新着情報

【SQUSE通信 Vol.366】 日経新聞にてご紹介いただきました!
メルマガ
2015年03月18日

◇ ̄ SQUSE通信 ̄ FAとロボットが夢でつながっていくさま ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄◇

日経新聞にてご紹介いただきました! ◆
◇_________________________2015/3/18 Vol.366◇

おはようございます。

3月12日、日本経済新聞の朝刊で弊社のことをご紹介いただきました。
「ART REVIEW」という毎月第2木曜日に掲載されているシリーズ記事で、
今回の「手を尽くす」というテーマの記事のなかで弊社のロボットハンド
について触れていただきました。

人の手技とそこにこめられた日本人ならではの精神との関わりを掘り下げた
記事でしたが、私たちが目指し、行っている「人手作業の代替」と
オーバーラップするところが多いとも感じましたし、
「手作り」、という点でも私たちの装置づくりに通じることを感じました。
機会があればぜひ記事をご覧ください。

それでは本日もよろしくお願いいたします!

┏◆◇今日のコンテンツ◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
1:ホットニュース! 【舞鶴高専様へのロボット引き渡し など】
2:インフォメーション!【WEB掲載情報 など】
3:ルーキーズトーク【変化】
4:好きこそモノの上手なれ【ビニール袋と思っているものは・・・】
5:ことばこ【工作機械】
6:後記【いつもと違い】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

◆◇1:ホットニュース!◇◆

◇国立舞鶴工業高等専門学校様にASD-1100をお渡ししてきました。
今後は研究授業にや課外活動などにご活用いただく予定です。
当日の様子はこちらからご覧ください。
https://www.facebook.com/squse.recruit

◇関西経済同友会様主催の講演会「北海道の農業に関西の技術を」に、
弊社社長清水が講師としてお招きいただきました。
実証事業の参画企業として弊社の取組事例「トマト自動収穫ロボット」
についてご紹介をさせていただきました。

◆◇2:インフォメーション!◇◆

◇WEBサイト「ビジョナリー」に掲載されました。
掲載記事はこちらからご覧ください。
http://job.j-sen.jp/visionary/president/article/98/

◇「京都の社長.tv」にて、弊社社長、清水の番組が公開されています。
ご視聴は弊社ホームページのバナーからどうぞ。
http://www.squse.co.jp/

◆◇3:ルーキーズトーク //新人社員のミニエッセイ ◇◆

【変化】

私がスキューズに入社してもうすぐ1年がたとうとしています。
生活習慣や環境などの変化にも慣れてきて
やっと社会人らしくなれてきたような気がします。

変化といえば、毎日欠かさず決めた時間にやると決めたことを行う。
そうやって少しづつ習慣を増やしていく事によって
形成されてしまった自分の人格の4割までは変えることができるそうです。
ある心理学者の言葉で「心が変われば行動が変わる、行動が変われば習慣が
変わる、習慣が変われば人格が変わる、人格が変われば運命が変わる、
運命が変わったら人生が変わる」とあり、
習慣は人格だけでなく運命や人生すら変えてしまうそうです。

この記事を読んでいる方の中で、
なにか心機一転頑張ろうと思っている人がおられれば
習慣を増やしてみてください。きっと物事がいい方向に進むと思います。

ちなみに私は最近筋トレを始めました。

(早藤)

◆◇4:好きこそモノの上手なれ //多彩です!SQJIN! ◇◆

【ビニール袋と思っているものは大体ポリ袋だった事件】

ゴボウを買ったら作荷台で膝で二つに折ってから袋詰めする系女子です。
(ネギはそのまま背負って「ゴボウが折れネギが曲がるのは
塑性変形なのか曲げモーメントなのか?」と考えながら帰ります)

ゴボウの断面から土が飛び散るので折口は袋で包みます。その袋、
作荷台にロールで置いてある、あの薄くて半透明なあれ、
ビニールではなくてポリ袋(高密度ポリエチレン:HDPE)です。

このポリ袋を蛇腹にして開口させて
物をすぐに入れられるようにスタンバイした状態のものを
レジに貯めてあるのをお見かけになったことがあるでしょうか。
あれをストックすることを「タイミーを作る」と言うそうですが、
タイミーとはこのロール状ポリ袋の販売社の製品名から来ているようです。

買い物を冷蔵庫に収めた後、この空き袋をとっておいて
液だれしそうな食品を容器ごと包んでみたり
生ゴミを詰めて捨ててみたりと活用しているのですが、
昔に比べ、こいつ裂けやすくなったな……何かあったに違いあるまいと
調べたところ、スーパーの作荷台について「英語の袋詰め『sack』から
サッカー台というのはガセ」ということが判明しました。以上です。

(野間口)

◆◇5:ことばこ //言葉の箱 ◇◆
//業界用語や専門用語を、わかりやすくご紹介します。

【工作機械】

ひとつひとつ部品が作られるには、さまざまな工作機械によって
作られていきます。例えば。

旋盤=円筒または円盤状の工作物を回転させて加工する機械で
外丸の削りやネジ切りなどを加工する機械です。

ボール盤=ドリルを回転させて穴あけ加工を行う機械で、
ネジ立てなどを加工を行う機械です。

フライス盤=工具を回転させ平面・曲面・溝などを加工する切削機械です。

これらの加工を連続で行えるマシニングセンタと呼ばれる数値制御による
工作機械もあり、それぞれの加工に必要な工具を自動で交換できる機能を
備えています。要するに自動で加工できる大きな機械です。

最近においては上記のマシニングセンタよりも更なる複雑形状の加工を
可能にする5軸加工機の普及も進んでいるように思えます。

他には電気により放電エネルギーを利用して加工する放電加工機や
レーザーのエネルギーを利用して切断や穴あけなどをする
レーザー加工機などもあります。

このようにさまざまな工作機械によって出来上がってくるわけですが、
新しいものを一から作り出すということは大変なことかと思います。
作られている方から見ればきっと感慨深いでしょうね。

(山本)

◆◇6:後記 ◇◆

【いつもと違い】

冒頭ご紹介した日経さんの記事ですが、
普段の取材と異なり、ビジュアルをメインにしたテーマ性の高い記事のなかで
当社のロボットハンドを取り上げていただきました。
なるほど、こんな捉え方もあるんだなと、感心することしきりでした。
ご掲載、ありがとうございました。

(伊藤)

◇ロボット技術者集まれ!
好奇心旺盛なロボット技術者の方を求めています!
詳細は、こちらをご参照ください。
http://goo.gl/nVlpTC

◇新卒者の方も、お気軽にお問合せください!
https://www.squse.co.jp/about/inquiry.php

──────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを
どうぞ、よろしくお願いします!!!
──────────────────────────────────

スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から