新着情報

【SQUSE通信 Vol.352】人もロボットも育てたい!
メルマガ
2014年12月03日

◇ ̄ SQUSE通信 ̄ FAとロボットが夢でつながっていくさま ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄◇

人もロボットも育てたい! ◆
◇_________________________2014/12/3 Vol.352◇

おはようございます。

先週末、京都府産業教育振興会様にて、清水が講演をさせていただきました。
商業・工業・農業などの実業教育を行っている学校長様や
それを支える企業の皆様の会合だったのですが、
1時間強の講演を熱心に聞いていただきました。

「世界のものづくりを支えるために。人もロボットも育てたい!」
スキューズの原点から現在、そして未来についてご紹介しました。
講演後、多くの校長先生方とお話をさせていただき、
新たにご協力させていただくことが出来そうで、これからとても楽しみです。
貴重なお時間をありがとうございました!

それでは本日もよろしくお願いいたします!

┏◆◇今日のコンテンツ◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
1:ホットニュース! 【龍谷大学様の「プレゼン龍2014」など】
2:インフフォメーション!【WEB掲載情報 など】
3:ウィークリートーク【サバゲー参加しました】
4:好きこそモノの上手なれ【グリップの仕方】
5:ことばこ【圧着工具①】
6:後記【やっぱりそこですか】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

◆◇1:ホットニュース!◇◆

◇龍谷大学様の「プレゼン龍2014」に
審査員として参加させていただきました。
同催しは、学生ベンチャーの創出を目的として、
学生さんの実行委員会により運営されています。
プレゼンのレベルも高く、テーマもとても興味深いものでした。
詳しくはこちらをご覧ください!
https://www.facebook.com/squse.recruit

◇関西経済同友会様主催の講演会「北海道の農業に関西の技術を」に、
弊社社長清水が講師としてお招きいただきました。
実証事業の参画企業として弊社の取組事例「トマト自動収穫ロボット」
についてご紹介をさせていただきました。

◆◇2:インフォメーション!◇◆

◇WEBサイト「ビジョナリー」に掲載されました。
掲載記事はこちらからご覧ください。
http://job.j-sen.jp/visionary/president/article/98/

◇「京都の社長.tv」にて、弊社社長、清水の番組が公開されています。
ご視聴は弊社ホームページのバナーからどうぞ。
http://www.squse.co.jp/

◆◇3:ウィークリートーク ——若手社員のミニエッセイ ◇◆

【サバゲー参加しました】

スキューズで流行中のサバゲーに私も参加してきました。
まず驚いたのは、10人強の参加者のうち、
半分の人がマイガンを持ち込んでいたことです。
スキューズメンバーでの開催は2回目なので
前回の後に買った人もいるようです。
そういうわけで私も購入を検討していますが、
色々と種類があるので、まずはエアガンについて勉強しなくては……。

ゲームに参加して感じたことですが、とても緊張感があります。
基本的に死角の少ない所でじっと待ち構えるのですが、
それだけでは膠着状態になるので時に大胆に突撃したりもします。
結局今回は1発もヒットさせることができなかったので、
またリベンジしたいと思います。

(藤本)

◆◇4:好きこそモノの上手なれ ——多彩です!SQJIN! ◇◆

【グリップの仕方】

休日のある日、久しぶりに体を動かそうと野球の練習に出かけました。
キャッチボールから始め、トスバッティングなどしてる中で
ふとチームメートのバットの握りを見ていたら
何人か手の平を中心に握っているのを見受けました。

バットは手の平で握るのではなく、指で握るフィンガーグリップが
正しい握り方です。
手の平を中心に握るパームグリップだと手首が固定されてしまい
バットコントロールが難しくなります。
要するに手首が使えなくなるということです。

例えば料理する際、包丁を握る時は、
必ず指で持って調理していると思います。
指で握れば手首が自在になり細かなコントロールができ、
薄く切り刻んだりと細かなコントロールができると思います。
試しに手の平で包丁を持ってみてはどうでしょうか。
手首が固定された感じになってすごく切り刻みにくいと思います。

フィンガーグリップにすると手首を使えることによって
自在にバットコントロールができ、ボールも捉えやすくなります。
よって手首を返すこともできボールに力も伝わり打球スピードも出て
飛距離の伸びにも繋がると思います。

ゴルフクラブやテニスラケットの握り方においても
同じことが言えると思います。

ちなみにアメリカのあるスポーツ店のサイトでは
フィンガーグリップを"pro grip"。
手の平で握るパームグリップを"poor grip"と
ちょっと面白い表現をしているのを発見しました。

(山本)

◆◇5:ことばこ ——言葉の箱 ◇◆

【圧着工具①】

電気の配線で必要な工具として圧着工具があります。
『圧着工具』と言っても端子やコネクタの数だけ工具もあるので
弊社で使用している圧着工具を一部紹介したいと思います。

①裸圧着端子手動工具/油圧工具
丸端子やY端子等を圧着する一番使用頻度が高い圧着工具です。
手動では電線の導線の断面積が22㎟以下のものまで圧着でき、
それ以上の電線については油圧式の圧着工具を使用します。
断面積が200㎟の電線も簡単に圧着できるのですが・・・
そのあとの配線は電線が思うように曲がらず私では配線できないです。

②モレックス圧着工具
モレックス(molex)は有名なコネクタメーカーで、
コネクタ毎にある専用工具にて圧着します。
弊社ではスタンダードコネクタとミニモレックス(1625コネクタ)を
主に使用し、社内で一番使用しているコネクタです。

今回は2種類の圧着工具を紹介いたしました。
他にも圧着工具を使用していますが、それはまた次の機会にでも。

(東井)

◆◇6:後記 ◇◆

【やっぱりそこですか】

グリップですか・・。
子供も大人も、握るものは違っても、
グリップでは苦労するんですねぇ・・。
私の周囲にも、いるはずです。

"poor grip"

(伊藤)

◇ロボット技術者集まれ!
好奇心旺盛なロボット技術者の方を求めています!
詳細は、こちらをご参照ください。
http://goo.gl/nVlpTC

◇新卒者の方も、お気軽にお問合せください!
https://www.squse.co.jp/about/inquiry.php

──────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを
どうぞ、よろしくお願いします!!!
──────────────────────────────────
◆◇SQUSE通信 ◇◆
発行元:スキューズ株式会社 SQUSE Inc.
発行責任者 :清水 三希夫
編集責任者 :伊藤 義之
URL: http://www.squse.co.jp
・本メールマガジンの記事中に掲載されたWebサイトのご利用において、
いかなる損害が発生しても、スキューズ株式会社は賠償など一切の
責任を免れます。
・掲載された記事を、許可なく転載することを禁じます。
・メルマガ配信解除はこちらからお願いいたします。
URL: https://cl84.asp.cuenote.jp/u/a2wHaaaVtrzRfpab
──────────────────────────────────

スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から