新着情報

【SQUSE通信 Vol.292】 特異日
メルマガ
2013年09月25日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAとロボットが夢でつながっていくさま ─ SQUSE通信 ─
───────────────────────────────────────

◆◇ 特異日 ◇◆
http://www.squse.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2013/9/25 Vol.292

おはようございます。

1年のうち、ある特定の日に、その前後の日と比べ、偶然とは思われないほど多く、
ある気象状態が現れる日のことを「特異日」というそうです。

11月3日の文化の日は、晴れることが多いのはよく知られていますよね。

明日9月26日は、台風襲来の回数が多い「特異日」だったそうで、
古くは、1954年の「洞爺丸台風」、1959年の「伊勢湾台風」は、この日だったとか。
ただ、最近は、その傾向が弱まりはじめているようで、「特異日」とはいえなくなったとも。

「特異日」は、その発生原因同様、その変動の理由も、
諸説あるものの、まだ、はっきり解明されていないとのこと。

果たして、偶然!? 必然!? 興味は尽きません・・・

好奇心を忘れずに・・・
本日も、どうぞよろしくお願いいたします!


─ ◆◇ 今日のコンテンツ ◇◆ ───────────────────────

1:ホットニュース ……………【「Cool Kyoto 2013」出展のご案内 など 】
2:インフォメーション! ……【公式Facebookページ開設中! など 】
3:今週の決断! ………………【決断46:組織づくりに思いやりは必要か、不必要か 】
4:ことばこ! ………………【安全第一】
5:好きこそモノの上手なれ …【裏ワザ】
6:後記 …………………………【メールマガジン第1号について など】

─ ◆◇ 1:ホットニュース ! ◇◆ ─────────────────────
*ホットな話題や、スキューズの今を、ご紹介します。

◎【新着!】「Cool Kyoto 2013」出展のご案内
「京都ならではの感性とこだわりの新しいMade in Kyotoを結集」
したイベント「Cool Kyoto 2013」に出展いたします。
「ロボットハンド」のデモや弊社開発製品を展示いたしますので、
この機会に、ぜひ、お立ち寄りくださいませ!

・会期:2013年10月25日(金)~27日(日)
・会場:赤坂サカス(東京都港区赤坂5-3)
・ブース:No.B-12

詳細は、こちらをご参照くださいませ。
http://www.squse.co.jp/news/detail.php?id=128


◎ 第三者割当増資実施のお知らせ
このたび、当社は第3回目の第三者割当増資を実施いたしました。
約2億円の払込により、当社の資本金は2億8,228万円に増加しました。
今回の増資による手取額は、製造現場で人手作業の代替となる
RHPシステムの製品の量産等に充当いたします。

詳細は、こちらをご参照くださいませ。
http://www.squse.co.jp/news/detail.php?id=117


─ ◆◇ 2:インフォメーション! ◇◆ ───────────────────
*スキューズからのお知らせコーナーです。

◎ 公式Facebookページ開設中!
弊社の魅力をより多くの人に知っていただくため、
公式Facebookページを開設いたしました。
ぜひ、こちらをご参照くださいませ!
https://www.facebook.com/squse.recruit

◎ ロボット技術者集まれ!
ロボット技術者の方々、弊社で腕を振るってみませんか!?
革新的なロボット技術で人手作業の自動化を実現している弊社は、
好奇心旺盛なロボット技術者の方を、求めています!

「技術者の made in Japan を目指して」


そのうえで、世界に挑戦したいというひと 集まれ!


詳細は、こちらをご参照くださいませ。
http://job.j-sen.jp/search/keyword_%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BA%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE.htm
新卒者も含め、興味関心のある方は、お気軽にお問合せください!
https://www.squse.co.jp/about/inquiry.php


─ ◆◇ 3:今週の決断 ! ◇◆ ───────────────────────
*書籍『シーケンシャル・マネージメント』から、
58ある「決断」をひとつずつ、ご紹介していきます。

◎決断 46
「組織づくりに思いやりは必要か、不必要か」



「必要」

∥(前略)
∥わたしは組織において、また個人レベルにおいても、
∥「思いやり」は何より大切なことだと考えています。
∥従業員ひとりひとりが、周囲の人間に対して思いやる心を持ち続けていることが、
∥強いつながりのある仲間や組織をつくると思うからです。
∥となれば、組織づくりにも思いやりが必要なのは言うまでもないことでしょう。
∥組織づくりという面において、経営者としてどのような判断が「思いやり」となるか。
∥簡単な例を挙げれば、「結婚を間近に控えている社員を異動させない」
∥といったことです。わたしも結婚していますから、結婚前の準備が大変なことも、
∥精神的に不安定になることも容易に想像ができます。
∥そこに転勤・引越しといった問題が上乗せされれば、
∥その人が追い詰められてしまうこともあるでしょう。
∥最悪、結婚が破談になるといった危険性もゼロではないと思います。
∥それを知っているにもかかわらず、あえてその人を移動させる必要が本当にあるのか。
∥ほかのメンバーでは不都合があるのか。いまこのタイミングでなければならないのか。
∥とことん突き詰めて検証したとき、プライベートを犠牲にしてまで、
∥会社のために働けとは言いたくありませんし、言えません。
∥なぜなら、相手は人間だからです。心を持った人なのです。
∥これが機械であれば、文句ひとつ言わずに従うことが分かっているのですから、
∥何の躊躇いもなく辞令を出せばいい話です。こちらが悩む必要もありません。
∥ですが、一緒に働いている仲間に対してそのような対応を取って、
∥いい結果が得られるとは思えません。
∥明らかに相手のモチベーションが下がることが目に見えているからです。
∥そうすれば、それが仕事に反映されることも明白です。
∥そんな恵まれない環境を、わざわざわたしがつくる必要はないと思うのです。
∥(後略)

