新着情報

【SQUSE通信 Vol.470】まだ5月なのに
メルマガ
2017年05月24日

◇ ̄ SQUSE通信 ̄ FAとロボットが夢でつながっていくさま ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄◇
◆ まだ5月なのに ◆
◇__________________________2017/5/24 Vol.470◇

おはようございます。

5月とは思えないほど、急に暑くなってきましたね!
先週末は京都市も30度以上を記録し、
今年初めての真夏日となりました。

自宅では「ちょっと早いかな…」と思いつつ、
こたつを横目にクーラーのスイッチを入れてしまいました…。
(早くこたつを仕舞いなさい。)

「まだ5月」なんて思っていたら
今度は梅雨が、そしてあっという間に夏がやってきますね。

本日もよろしくお願いいたします!


================= [お知らせ] AG/SUM開催中です! ==================

2017年5月23~25日、虎ノ門ヒルズで
AG/SUM(アグサム/アグリテック・サミット)が開催中です!

AG/SUMは、農業とテクノロジーの融合「アグリテック」で
よりよい未来を創造する、日本経済新聞社主催イベントです。

弊社は5月23日のピッチに当社代表の清水が登壇いたしました。
期間中はシンポジウムやワークショップなど、
様々なイベントが実施されています。ぜひご来場ください!

( HPはこちら → https://www.agsum.jp/ )


┏◆◇今日のコンテンツ◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
1:ホットニュース! 【新章復活! など】
2:インフォメーション!【WEB掲載情報 など】
3:今週の決断 ! 【X56 プロフェッショナルなのか、オールマイティーなのか】
4:ウィークリートーク【報告と相談】
5:好きこそモノの上手なれ【リベンジ】
6:ことばこ【ヒューズ】
7:後記【ケイトウ(鶏頭)】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
このメールは弊社社員とコンタクトいただいたお客様、展示会でお名刺交換を
させていただいたお客様などへお送りさせていただいております。
配信をご希望されない場合は末尾より解除手続きをお願いいたします。


◆◇1:ホットニュース!◇◆

◇日刊工業新聞社様から創刊されました
『未来にきらめく京都・滋賀 個性派企業70社』(2017.04.11)に
弊社が選ばれ、掲載されました。
これまでの弊社の取組みや弊社代表清水のコメントを
掲載して頂いていますので、ご一読頂けますと幸いです。

◇新章復活!
弊社代表清水執筆の書籍『シーケンシャル・マネージメント』の58ある決断の中から
毎週ランダムにトピックを選出し、ご紹介させていただきます。
以前実施させていただいておりましたコーナーをリニューアルし
新章復活でお届けさせていただきます。
ご期待ください。


◆◇2:インフォメーション!◇◆

◇WEBサイト「ビジョナリー」に掲載されました。
掲載記事はこちらからご覧ください。
http://job.j-sen.jp/visionary/president/article/98/

◇「京都の社長.tv」にて、弊社代表、清水の番組が公開されています。
ご視聴は弊社ホームページのバナーからどうぞ。
http://www.squse.co.jp/


◆◇3:今週の決断 ! ◇◆

*弊社代表清水執筆の書籍『シーケンシャル・マネージメント』から、
58ある「決断」をひとつずつ、ランダムにご紹介していきます。

【X56 プロフェッショナルなのか、オールマイティーなのか】

答え:プロフェッショナル

概要:組織の中で仕事をしていくなら協調性は欠かせないため、
人としてオールマイティーであることはとても素晴らしいことだが、
エンジニアとしては、どこか一点でもいいので
プロフェッショナルであればいいと私は考えている。
それは技量的な問題ばかりでなく、例えば人材を上手に
コントロールすることもまた才能のひとつだ。

オールマイティーだということは美点であるし、
そういった人間もまた貴重な存在だか、なかなかそれは難しい。
ならば、どこか至らない点があっても、「これは誰にも負けない」
という部分を磨けばいい。そうして得意分野が違う人間が
何人も集まれば、かなりレベルの高い集団になる。

*当社にはたくさんの「プロフェッショナル」がいます。
私はまだまだ道半ば(半ばというより出発したばかり)ですが、
いつか自分も「これは誰にも負けない!」
と胸を張って言えるようになりたいと思います。

・書籍情報:http://www.squse.co.jp/company/07_detail.php
・スキューズブランド:http://www.squse.co.jp/squse/04_detail.php

(永山)


