうは食べれませんが・・・。

(野呂)

─ ◆◇ 6:後記 ◇◆ ─────────────────────────

◎メールマガジン第1号について
当メルマガは、ブランディングの一環として、4年前にリニューアルスタートしました。
こちらよりご参照くださいませ。
http://archive.mag2.com/0000158458/20071108080000000.html

◎広告メールなどの解除手続きについて
当メールマガジンをご愛読いただき、ありがとうございます。
ご登録いただきますと、別途、まぐまぐより、ニュースなどの広告メールが届きます。
これらをご不要の方は、恐れ入りますが、下記のページにアクセスし、
各ニュース(広告)ごとに、解除の手続きをとってくださいますようお願いします。
解除の手続きは、解除の欄にメールアドレスを入力して、解除ボタンを押すだけです。
http://www.mag2.com/wmag/

───────────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを、
どうぞ、よろしくお願いします!!!

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAとロボットが夢でつながっていくさま ─ SQUSE通信 ─

発行元 :スキューズ株式会社 SQUSE Inc.
発行責任者 :清水 三希夫
編集長 :安川 寿
編集 :野呂 淳・中辻彩子・立野雅三・川嶋圭太朗・落合俊夫
:笠健次郎・早川壮・東井佳菜充・慶山忍・野間口晶子
URL: http://www.squse.co.jp Email:sq_mailmaga@squse.co.jp
・本メールマガジンの記事中に掲載されたWebサイトのご利用において、
いかなる損害が発生しても、スキューズ株式会社は賠償など、
一切の責任を免れます。
・掲載された記事を、許可なく転載することを禁じます。
・複数人による閲覧が可能なメールアドレス(メーリングリストなど)による
購読はご遠慮ください。ご希望の場合は弊社までご一報ください。
・メールマガジンのバックナンバー・配信中止をご希望の方は、
まぐまぐのホームページからお願いいたします。
http://www.mag2.com/m/0000158458.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■


スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から