新着情報

【SQUSE通信 Vol.361】 インターンシップの感想
メルマガ
2015年02月11日

◇ ̄ SQUSE通信 ̄ FAとロボットが夢でつながっていくさま ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄◇

インターンシップの感想 ◆
◇_________________________2015/2/11 Vol.361◇

おはようございます。

洛陽工業高校のインターンシップの最終日、
3日間の感想を書いてもらいましたのでご紹介します。

「普段、学校でできないような貴重な体験ができてとても面白かったです。
とくに印象に残っているのは2日目のロボフレーム製作で、
あれだけ大きいものを組み上げる機会はないので楽しかったです」

「工場の中で学んだことが、普段の生活でとても役立つことが良かった。
一人で、プログラムと電気ができるようになって、色々なものを作りたい!」

「私が想像していた”インターンシップ”というモノとは全く異なり、
能動的に参加していくやりがいのあるプログラムが多く用意されていました。
何より会社全体としてのモチベーションや目指すべきところの高さや、
会社の雰囲気が印象に残っています。
この3日間、私たちのために時間をさいて有意義な時間をつくり出してもらい、
とても感謝しています」

みなさん、スキューズにとても興味を持ってくれたようで、
「就職してもいいなぁ」と。
ぜひぜひ!お待ちしていますよ。お疲れさまでした!

それでは本日もよろしくお願いいたします!

┏◆◇今日のコンテンツ◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
1:ホットニュース! 【舞鶴高専様へのロボット引き渡し など】
2:インフォメーション!【WEB掲載情報 など】
3:ルーキーズトーク【信頼】
4:好きこそモノの上手なれ【取扱説明書】
5:もっとロボット【人の感情を読み取り、
必要とされるサービスを提供するロボットづくり】
6:後記【残念!】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

◆◇1:ホットニュース!◇◆

◇国立舞鶴工業高等専門学校様にASD-1100をお渡ししてきました。
今後は研究授業にや課外活動などにご活用いただく予定です。
当日の様子はこちらからご覧ください。
https://www.facebook.com/squse.recruit

◇関西経済同友会様主催の講演会「北海道の農業に関西の技術を」に、
弊社社長清水が講師としてお招きいただきました。
実証事業の参画企業として弊社の取組事例「トマト自動収穫ロボット」
についてご紹介をさせていただきました。

◆◇2:インフォメーション!◇◆

◇WEBサイト「ビジョナリー」に掲載されました。
掲載記事はこちらからご覧ください。
http://job.j-sen.jp/visionary/president/article/98/

◇「京都の社長.tv」にて、弊社社長、清水の番組が公開されています。
ご視聴は弊社ホームページのバナーからどうぞ。
http://www.squse.co.jp/

◆◇3:ルーキーズトーク //新人社員のミニエッセイ ◇◆

【信頼】

初めまして。
2014年入社の澤田と申します。

先日、5年前に購入した電気シェーバーが遂に寿命を迎えました。
せっかくなので、少し奮発してしっかりした物を選ぼうと思い、
さっそくインターネットで情報収集を開始しました。

しかし、一言で電気シェーバーといっても、
メーカや価格で様々な機能が搭載されていて、
なかなか決めることができません。
結局悩んだ末、「日本製なら間違いないだろう」と考え、
大手日本メーカの製品を手堅く購入しました。
やはり最後は、メーカの積み重ねてきた「信頼」が決め手でした。

私も周りの人から「信頼」を得て、「澤田に任せたら間違いないだろう」
と言って頂けるように頑張らねば!と改めて思う出来事でした。

(澤田)

◆◇4:好きこそモノの上手なれ //多彩です!SQJIN! ◇◆

【取扱説明書】

モノを買うと多くのものに取扱説明書が付いてきます。
各部の名称、使い方、異常時の対処法、メーカ連絡先などが記載されており、
使用するときの助けとなります。

弊社が作る装置にも取扱説明書が存在し、内容は前述同様です。
装置をしっかり理解しないと機能や使い方は書けない上に、
全く知らない人が見てもわかるように書くというのは
なかなか難しく、作成するのはひと苦労です。

また、プログラムを作って機械が動いた!というような、
分かりやすい達成感に乏しいため、ただひたすら文書作成ソフトに
立ち向かう作業は、修行のような時間となります。

この取扱説明書。
ユーザ側の視点からすると、「買ったらまずは読む派」と、
「必要になったときに読む派」に分かれるような気がします。
私はどちらかといえば後者で、ほとんど開くことはありません。

実際に作成する側になってみて、
もうちょっと取扱説明書を読んでみようかなと思います。

(慶山)

◆◇5:もっとロボット!
//業界用語や専門用語を、わかりやすくご紹介します。 ◇◆

【人の感情を読み取り、必要とされるサービスを提供するロボットづくり】

「汗をかいている人を見てロボットは何をサービスすべきでしょう?」
インターンシップで課題として投げかけてみました。

『飲み物を出す』、『風を送る』、『近くのコンビニを教える』などの
アイデアがでてきました。
失われた水分は補給する、上がった体温は下げる、
飲み物と冷房がある場所の検索・・・という機能を持つロボットですね。
今の技術でもなんとかできそうですが・・・。

喜怒哀楽、快不快、人間の感情は複雑です。
汗をかく理由も人それぞれです。
サウナスーツでダイエット中の人、
重い荷物を抱えて階段を上っている人、
大きな失敗をして叱責されている人、
好きな人を前になかなか告白できずにいる人などなど。
「汗」の対策よりも、「汗をかいている状況」を理解することがとても難しい。

私が一番気に入った答えは、
『タオルを出す』でした。
それからさらにこう付け加えたら完璧です。

「何かほかにお手伝いすることはありませんか?」と。

(宮崎)

◆◇6:後記 ◇◆

【残念!】

オムロンヘルスケア様の社内報「ソレイユ」で宮田社長と清水の対談を取材
掲載いただきました。昨日、印刷されたものを頂戴しました。
ぜひ、皆さまにご案内したいのですが、社内向け広報誌なので、
公開することができません。残念!
ご覧になりたい方は、ナイショで私のところまで・・・。

(伊藤)

◇ロボット技術者集まれ!
好奇心旺盛なロボット技術者の方を求めています!
詳細は、こちらをご参照ください。
http://goo.gl/nVlpTC

◇新卒者の方も、お気軽にお問合せください!
https://www.squse.co.jp/about/inquiry.php

──────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを
どうぞ、よろしくお願いします!!!
──────────────────────────────────


スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から