新着情報

【SQUSE通信 Vol.284】 疫神社夏越祭
メルマガ
2013年07月31日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAとロボットが夢でつながっていくさま ─ SQUSE通信 ─
───────────────────────────────────────

◆◇ 疫神社夏越祭 ◇◆
http://www.squse.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2013/7/31 Vol.284

おはようございます。

1ヶ月間続いた「祇園祭」の最後の行事が、八坂神社で、本日7月31日に行われる、
「疫神社夏越祭(えきじんじゃなごしさい)」です。

鳥居の大きな茅(ちがや)の輪をくぐり、厄除けし、無病息災を祈願します。


まだまだ、真夏日、猛暑日が続きそう・・・みなさま、夏バテなどしませぬように!

本日も、どうぞよろしくお願いいたします!


─ ◆◇ 今日のコンテンツ ◇◆ ───────────────────────

1:ホットニュース ……………【第三者割当増資実施のお知らせ など 】
2:インフォメーション! ……【公式Facebookページ開設中! など 】
3:今週の決断! ………………【決断49:仕事をとるのか、家族をとるのか 】
4:ことばこ! ………………【流しきり運転】
5:好きこそモノの上手なれ …【図面を折る】
6:後記 …………………………【メールマガジン第1号について など】

─ ◆◇ 1:ホットニュース ! ◇◆ ─────────────────────
*ホットな話題や、スキューズの今を、ご紹介します。

◎【新着!】第三者割当増資実施のお知らせ
このたび、当社は第3回目の第三者割当増資を実施いたしました。
約2億円の払込により、当社の資本金は2億8,228万円に増加しました。
今回の増資による手取額は、製造現場で人手作業の代替となる
RHPシステムの製品の量産等に充当いたします。

詳細は、こちらをご参照くださいませ。
http://www.squse.co.jp/news/detail.php?id=117

◎ ロボットハンドが英語教科書に掲載されました!
高等学校英語教科書「ENGLISH NOW 2」に
弊社「ロボットハンド」が掲載されました。

1.タイトル:ENGLISH NOW English Communication 2
2.内容:平成26年度~29年度用高等学校英語教科書
3.出版社:開隆堂出版株式会社

詳細は、下記をご参照くださいませ。
http://www.squse.co.jp/news/detail.php?id=112


─ ◆◇ 2:インフォメーション! ◇◆ ───────────────────
*スキューズからのお知らせコーナーです。

◎【新着!】 公式Facebookページ開設中!
弊社の魅力をより多くの人に知っていただくため、
公式Facebookページを開設いたしました。
ぜひ、こちらをご参照くださいませ!
https://www.facebook.com/squse.recruit

◎ ロボット技術者集まれ!
ロボット技術者の方々、弊社で腕を振るってみませんか!?
革新的なロボット技術で人手作業の自動化を実現している弊社は、
好奇心旺盛なロボット技術者の方を、求めています!

「技術者の made in Japan を目指して」


そのうえで、世界に挑戦したいというひと 集まれ!


詳細は、こちらをご参照くださいませ。
http://job.j-sen.jp/search/keyword_%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BA%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE.htm
新卒者も含め、興味関心のある方は、お気軽にお問合せください!
https://www.squse.co.jp/about/inquiry.php


─ ◆◇ 3:今週の決断 ! ◇◆ ───────────────────────
*書籍『シーケンシャル・マネージメント』から、
58ある「決断」をひとつずつ、ご紹介していきます。

◎決断 49
「仕事をとるのか、家族をとるのか」



「家族」

∥(前略)
∥わたしは、仕事よりも家庭を大事にすることは当たり前のことだと思っています。
∥仕事はもちろん大切ですし、好きでしていることです。
∥いまは経営者としての責任もあります。
∥それでも、わたしは仕事と家族を天秤にかけたとき、迷わず家族を選びます。
∥同じように、従業員にも家族を選んでほしいと思っているのです。
∥(中略)
∥何度も言っていますが、スキューズの仕事はチームプレイです。
∥ひとりで作業をしているわけではなく、仲間がいるのです。
∥ならば、仲間の誰かがピンチのときに、他のメンバーがその分を引き受け、
∥フォローができなくては、何のためのチームプレイでしょうか。
∥また、安心して仕事を引き継ぎ、任せられるだけの信頼がなくては、
∥チームでいる意味がありません。
∥そして、よくよく考えてほしいのは、自分が健康に、楽しく、
∥一生懸命仕事に打ち込めるのは誰のおかげなのかということです。
∥もちろん、基本は自分自身です。
∥社会人ともなれば体調管理も仕事のうちと言っていいでしょう。
∥しかし、人は機械ではないのですから、落ち込むこともあれば、
∥油断することだってあります。病気になって気弱になることもある。
∥そんなとき、自分を支えてくれているのは、家族であり、
∥職場の仲間であり、友人なのです。それはとてもありがたい存在です。
∥まずは、家族に感謝すること。家族を愛すること。
∥それこそが、スキューズの一員であるための必須条件のひとつなのです。
∥仕事のために家族に我慢を強いたり、迷惑をかけるなんてもってのほかです。
∥(後略)

