新着情報

【SQUSE通信 Vol.319】 農業とロボットがつながっていく
メルマガ
2014年04月09日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAとロボットが夢でつながっていくさま ─ SQUSE通信 ─
───────────────────────────────────────

◆◇農業とロボットがつながっていく◇◆
http://www.squse.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2014/4/9 Vol.319
おはようございます。
ホットニュースでもお知らせしていますが、
スキューズが農林水産省の連携プロジェクトの実施主体の候補者に選定されました。

RT(ロボット技術)を応用したトマト収穫作業の効率化を目指す、
正式には、農林水産省「農業界と経済界の連携による先端モデル農業確立実証事業」
にかかる連携プロジェクトということになります。

スキューズの未来の可能性を広げる、とても嬉しいニュースとなりました。
トマトとロボットがつながっていくさま、今後をご期待ください!
本日もよろしくお願いいたします!

─ ◆◇今日のコンテンツ◇◆ ───────────────────────

1:ホットニュース! ……………【「農業界と経済界の連携による先端モデル農業確立実証事業」】
2:インフォメーション!………【「京都の社長.tv」にて清水の番組が公開されました! など】
3:ルーキーズトーク …………【過去を振り返って】
4:もっとロボット!……………【自律ロボット】
5:好きこそモノの上手なれ …【インフルエンザ】
6:後記 …………………………【もっとロボット!】

─ ◆◇ 1:ホットニュース!◇◆ ─────────────────────
*ホットな話題や、スキューズの今を、ご紹介します。
◎農林水産省「農業界と経済界の連携による先端モデル農業確立実証事業」にかかる
連携プロジェクト実施主体の候補者に選定されました。
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.squse.co.jp/news/detail.php?id=166

◎新たな特許が認められました!
ロボットアームの機構に関わる「特許第5476507号」を取得しました。

◎ 第三者割当増資実施のお知らせ
このたび、当社は第三者割当増資を実施しました。
こちらをご覧ください。
http://www.squse.co.jp/

─ ◆◇ 2:インフォメーション!◇◆ ───────────────────
*スキューズからのお知らせコーナーです。
◎「京都の社長.tv」にて、弊社社長、清水の番組が公開されています。
ご視聴は弊社ホームページのバナーからどうぞ。
http://www.squse.co.jp/

◎【「かわいい」を作るプロジェクト03】
https://www.facebook.com/squse.recruit

◎インターンシップで、洛陽工業高校の皆さんが来られました!
その模様はこちらから。
https://www.facebook.com/squse.recruit

◎ロボット技術者集まれ!
好奇心旺盛なロボット技術者の方を求めています!
詳細は、こちらをご参照ください。
http://p.tl/N1S8
新卒者も含め、お気軽にお問合せください!
https://www.squse.co.jp/about/inquiry.php

─ ◆◇ 3:ルーキーズトーク◇◆ ──────────
*入社一年目のルーキーたちがこの一年間体験したスキューズを語っていきます。

//過去を振り返って

4月1日で入社して一年となりました。
一年前のノートや就業報告書を見返してみると、課題で四苦八苦していた時の気持ちや、
先輩から教えてもらった仕事のやり方やためになる話が書いてあり、
当時のことを思い出します。

あの頃から自分は成長できているのかなと思い、今度は成長支援シートを眺めて
少しですが成長を実感しました。
いろいろ感じたり、思うこともあったり、業務に役立つこともあるので、
たまにはこうして過去を振り返ることも大事だなと感じました。

来年また一年前を振り返った時に、もっとはっきり成長を感じられるように頑張っていきたいと思います。

(中谷)

─ ◆◇ 4:もっとロボット!◇◆ ─────────────────────────
*スキューズが開発するロボットについてご紹介します。

//自律ロボット

家庭用お掃除ロボットで一般的になりつつある自律ロボット。
私たちも関心を持っています。英語では"autonomous robot"と表されます。

"autonomous"は、古代ギリシア人が自ら法律を作り自治をした史実に由来する
ギリシア語が語源で、自らや自分自身を意味する"autos"と、
法律やルールを意味する"nomos"が合わさった単語です。

