新着情報

【SQUSE通信 Vol.317】 燃やすごみと燃えるごみ
メルマガ
2014年03月26日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAとロボットが夢でつながっていくさま ─ SQUSE通信 ─
───────────────────────────────────────

◆◇燃やすごみと燃えるごみ◇◆
http://www.squse.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2014/3/26 Vol.317
おはようございます。

京都市の分別では可燃ごみのことを「燃やすごみ」と言うそうです。

もともとごみは燃えるものが多いのですが、
そのなかでも「燃やすごみ」と「燃やさないごみ」がある、
燃えるけれども燃やさない、という意味に取ることもできます。

確かに、「燃えるごみ」という言い方よりも、分別やごみを減らそうといった
意思が「燃やすごみ」には込められていそうな気がします。

(弊社朝礼のスピーチからご紹介させていただきました)

本日もどうぞよろしくお願いいたします!

─ ◆◇今日のコンテンツ◇◆ ───────────────────────

1:ホットニュース! ……………【新たな特許が認められました!など】
2:インフォメーション! ……【「京都の社長.tv」にて清水の番組が公開されました! など】
3:ルーキーズトーク …………【夜桜】
4:ことばこ! ………………【ICT】
5:好きこそモノの上手なれ …【自動機械のプログラム屋さん】
6:後記 …………………………【新入社員歓迎会】

─ ◆◇ 1:ホットニュース!◇◆ ─────────────────────
*ホットな話題や、スキューズの今を、ご紹介します。
◎新たな特許が認められました!
ロボットアームの機構に関わる「特許第5476507号」を取得しました。

◎ 第三者割当増資実施のお知らせ
このたび、当社は第三者割当増資を実施しました。
こちらをご覧ください。
http://www.squse.co.jp/

─ ◆◇ 2:インフォメーション!◇◆ ───────────────────
*スキューズからのお知らせコーナーです。
◎「京都の社長.tv」にて、弊社社長、清水の番組が公開されています。
ご視聴は弊社ホームページのバナーからどうぞ。
http://www.squse.co.jp/

◎【「かわいい」を作るプロジェクト03】
https://www.facebook.com/squse.recruit

◎インターンシップで、洛陽工業高校の皆さんが来られました!
その模様はこちらから。
https://www.facebook.com/squse.recruit

◎ロボット技術者集まれ!
好奇心旺盛なロボット技術者の方を求めています!
詳細は、こちらをご参照ください。
http://p.tl/N1S8

新卒者も含め、お気軽にお問合せください!
https://www.squse.co.jp/about/inquiry.php

─ ◆◇ 3:ルーキーズトーク◇◆ ──────────
*入社一年目のルーキーたちがこの一年間体験したスキューズを語っていきます。

//夜桜

桜の季節がやってきました。
京都では、4月2日が満開との予想です。
この原稿を執筆している時点では近所の桜も幹が寂しいばかりなのですが、
綺麗に咲く姿を期待して見守っていこうと思っております。

さて、皆さんはお花見に行かれるでしょうか?
私は大人数でやる宴会形式のお花見とは別に、
個人的に行ってみようと考えている所があります。
それは、東寺で行われる夜桜ライトアップというイベントです。
五重塔を背景にライトアップされる桜はさぞかし幻想的だろうと思います。

ただ心配なのは今週以降天気が不安定なようで、
雨で花が散ってしまわないかどうかです。
どうか大雨になりませんように!

(藤本)

─ ◆◇ 4:ことばこ!◇◆ ─────────────────────────
*業界用語や専門用語を、わかりやすくご紹介します。

//ICT(Information and Communication Technology)

「ICT」とは日本語にすると「情報通信技術」の略になります。
また「IT(情報技術)」とほぼ同義語となります。

違いとしては「IT」はコンピュータ機器の高速化、情報の電子化、自動化など
ハード、ソフトウェアに関する部分が主ですが「ICT」は「IT」のコンピュータや
データ通信の技術を使って情報や知識の共有や伝達したりするその活用法を
主としたものとなります。

