新着情報

【SQUSE通信 Vol.283】 夏の甲子園
メルマガ
2013年07月24日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAとロボットが夢でつながっていくさま ─ SQUSE通信 ─
───────────────────────────────────────

◆◇ 夏の甲子園 ◇◆
http://www.squse.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2013/7/24 Vol.283

おはようございます。

「夏の甲子園」を目指す予選が全国で開催されています。
トーナメント方式で実施されるため、大会出場校は予選を勝ち抜けたチームということ。
そして、この「夏の甲子園」の優勝校は、一度も負けなかったチームということになります。

真夏の太陽の日差しが降り注ぐ中、チームが一丸となって勝利を目指す「夏の甲子園」は、
今年で95回目を数える夏の風物詩となっています。

初陣も常連校も、豪腕投手も強打者も、そして、ベンチに入れなかった選手たちも含め、
すべての野球を愛する人たちが躍動する「夏の甲子園」。

今月末には、全出場校が決定する予定です。


さて、みなさんの地元の出場校は・・・

本日も、どうぞよろしくお願いいたします!


─ ◆◇ 今日のコンテンツ ◇◆ ───────────────────────

1:ホットニュース ……………【第三者割当増資実施のお知らせ など 】
2:インフォメーション! ……【公式Facebookページ開設中! など 】
3:今週の決断! ………………【決断26:特許が先か、製品が先か 】
4:ことばこ! ………………【イナーシャ】
5:好きこそモノの上手なれ …【音楽会】
6:後記 …………………………【メールマガジン第1号について など】

─ ◆◇ 1:ホットニュース ! ◇◆ ─────────────────────
*ホットな話題や、スキューズの今を、ご紹介します。

◎【新着!】第三者割当増資実施のお知らせ
このたび、当社は第3回目の第三者割当増資を実施いたしました。
約2億円の払込により、当社の資本金は2億8,228万円に増加しました。
今回の増資による手取額は、製造現場で人手作業の代替となる
RHPシステムの製品の量産等に充当いたします。

詳細は、こちらをご参照くださいませ。
http://www.squse.co.jp/news/detail.php?id=117

◎ ロボットハンドが英語教科書に掲載されました!
高等学校英語教科書「ENGLISH NOW 2」に
弊社「ロボットハンド」が掲載されました。

1.タイトル:ENGLISH NOW English Communication 2
2.内容:平成26年度~29年度用高等学校英語教科書
3.出版社:開隆堂出版株式会社

詳細は、下記をご参照くださいませ。
http://www.squse.co.jp/news/detail.php?id=112


─ ◆◇ 2:インフォメーション! ◇◆ ───────────────────
*スキューズからのお知らせコーナーです。

◎【新着!】 公式Facebookページ開設中!
弊社の魅力をより多くの人に知っていただくため、
公式Facebookページを開設いたしました。
ぜひ、こちらをご参照くださいませ!
https://www.facebook.com/squse.recruit

◎ ロボット技術者集まれ!
ロボット技術者の方々、弊社で腕を振るってみませんか!?
革新的なロボット技術で人手作業の自動化を実現している弊社は、
好奇心旺盛なロボット技術者の方を、求めています!

「技術者の made in Japan を目指して」


そのうえで、世界に挑戦したいというひと 集まれ!


詳細は、こちらをご参照くださいませ。
http://job.j-sen.jp/search/keyword_%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BA%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE.htm
新卒者も含め、興味関心のある方は、お気軽にお問合せください!
https://www.squse.co.jp/about/inquiry.php


─ ◆◇ 3:今週の決断 ! ◇◆ ───────────────────────
*書籍『シーケンシャル・マネージメント』から、
58ある「決断」をひとつずつ、ご紹介していきます。

◎決断 26
「特許が先か、製品が先か」



「特許」

∥(前略)
∥ロボット事業を立ち上げるにあたり、まず最初に特許を書き上げました。
∥(中略)
∥何をおいてもまず特許を取ったのは、人に話したいからでした。
∥第三者評価を受けるためにも、特許は必要な手続きでした。
∥その後、さまざまなコンクールに出展し、共同開発で電機製のものをつくったりもしました。
∥スキューズだけでは構想の実現は到底無理だと分かっていたので、
∥バックアップしてくれる企業や大学を探しました。
∥大学教授にも遠慮せずアポイントを取り、
∥ときには秋田にいるという権威の人のところまで通いました。
∥そうして、紆余曲折を経て、アクチュエーターに行き着いたというわけです。

∥また、ベンチャーは風当たりの強さが心配されることもあると予測して、
∥その防御策としても特許取得は有効な手段だと判断しました。
∥自分たちがやりたいことを、
∥ちゃんとやれるだけの策を練っておくのは大切なことです。
∥ちょっとしたことで、結果は大きく変わるのです。
∥弱小だからこそ、法を利用することで自分たちの身を、
∥そして未来を、守るべきだったのです。その考えは今も同じです。

