新着情報

【SQUSE通信 Vol.309】特許が認められました!
メルマガ
2014年01月29日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAとロボットが夢でつながっていくさま ─ SQUSE通信 ─
───────────────────────────────────────

◆◇特許が認められました!◇◆
http://www.squse.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2014/1/29 Vol.309
おはようございます。

私たちスキューズでは、FA、SIer、ロボット開発・製造と多様な取り組みをしています。
国内外、様々なモノづくりの現場でエンジニアたちが活躍しているのですが、
残念ながら厳密な守秘義務があり、実例をご紹介することができません。

そんな中、お伝えできるニュースが!

弊社のスコットラッセル型5軸サーボロボット(ASD-1100)の先進性が認められ、
特許(特許第5438244号)を取得しました。
従前よりスコットラッセルリンク機構は学術的な研究は先行していたのですが、
実用開発の実現化まではどこも至っていませんでした。
その課題を解決した技術力を評価していただいたと自負しております。

技術開発は私たちの日常業務ですが、その成果が特許として積み重なっていくのは
やはり嬉しいことです。

本日もどうぞよろしくお願いいたします!

─ ◆◇ 今日のコンテンツ◇◆ ───────────────────────

1:ホットニュース! ……………【新コーナー「ルーキーズトーク」の連載を始めました!など】
2:インフォメーション! ……【京都の社長.tv」にて清水の番組が公開されました! など】
3:ルーキーズトーク …………【シンプル・イズ・ベスト】
4:ことばこ! ………………【PID制御】
5:好きこそモノの上手なれ …【クローバー】
6:後記 …………………………【新米ご挨拶】

─ ◆◇ 1:ホットニュース!◇◆ ─────────────────────
*ホットな話題や、スキューズの今を、ご紹介します。
◎【新コーナー開設!】「ルーキーズトーク」
入社一年目のルーキーたちがこの一年間体験したスキューズを語っていきます。

◎【「かわいい」を作るプロジェクト】更新!
かわいいロボットづくりとは??公式Facebookページに掲載中!(やや不定期)
こちらからご覧ください!
https://www.facebook.com/squse.recruit

─ ◆◇ 2:インフォメーション!◇◆ ───────────────────
*スキューズからのお知らせコーナーです。
◎「京都の社長.tv」にて、弊社社長、清水の番組が公開されています。
ご視聴は弊社ホームページのバナーからどうぞ。
http://www.squse.co.jp/

◎ 洛陽工業高校の皆さんが会社見学にお見えになりました!
皆さんに、弊社のロボットなどを体験していただきました。
当日の模様はこちらから。
https://www.facebook.com/squse.recruit

◎ ロボット技術者集まれ!
好奇心旺盛なロボット技術者の方を求めています!
詳細は、こちらをご参照ください。
http://p.tl/N1S8

新卒者も含め、お気軽にお問合せください!
https://www.squse.co.jp/about/inquiry.php

─ ◆◇ 3:ルーキーズトーク:◇◆ ──────────
*入社一年目のルーキーたちがこの一年間体験したスキューズを語っていきます。

//シンプル・イズ・ベスト

はじめまして、4月に入社しました藤本です。
社会人になって10ヵ月、いろいろなことを学んできました。
その中で重要だと感じた概念は、「シンプル・イズ・ベスト」ということです。

考え方をシンプルに!
プログラムもシンプルに!
報告もシンプルに!

複雑な言葉は自分で考える分には分かりやすくても、人には伝わり難いものだということです。
とはいえ、その境地にはまだまだ遠いです。
プログラムを書き直すように言われたり、何回も説明しなおしたり……。
少しずつでも近づいていけたらと思います。

もうすぐ後輩も入ってくるということで、これからさらに精進していきたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

(藤本)

─ ◆◇ 4:ことばこ!◇◆ ─────────────────────────
*業界用語や専門用語を、わかりやすくご紹介します。

∥PID制御(Proportional Integral Derivative Controller)

PID制御とは、フィードバック制御の一種で、操作量の増減を現在値と目標値との偏差、
その積分、および微分の3つの要素によって行う方法のことをいいます。

文言を読むだけでは、「?」という感じです。

そもそも「フィードバック制御」ってなんだ?ということですが、
フィードバックによって現在値と目標値を比較し、それらを
一致させるように訂正動作を行う制御・・・とのこと。

とっても難しいですが、車の運転を例に説明したいと思います。

車を60km/hで常時走行させるとします。
上記にある「目標値」は「目標速度60km/h」、「現在値」は「現在速度0km/h」、
「操作量」は「アクセルの踏み加減」ということになります。