◆◇4:ウィークリートーク //若手社員のミニエッセイ ◇◆

【報告と相談】

こんにちは、野田です。

最近、仕事を進めていく中で
報告と相談をしなかったために痛い目に会う機会が何度かありました。
(何度かあった時点でダメなのですが)

自分で考えてやってみる形で進めていたのですが、
遅れそうになっても頑張ったらできるかもとそのまま進めてしまい、
結果遅れてしまって迷惑をかけてしまっていました。

その時に、上司に一人で仕事なんかできないんだぞと教えていただきました。
報告して相談することで助けの手を出せるのに
報告しなかったら助けてやることもできないんだぞ
とも教えていただきました。

今後もお仕事を任せていただく機会が増えると思うので
その時のリーダーに報告と相談をしながら進めていこうと思います。

(野田)


◆◇5:好きこそモノの上手なれ //多彩です!SQJIN! ◇◆

【リベンジ】

一年目の時に稲荷山に登りに行ったことがあったのですが
途中雨が降り、傘も無かったので四つ辻あたりで諦めたことがありました。

最近、諦めたことを思い出し登りに行ってきました。
前回到達していた四つ辻は問題なく行けたのですが
その日は気温が高く30度もあり日なたを歩くと汗が出るほどでした。

しかし、登るにつれて林の中をくぐるような道のりのため
日陰が多く意外と暑さはひどくありませんでした。
ただ山道とはいえずっと階段を登る道なので、結構疲れました。
(ビル10階ぐらいをひたすら階段で上がっていく感じですね)

頂上と思われる所に着いた時は下から1時間かからないぐらいだったので、
意気込んで登った割には拍子抜けしました。
(前回諦めたところから頂上までもう少し時間がかかると予想していたので)

一度登ってゴールが分かったので、運動がてらに今後も登ろうと思います。

(金銅)


◆◇6:ことばこ ——言葉の箱 ◇◆
//業界用語や専門用語を、わかりやすくご紹介します。 ◇◆

【ヒューズ】

ホラーゲームのあるあるで、
ヒューズが抜かれた電源盤に
ヒューズを入れて電気を復旧するために
ヒューズを探すクエストがあると思います。

では、「ヒューズ」とはどういうものなのか。
一般的なヒューズは、「電流ヒューズ」といい、
回路の異常状態(短絡や過負荷など)による過電流によって
機器が危険な状態になることを防止する目的で使用されます。

ヒューズは、
「ヒューズエレメント」という、過電流が流れて溶けて回路が切れる部分と
「ヒューズリンク」という、ヒューズエレメントを内包したカートリッジ部分と
「ヒューズホルダ」という、ヒューズリンクを保持する部分で構成されています。

ヒューズに定格電流値を超える電流が流れると、
ヒューズが局所的に発熱し、ヒューズエレメントが溶断して回路を遮断します。
これにより機器が壊れたり、加熱して発火することを防いでいます。

近年では、電子機器の小型化に伴いヒューズが半田付けされていたり、
交換を前提としていないものもあったりします。

確かに、ほとんど見かけなかったり、最近のゲームではあまり聞かなくなったりで、
電気もホラーも時代の流れを感じました。

(髙田)


◆◇7:後記 ◇◆

【ケイトウ(鶏頭)】

受付にプランター植えのお花を置いているのですが、
Tさんが新たにケイトウ(鶏頭)を持ってきて下さいました。
カラフルでとても可愛らしいお花です。
(名前の通り、1つ1つの花が小さな鶏のトサカのように見えます。)

これを見た瞬間、「鶏頭牛尾」(「大きな集団の下っ端でいるより、
小さな集団のトップであれ」の意。)が頭に浮かびました。

「ハッ、これはもしやTさんからの
『そんな人間を目指しなさい』というメッセージ…!?」
なんて思ったんですが、多分違います(笑)
(時々よく分からない方向に妄想が爆発します)

ただ、自分が会社を引っ張っていくぞ!という気持ちで
仕事に取り組むのはとても大事なことですね。
頑張ります!

(永山)

◇ロボット技術者集まれ!
好奇心旺盛なロボット技術者の方を求めています!
詳細は、こちらをご参照ください。
http://goo.gl/nVlpTC

◇新卒者の方も、お気軽にお問合せください!
https://www.squse.co.jp/about/inquiry.php

──────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを
どうぞ、よろしくお願いします!!!
──────────────────────────────────

スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から