∥これからも、カタチにしたいと思うアイデアや要素に行き着いたら、
∥特許を申請するつもりです。
∥話すために。そして、つくるために─。

新規性や進歩性が必要な特許ですが、
ないよりも、こうしたい、こうありたい、という熱意が大切のようですね。

・書籍情報:http://www.squse.co.jp/company/07_detail.phpl
・スキューズブランド:http://www.squse.co.jp/squse/04_detail.php

(安川)


─ ◆◇ 4:ことばこ! ◇◆ ─────────────────────────
*業界用語や専門用語を、わかりやすくご紹介します。

//イナーシャ

イナーシャとは回転体の角加速度に対する比例定数のことであり、感覚的には
始動にかかる力、止めるために必要な力を指す言葉です。

メリーゴーランドのような大きな物を回すには大きな電力のモータを使い、
卓上扇風機のような小さな物であれば小さな電力のモータを使用します。

その差は『回し難さと、止め難さ』です。 ⇒ イナーシャ

FAの業界では、サーボモータやインバータ、ステッピング、DCモータなど
回転体が多く使われ、設計時に必要なパワーを算出するためにイナーシャを求めて
活用します。


先日、数学について中学生が「将来こんな物知らなくても困らないのに・・」とテレビで
言っているのを見ました。

つい、本気で物づくりや研究に興味が持てた時、過去の自分を恨む事になるぞ!
・・・と言ってやりたくなりました。


私は過去の自分を恨みながら、楽しんで思い出しています。

(落合)

─ ◆◇ 5:好きこそモノの上手なれ : 音楽会 ◇◆ ────────────
*編集担当が、趣味や興味のあるモノゴトに関するコラムを交代で記します。

先日、娘の保育園で音楽会がありました。各年齢で、歌やダンスを披露するというものです。
1歳児の娘は、やんちゃでじっとしていることも難しいので、本当にできるの!?と
不安になりながら見に行きました。

まず驚いたのが、保護者の気合いの入れ方!
開演30分前には着いたのですが、会場(保育園の講堂)は満員・・・。
場所取りも大変だろうなぁとは思っていましたが、甘くてみてました・・・。

挨拶や、0歳児クラスさんの発表が終わり、なんとか席を確保。
1歳児クラスの発表です。
ひな壇にずらっと並び、先生の歌とピアノに合わせて踊ります。
月齢の低い(2月生まれ)娘は、ひな壇に座っての参加。
親の姿を見て泣いてしまう子、ぼーっとしている子、眠たそうな子もいましたが、
みんな発表の間はうろうろすることがなく、ちゃんとその場にいれることがすごい!と
保育園の先生たちの力を感じました。

我が子はというと、かなりしっかり踊り、最後には誰よりも踊ったぞとガッツポーズを決めて、
お客様に拍手を強要してました!
私も夫も大喜びで、あまりの可愛さに夕食時に撮影したビデオをひたすら流し続ける日々を
2、3日過ごし、親バカっぷりを発揮しました(笑)

次は9月の運動会。娘の成長を見るのが楽しみです!

(慶山)

─ ◆◇ 6:後記 ◇◆ ─────────────────────────

◎メールマガジン第1号について
当メルマガは、ブランディングの一環として、4年前にリニューアルスタートしました。
こちらよりご参照くださいませ。
http://archive.mag2.com/0000158458/20071108080000000.html

◎広告メールなどの解除手続きについて
当メールマガジンをご愛読いただき、ありがとうございます。
ご登録いただきますと、別途、まぐまぐより、ニュースなどの広告メールが届きます。
これらをご不要の方は、恐れ入りますが、下記のページにアクセスし、
各ニュース(広告)ごとに、解除の手続きをとってくださいますようお願いします。
解除の手続きは、解除の欄にメールアドレスを入力して、解除ボタンを押すだけです。
http://www.mag2.com/wmag/

───────────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを、
どうぞ、よろしくお願いします!!!

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAとロボットが夢でつながっていくさま ─ SQUSE通信 ─

発行元 :スキューズ株式会社 SQUSE Inc.
発行責任者 :清水 三希夫
編集長 :安川 寿
編集 :野呂 淳・中辻彩子・立野雅三・川嶋圭太朗・落合俊夫
:笠健次郎・早川壮・東井佳菜充・慶山忍・野間口晶子
URL: http://www.squse.co.jp Email:sq_mailmaga@squse.co.jp
・本メールマガジンの記事中に掲載されたWebサイトのご利用において、
いかなる損害が発生しても、スキューズ株式会社は賠償など、
一切の責任を免れます。
・掲載された記事を、許可なく転載することを禁じます。
・複数人による閲覧が可能なメールアドレス(メーリングリストなど)による
購読はご遠慮ください。ご希望の場合は弊社までご一報ください。
・メールマガジンのバックナンバー・配信中止をご希望の方は、
まぐまぐのホームページからお願いいたします。
http://www.mag2.com/m/0000158458.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から