目標速度と現在速度を比較し、その差分(偏差)によって
アクセルの踏み加減を調節して、目標速度で走ろうというのが、
PID制御です。

そこで問題になるのが、踏み加減をどう決めるかということです。

まず、比例制御(P)。
これは、偏差の大きさに比例した操作を行う制御方法です。
現在値と目標値の差(偏差)が大きければ、その分アクセルを
踏むことになります。
しかし、目標値が近づいてくると操作量が小さくなって、
目標値になる前に安定した状態になってしまいます。

この残った偏差分を時間的に累積し、ある程度大きくなったときに
操作量を増して偏差をなくすようにするのが、積分制御(I)となります。
PI制御で、目標値に到達することはできるのですが、
累積する分時間がかかります。

ここで、微分制御(D)。これは、偏差の変化を見ます。
車が加速して目標速度に近づいてくると、このままの加速では
オーバーしてしまうのでアクセルを緩める、というのが微分制御です。

普段なにげなく動かしていたモーターも、中ではこんな制御がされているんだと、
自分でプログラムを組んで、そのありがたさを感じました・・・。

(慶山)

─ ◆◇ 5:好きこそモノの上手なれ:◇◆ ──────────
*編集担当が、趣味や興味のあるモノゴトに関するコラムを交代で記します。

∥クローバー

京都でお馴染みのタクシー会社がシンボルマークとして
三つ葉のクローバーを使用しており、
その中でも1200台中4台が幸運の四つ葉タクシーとして
運行されている事は多くの方がご存知かと思います。

ところが先日、偶然にも二つ葉クローバーのタクシーに乗車しました!

平成27年10月に行われる上賀茂神社式年遷宮に向けた
上賀茂神社とのタイアップで、
上賀茂神社の神紋・二葉葵の「あおい」が意味する「良き出会い」と
二つ葉のクローバーの花言葉「素敵な出会い」から、
「悠久の歴史との出会い」「幸せな出会い」をコンセプトに
去年の末から式年遷宮まで期間限定で運行されています。

この二つ葉タクシーは1200台中2台と四葉タクシーよりレアで、
降車の際に頂く「乗車記念証」を上賀茂神社の社務所で呈示すると
「幸せな良き出会い」にちなんだ記念品がいただけるとのことでした。
来週あたり早速、観光がてら上賀茂神社にお参りに出かけようと思います。

みなさんも、二葉タクシーを見かけた際は
必要でない場合でも乗車してみると記念になると思います。

(川嶋)

─ ◆◇6:後記 ◇◆ ───────────────────────────

◎ご挨拶
新米編集長伊藤です。お正月休みに和洋問わずの酒精をたっぷり吸い込んで、
ベルトの穴ひとつ分メタボが進んでしまいました・・・。ジム通いを再開して今月中には戻したい!
とは思ってはいるのですが。成果は後日ご報告します!
(今だ成果なし 1/15 新米追記)
(積雪の中、丹後半島カニツアー参加でさらに悪化・・。キオノエケテス・オピリオは
「ズワイガニの学名」だそうです 1/22 新米追記)
(1カ月ぶりのジム。全身筋肉痛とビールによるリバウンドが・・。1/29 新米追記)

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

(伊藤)

◎メールマガジン第1号について
当メルマガは、ブランディングの一環として、6年前にリニューアルスタートしました。
こちらよりご参照くださいませ。
http://archive.mag2.com/0000158458/20071108080000000.html

◎広告メールなどの解除手続きについて
当メールマガジンをご愛読いただき、ありがとうございます。
ご登録いただきますと、別途、まぐまぐより、ニュースなどの広告メールが届きます。
これらをご不要の方は、恐れ入りますが、下記のページにアクセスし、
各ニュース(広告)ごとに、解除の手続きをとってくださいますようお願いします。
解除の手続きは、解除の欄にメールアドレスを入力して、解除ボタンを押すだけです。
http://www.mag2.com/wmag/

───────────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを、
どうぞ、よろしくお願いします!!!

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAとロボットが夢でつながっていくさま ─ SQUSE通信 ─

発行元 :スキューズ株式会社 SQUSE Inc.
発行責任者 :清水 三希夫
編集長 :伊藤義之
編集 :野呂 淳・中辻彩子・立野雅三・川嶋圭太朗・落合俊夫
:笠健次郎・早川壮・東井佳菜充・慶山忍・野間口晶子
:今村達朗・山本恵・中谷裕明・藤本和寛
URL: http://www.squse.co.jp Email:sq_mailmaga@squse.co.jp
・本メールマガジンの記事中に掲載されたWebサイトのご利用において、
いかなる損害が発生しても、スキューズ株式会社は賠償など、
一切の責任を免れます。
・掲載された記事を、許可なく転載することを禁じます。
・複数人による閲覧が可能なメールアドレス(メーリングリストなど)による
購読はご遠慮ください。ご希望の場合は弊社までご一報ください。
・メールマガジンのバックナンバー・配信中止をご希望の方は、
まぐまぐのホームページからお願いいたします。
http://www.mag2.com/m/0000158458.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から