「組織」が「人」で構成されている以上、「思いやり」は不可欠だと・・・

スキューズは来月から、新年度がスタートします。
「思いやり」と「思い」のこもった、新組織が動き出します・・・

・書籍情報:http://www.squse.co.jp/company/07_detail.phpl
・スキューズブランド:http://www.squse.co.jp/squse/04_detail.php

(安川)


─ ◆◇ 4:ことばこ! ◇◆ ─────────────────────────
*業界用語や専門用語を、わかりやすくご紹介します。

//安全第一

普段工場や工事現場で見かける安全第一 (safety-first)はという標語は
アメリカ合衆国で誕生しました。
1900年代の初頭、アメリカ国内では不景気の煽りを受けて
労働者たちは劣悪な環境の中で、危険な業務に従事していました。

「生産第一、品質第二、安全第三」というのが一般的な考え方で
その結果、多くの人々が労働災害に見舞われていたのです。

安全に重点を置かなかった事で労働者が怪我をし
怪我をする事で生産力が低下し
生産力が低下する事で供給に間に合わそうと品質が低下する

という負のスパイラルに陥っていたところ

当時、USスチールの社長が方針を改革し
安全第一を掲げることで、結果品質も生産も向上したそうです。

安全第一の意図を理解し、仕事に取り組んでいきたいと思います。

(川嶋)

─ ◆◇ 5:好きこそモノの上手なれ : 裏ワザ ◇◆ ─────────────
*編集担当が、趣味や興味のあるモノゴトに関するコラムを交代で記します。

先日、スマートフォンのちょっとした裏ワザを紹介している番組を見たのですが、
本当になーんてこと無い裏ワザで、製作者のちょっとした遊び心で
特にこれといった機能を発揮する訳でも無いのです。

ですが、周りの人にもその裏ワザを披露(?)すると
意外にも、興味をもって貰えて、私が発見した訳でもないのに、
何故かうれしくなってしまいました。
──裏ワザって響きがいいんですよね。

そう言えば、昔ファミコンの2コン(?)のマイクをONにして叫ぶと、
敵がうじゃうじゃと出てくる、意味があるのか無いのか分からない
裏ワザが搭載(?)されたゲームもありましたね。
・・・‘2コン’と言う言葉って死語じゃないですよね?

(中辻)

─ ◆◇ 6:後記 ◇◆ ─────────────────────────

◎メールマガジン第1号について
当メルマガは、ブランディングの一環として、4年前にリニューアルスタートしました。
こちらよりご参照くださいませ。
http://archive.mag2.com/0000158458/20071108080000000.html

◎広告メールなどの解除手続きについて
当メールマガジンをご愛読いただき、ありがとうございます。
ご登録いただきますと、別途、まぐまぐより、ニュースなどの広告メールが届きます。
これらをご不要の方は、恐れ入りますが、下記のページにアクセスし、
各ニュース(広告)ごとに、解除の手続きをとってくださいますようお願いします。
解除の手続きは、解除の欄にメールアドレスを入力して、解除ボタンを押すだけです。
http://www.mag2.com/wmag/

───────────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを、
どうぞ、よろしくお願いします!!!

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAとロボットが夢でつながっていくさま ─ SQUSE通信 ─

発行元 :スキューズ株式会社 SQUSE Inc.
発行責任者 :清水 三希夫
編集長 :安川 寿
編集 :野呂 淳・中辻彩子・立野雅三・川嶋圭太朗・落合俊夫
:笠健次郎・早川壮・東井佳菜充・慶山忍・野間口晶子
URL: http://www.squse.co.jp Email:sq_mailmaga@squse.co.jp
・本メールマガジンの記事中に掲載されたWebサイトのご利用において、
いかなる損害が発生しても、スキューズ株式会社は賠償など、
一切の責任を免れます。
・掲載された記事を、許可なく転載することを禁じます。
・複数人による閲覧が可能なメールアドレス(メーリングリストなど)による
購読はご遠慮ください。ご希望の場合は弊社までご一報ください。
・メールマガジンのバックナンバー・配信中止をご希望の方は、
まぐまぐのホームページからお願いいたします。
http://www.mag2.com/m/0000158458.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から