新着情報

【SQUSE通信 Vol.341】 英語版が必要か
メルマガ
2014年09月17日

◇ ̄ SQUSE通信 ̄ FAとロボットが夢でつながっていくさま ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄◇

英語版が必要か ◆
◇______________________________2014/9/17 Vol.341_◇

おはようございます。

先日、欧州からお客さまがお見えになりました。
ソフトウエア開発の会社の幹部の方々でしたが、
弊社が開発した5指ロボットハンドや、ASD-1100のデモンストレーションを
興味深くご覧いただき、弊社のロボット技術、ソリューションノウハウに
大いに関心を持たれていたようでした。

アジア各国を含め、ここのところ海外から来社・見学のご希望を
しばしばお申し出いただいています。
そろそろ、メルマガも英語版が必要になるのか・・・。
いやいやまずはホームページが先か・・・。
急がねば!です。

本日もよろしくお願いいたします!

┏◆◇今日のコンテンツ◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
1:ホットニュース! 【ザ・トップフライトへの掲載!など】
2:インフォメーション!【WEB掲載情報など】
3:ウィークリートーク【最先端】
4:好きこそものの上手なれ【野球】
5:もっとロボット!【生体模倣技術】
6:後記【あのロボットの可能性】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

◆◇1:ホットニュース!◇◆

◇関西企業特集の本『ザ・トップフライト~関西から未来へ、世界へ』
ダイヤモンド社発行。(9月12日発売)
弊社の記事を掲載いただいております。ぜひ、ご一読下さい!

◇9月4日(木)洛陽工業高等学校様へ授業や課外活動にお役立て
いただくため、当社産業用ロボットASD-1100を引渡しして参りました!
これから1年間に渡り、ご活用いただきます。
引渡式の様子は当社FacebookにUPしました!
https://www.facebook.com/squse.recruit

◆◇2:インフォメーション!◇◆

◇WEBサイト「ビジョナリー」に掲載されました。
掲載記事はこちらからご覧ください。
http://job.j-sen.jp/visionary/president/article/98/

◇「京都の社長.tv」にて、弊社社長、清水の番組が公開されています。
ご視聴は弊社ホームページのバナーからどうぞ。
http://www.squse.co.jp/

◆◇3:ウィークリートーク ――若手社員のミニエッセイ ◇◆

【最先端】

先日、約10年ぶりに行った水族館が斬新かつ感動的でした。
まず、館内の動物たちがほとんどガラスのすぐ側(空間の端っこ)で
くつろいだり遊んでいたり、固まっているのです。偶然ではなく、
動物たちの特性や好みをしっかり把握して設計されているようです。
それに特殊ガラスのお陰で、人間がすぐ側まで近付いても全く
驚いて遠ざかったり嫌そうにしないのです。

平面上は2㎝位の距離に見えるのに実際は30㎝くらいの分厚さで、
振動や音声は反対側まで響かず、動物側は人間と近い感覚や
危険を感じない(解ってはいるかも)ので余裕なんですね。
数年前から注目されているガラスですが、実際見るとかなり感動します。
イルカはTVで見るよりずっと大きく逞しいし、ペンギンの瞳の虹彩や
アザラシの水中では堅そうな毛質まではっきり見えるんです。

他にも、大水槽は底~最上部までしっかり観れるレイアウトだったり、
少なめな敷地と空間を最大限生かした構造で、
野生に近い生態を表現しているクオリティに時代を体感できました。

最先端技術とか新しいものって、やっぱりいいですね。

(山本)

◆◇4:もっとロボット!
――業界用語や専門用語を、わかりやすくご紹介します。◇◆

【生体模倣技術】

皆さんは生体工学と言う言葉をご存知でしょうか。
別名、生体模倣技術とも言います。
生物が持つ効率的な体や仕組みを人工物に応用する技術で、
身近なものでは新幹線のパンタグラフやマジックテープ、
面白い物だと猫の舌を利用した掃除機のスクリューなどがあります。

この技術の面白い所は固定概念に捕われないところで、
一般の機械では剛性や精度が必要な専用機が求められますが、
生物は柔軟で曖昧な適応能力のある汎用機の様な物です。
その為、実現させるのに一般の機械より高いコンプライアンスや
ロバスト性が必要不可欠になり、全く真逆の発想や技術が生まれる
のでは無いかと思います。
例えば象の鼻の様に無限間接で、小さい物から大きな物まで掴め、
加えて吸引まで出来るロボットアームはどうでしょう。
例えば、カメレオンの舌の様に目にも留まらぬ早さで、
ピック&プレースが出来るロボットはどうでしょう。

具体的になんの役に立つかはわかりませんが、
少なくとも今までと違った
価値を提供出来る事は間違いありません。

スキューズのロボットハンドも生体模倣技術を利用していますが、
このような技術が時にロボット技術のブレイクスルーを起こすのでは
ないかと私は思います。

(杉浦)

◆◇5:好きこそモノの上手なれ ――多彩です!SQJIN!◇◆

【野球】

先日、会社の先輩に誘われて社会人野球の大会に参加してきました!
丸3年ぶりの野球だったので、どうなることやらと心配していましたが、
やっぱり想像通り体が動きませんでした!笑

本当に理想と現実の違いとは恐ろしいものです。
昔は軽々とキャッチしていたであろうボールを後逸し、
昔は楽々と打てたであろうボールを見逃し、
苦し紛れで振ったバットで凡打で終わる・・・。

それでも楽しく体を動かすことができ、
優しくしてくださったチームの方々には感謝でいっぱいです。

これからは理想と現実の違いを埋めるべく、
早寝早起きを心がけ、暴飲暴食を控え、質素倹約に努め、
1ヶ月に1回はランニングをしようと思います!

(早川)

◆◇6:後記 ◇◆

【あのロボットの可能性】

愛犬の抜け毛(ちなみに黒柴ですが、季節の抜け毛がすごい!)
を掃除するため、某円盤型お掃除ロボットを利用しているのですが、
生体模倣技術でトコトコ歩く犬のようなモデルが出たら、
愛犬がもう1匹増えたようで、心が和みそうですね。
ちなみに、友人宅の円盤は油性マジックで施されたヒトの顔(5歳児作)
搭載の最先端モデルです。笑!

(伊藤)

◇ロボット技術者集まれ!
好奇心旺盛なロボット技術者の方を求めています!
詳細は、こちらをご参照ください。
http://goo.gl/nVlpTC

◇新卒者の方も、お気軽にお問合せください!
https://www.squse.co.jp/about/inquiry.php

──────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを
どうぞ、よろしくお願いします!!!
──────────────────────────────────
◆◇SQUSE通信 ◇◆
発行元:スキューズ株式会社 SQUSE Inc.
発行責任者 :清水 三希夫
編集責任者 :伊藤 義之
URL: http://www.squse.co.jp
・本メールマガジンの記事中に掲載されたWebサイトのご利用において、
いかなる損害が発生しても、スキューズ株式会社は賠償など一切の
責任を免れます。
・掲載された記事を、許可なく転載することを禁じます。
──────────────────────────────────

スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から