語意にしたがうと、未知の状況を感知した場合でも
自らの判断で目的にあった行動をとることができるかどうか、
まさに自らの行動を目的に応じて律することができるかどうかが、
自律ロボットと呼べるか否かの鍵になります。

そういう意味では工場で使われる無人搬送車は、誘導線の有無にかかわらず
決められた経路上を走るだけでは自律とは呼べず、
障害物があった場合には経路から外れてでもそれを避けて前に進もうとするくらいの
能力がないと、自律とは呼べません。

「自立」と書かれる場合もありますが、ロボットの開発者としては以上のような理由から、
やはり「自律」という表記こそが、ふさわしいのではないかと思います。

追伸。
今回メルマガデビューしましたRB事業部中村です。このコーナーは隔週になりますが
ロボットの開発に携わる事業部のメンバーが交代で担当していきます。
ぜひご愛読ください!

(中村陽)

─ ◆◇ 5:好きこそモノの上手なれ◇◆ ──────────
*編集担当が、趣味や興味のあるモノゴトに関するコラムを交代で記します。

//インフルエンザ

4月より新入社員6名を迎え、スキューズも新しい期が始まりました。
新入社員の教育担当になっていることもあって、気持ち新たに気合いを入れています!

しかしっ!
まさかの、娘のインフルエンザっ!

もう春になっていたので、完全に油断していました。。。

発症後5日間、解熱後3日間は、保育園は登園できないので、
いきなりの長期お休み。

肝心の娘は熱でぐったりしているかと思いきや、熱はあっても体力が余っているので、
家中を走り回り、サッカーをし、外に連れて行けと泣く!

むむむ。

ひとまず、私までインフルエンザをもらわないように、厳戒態勢で療養します。。。

(慶山)

─ ◆◇ 6:後記 ◇◆ ───────────────────────────
◎もっとロボット!
新コーナーが始まりました。隔週で、ロボット事業部の執筆者が交代で発信します。
技術者ならではの視点から、面白い話題を提供してくれると思います。
加えて、新しい執筆陣も登場します。どうぞお楽しみに!!
(伊藤)

◎メールマガジン第1号について
当メルマガは、ブランディングの一環として、6年前にリニューアルスタートしました。
こちらよりご参照くださいませ。
http://archive.mag2.com/0000158458/20071108080000000.html

───────────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを、
どうぞ、よろしくお願いします!!!

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAとロボットが夢でつながっていくさま ─ SQUSE通信 ─

発行元 :スキューズ株式会社 SQUSE Inc.
発行責任者 :清水 三希夫
編集長 :伊藤義之
編集 :早川壮・東井佳菜充・慶山忍・野間口晶子・北條正晃
:中村陽一郎・福島好伸・仲良幸・杉浦光将・千羽修一
:今村達朗・山本恵・中谷裕明・藤本和寛
URL: http://www.squse.co.jp Email:sq_mailmaga@squse.co.jp

・本メールマガジンの記事中に掲載されたWebサイトのご利用において、
いかなる損害が発生しても、スキューズ株式会社は賠償など、
一切の責任を免れます。
・掲載された記事を、許可なく転載することを禁じます。
・複数人による閲覧が可能なメールアドレス(メーリングリストなど)による
購読はご遠慮ください。ご希望の場合は弊社までご一報ください。
・メールマガジンのバックナンバー・配信中止をご希望の方は、
まぐまぐのホームページからお願いいたします。
http://www.mag2.com/m/0000158458.htm

◎広告メールなどの解除手続きについて
当メールマガジンをご愛読いただき、ありがとうございます。
ご登録いただきますと、別途、まぐまぐより、ニュースなどの広告メールが届きます。
これらをご不要の方は、恐れ入りますが、下記のページにアクセスし、
各ニュース(広告)ごとに、解除の手続きをとってくださいますようお願いします。
解除の手続きは、解除の欄にメールアドレスを入力して、解除ボタンを押すだけです。
http://www.mag2.com/wmag/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から