近年は国際的に「ICT」が定着してきていることなどから日本でも「IT」に
替わる言葉として「ICT」が広がってきています。

調べてみて個人的に思ったことは「IT」はインフラ(基盤)整備で「ICT」が
インフラを活用する技術なんだと思いました。

追伸
私事ですが、今回の「ことばこ」にてメルマガ担当より卒業になります。
2010年の1月より4年程度でありますが、ご愛読いただきありがとうございました。
振り返ってみて初期の頃は毎週掲載があったため、長期の出張中は期日までに
作成するのが大変な時もありました。
掲載が続くにつれお題に合わせてネタが思い浮かばなくなるなど、
ピンチもありましたが最後まで原稿を落とすことなく役割を終えてホッとしています。

追伸のほうが本文より長くなってしまいましたが、メルマガ自体は
まだまだ続きますので今後ともよろしくお願いいたします。

(野呂)

─ ◆◇ 5:好きこそモノの上手なれ◇◆ ──────────
*編集担当が、趣味や興味のあるモノゴトに関するコラムを交代で記します。

//自動機械のプログラム屋さん

今回のメールマガジンにて担当より卒業することとなりました。
最後のテーマが「好きこそモノの上手なれ」という事でやはり自動機械のプログラマとしての
お話を書かせていただきます。

私どもの仕事はお客様の製品を産み出す機械を製作しお納めすることです。
この自動機械でよく使われるのが、ラダープログラムです。
機械を動かす順番を決めたり、トラブル時の停止処理を入れたり、
操作者へメッセージを送ったりと、ある程度何でも出来ます。

電気回路のように線と接点を繋ぎ合せて条件を作成し、出力を生成するのですが、
実は、他の言語とやっていることは同じで、入力・記憶・判断・出力の4要素を
記述しているだけです。

この仕事の一番楽しいところは「機械に命を吹き込む瞬間」です。
さっきまで鉄の塊だった機械が自分のプログラムで動き出す!
一度これを体験すると病みつきになります。

自分の仕事を信じて楽しみながら、一緒に楽しんでくれる後輩をどんどん
増やしていきたいと思っています。

拙い文章で読みにくい点もあったかと思います。読んでくださった方々に
お礼を申し上げます。
ありがとうございました。

P.S.
メルマガは続きますので、今後ともよろしくお願いいたします。

(落合)

─ ◆◇ 6:後記 ◇◆ ───────────────────────────
◎新入社員歓迎会
歓迎会を兼ねたお花見がスキューズの恒例行事。
今年は社員が大幅に増えて、盛り上るのは必至ですが、
「ごみは極力減量で」を心がけたいと思います!

(伊藤)

◎メールマガジン第1号について
当メルマガは、ブランディングの一環として、6年前にリニューアルスタートしました。
こちらよりご参照くださいませ。
http://archive.mag2.com/0000158458/20071108080000000.html

───────────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを、
どうぞ、よろしくお願いします!!!

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAとロボットが夢でつながっていくさま ─ SQUSE通信 ─

発行元 :スキューズ株式会社 SQUSE Inc.
発行責任者 :清水 三希夫
編集長 :伊藤義之
編集 :野呂 淳・中辻彩子・立野雅三・川嶋圭太朗・落合俊夫
:笠健次郎・早川壮・東井佳菜充・慶山忍・野間口晶子
:今村達朗・山本恵・中谷裕明・藤本和寛
URL: http://www.squse.co.jp Email:sq_mailmaga@squse.co.jp

・本メールマガジンの記事中に掲載されたWebサイトのご利用において、
いかなる損害が発生しても、スキューズ株式会社は賠償など、
一切の責任を免れます。
・掲載された記事を、許可なく転載することを禁じます。
・複数人による閲覧が可能なメールアドレス(メーリングリストなど)による
購読はご遠慮ください。ご希望の場合は弊社までご一報ください。
・メールマガジンのバックナンバー・配信中止をご希望の方は、
まぐまぐのホームページからお願いいたします。
http://www.mag2.com/m/0000158458.htm

◎広告メールなどの解除手続きについて
当メールマガジンをご愛読いただき、ありがとうございます。
ご登録いただきますと、別途、まぐまぐより、ニュースなどの広告メールが届きます。
これらをご不要の方は、恐れ入りますが、下記のページにアクセスし、
各ニュース(広告)ごとに、解除の手続きをとってくださいますようお願いします。
解除の手続きは、解除の欄にメールアドレスを入力して、解除ボタンを押すだけです。
http://www.mag2.com/wmag/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から