大切な仲間とやる仕事だからこそ、その基本となる家族を大事にしてほしい。
そんな優先順位が、明快に語られています。

・書籍情報:http://www.squse.co.jp/company/07_detail.phpl
・スキューズブランド:http://www.squse.co.jp/squse/04_detail.php

(安川)


─ ◆◇ 4:ことばこ! ◇◆ ─────────────────────────
*業界用語や専門用語を、わかりやすくご紹介します。

//流しきり運転

自動機の装置内にあるワークを全て排出する運転モードです。

多品種を流すラインで品種が混ざらないように、
又は品種によって段替えが必要な装置でよく使われる運転モードです。
自動機の制御設計を行う上で、地味ですが抑えておきたいポイントの一つです。

複数の部品を組み付けるラインでは、それぞれの部品の数をカウントしながら
余り部品が出ないように部品の供給を制御したり、
通常の動きでは二つ揃ったら搬送するところを最後の時は一つだけで搬送する制御を行ったり、
仕様によっては、意外と設計ボリュームがかかってしまいます。

流しきりと言ったり、払い出しと言ったり、排出運転と言ったり、
FA業界では普通に使う言葉ですが、ネットで言葉を検索しても
全然でてこない言葉だったので今回チョイスしてみました。

(笠)

─ ◆◇ 5:好きこそモノの上手なれ : 図面を折る ◇◆ ────────────
*編集担当が、趣味や興味のあるモノゴトに関するコラムを交代で記します。

今日は、画像が使えないメールマガジンに於いて、文章の力を信じたい一心で書きました!
よろしくお願いします!!

A1サイズの図面を、A4サイズのファイルに綴じたまま閲覧できるような折り方のご紹介をします。
※図面の名称や番号が書かれた表題欄が、紙の右下に位置しているケース
(1)横長に置きます。
(2)上から下に半分に折ります。(1)より横長になりました。
(3)今折った半分を、さらに半分だけ上に折り返します。
この折られた上半分を便宜上タレと名付けます。今私が付けました。ポチでもいいです。
(4)タレもしくはポチの左端の下の角を持って斜め45度右上に折ります。
以降、タレもしくはポチの出番は特にありませんので忘れてください。
(5)A4のいらない紙を用意します。初めに言っておけよ! と思いながら見回すも
意外と見当たらないので、コピー機の給紙カセットから白紙を一枚拝借します。
もったいないからきれいに使って、後で戻します。
(6)図面の左端に耳を合わせてA4を縦向きに重ねます。A4の右端に合わせて
図面の左端を持ち上げ折ります。パリパリ
(7)そのまま蛇腹になるように折っていきます。ですが、次は端に合わせるのではなく
5センチ程内側で折り返します。
(8)もう一回端っこに合わせて折ります。「折ります」がそろそろ「祈ります」に見えます。
(9)図面の元・右端さんが蛇腹山の右端に揃うように折ります。
(10)A4縦サイズに畳まれた紙束に変身しました。左端にパンチングして綴じたまま
元のA1に広げて閲覧が可能です。
しかも表題欄が一番表の右下に現れているではありませんか。便利。完成!
(11)型紙に使用したA4の白紙を救出します。
うっかり折り目が入っていてコピー機に戻せませんでした。ごめんなさい。

関係ありませんが、男性のウェストが84cmを超えるとメタボリックシンドロームの疑いがあるとのことで
A1サイズの横幅がちょうど841mmですから、気になったら手近な図面を腰に巻いてみてください。

(野間口)

─ ◆◇ 6:後記 ◇◆ ─────────────────────────

◎メールマガジン第1号について
当メルマガは、ブランディングの一環として、4年前にリニューアルスタートしました。
こちらよりご参照くださいませ。
http://archive.mag2.com/0000158458/20071108080000000.html

◎広告メールなどの解除手続きについて
当メールマガジンをご愛読いただき、ありがとうございます。
ご登録いただきますと、別途、まぐまぐより、ニュースなどの広告メールが届きます。
これらをご不要の方は、恐れ入りますが、下記のページにアクセスし、
各ニュース(広告)ごとに、解除の手続きをとってくださいますようお願いします。
解除の手続きは、解除の欄にメールアドレスを入力して、解除ボタンを押すだけです。
http://www.mag2.com/wmag/

───────────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを、
どうぞ、よろしくお願いします!!!

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAとロボットが夢でつながっていくさま ─ SQUSE通信 ─

発行元 :スキューズ株式会社 SQUSE Inc.
発行責任者 :清水 三希夫
編集長 :安川 寿
編集 :野呂 淳・中辻彩子・立野雅三・川嶋圭太朗・落合俊夫
:笠健次郎・早川壮・東井佳菜充・慶山忍・野間口晶子
URL: http://www.squse.co.jp Email:sq_mailmaga@squse.co.jp
・本メールマガジンの記事中に掲載されたWebサイトのご利用において、
いかなる損害が発生しても、スキューズ株式会社は賠償など、
一切の責任を免れます。
・掲載された記事を、許可なく転載することを禁じます。
・複数人による閲覧が可能なメールアドレス(メーリングリストなど)による
購読はご遠慮ください。ご希望の場合は弊社までご一報ください。
・メールマガジンのバックナンバー・配信中止をご希望の方は、
まぐまぐのホームページからお願いいたします。
http://www.mag2.com/m/0000158458.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から