新着情報

【SQUSE通信 Vol.374】 トップ記事!
メルマガ
2015年05月20日

◇ ̄ SQUSE通信 ̄ FAとロボットが夢でつながっていくさま ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄◇

トップ記事! ◆
◇__________________________2015/5/20 Vol.374◇

おはようございます。

農林水産省様の実証実験、
「農業界と経済界の連携による先端モデル農業確立実証事業」の一環として
私たちが参画させていただき、開発に取り組んでいる
トマトの自動収穫ロボットについて、
5月16日付日本経済新聞(夕刊)にてご紹介をいただきました。
なんと、しかもそれも1面で!

IT、ロボットによって日本の農業が変革していく各地の取り組み事例紹介の
ひとつとして、私たちのロボットについて掲載していただいています。
このように取り上げていただき、私たちも嬉しい限りです。
ぜひ記事をご覧ください。

それでは本日もよろしくお願いいたします!

┏◆◇今日のコンテンツ◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
1:ホットニュース! 【日本経済新聞にて記事掲載 など】
2:インフォメーション!【WEB掲載情報 など】
3: ウィークリートーク 【伏見名物】
4:好きこそモノの上手なれ【○○狩り】
5:もっとロボット【目と手の感情表現】
6:後記【ミラノ万博】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
このメールは弊社社員とコンタクトいただいたお客様、展示会でお名刺交換を
させていただいたお客様などへお送りさせていただいております。
配信をご希望されない場合は末尾より解除手続きをお願いいたします。

◆◇1:ホットニュース!◇◆

◇5月日本経済新聞にて農林水産省弊社の5指ロボットハンドが掲載!
3月12日付朝刊、毎月第2木曜日に掲載されるシリーズ記事の
「ART REVIEW」内で、「手を尽くす」というテーマの記事の中で
弊社ロボットハンドについて触れていただきました。

◇国立舞鶴工業高等専門学校様にASD-1100をお渡ししてきました。
今後は研究授業や課外活動などにご活用いただく予定です。
当日の様子はこちらからご覧ください。
https://www.facebook.com/squse.recruit

◆◇2:インフォメーション!◇◆

◇WEBサイト「ビジョナリー」に掲載されました。
掲載記事はこちらからご覧ください。
http://job.j-sen.jp/visionary/president/article/98/

◇「京都の社長.tv」にて、弊社社長、清水の番組が公開されています。
ご視聴は弊社ホームページのバナーからどうぞ。
http://www.squse.co.jp/

◆◇3:ウィークリートーク //若手社員のミニエッセイ ◇◆

【伏見名物】

最近は3月、4月に比べずいぶんと花粉がましになってきた感じがします。
ということで?、先日は久しぶりに伏見稲荷神社に行ってまいりました。

天気も良かったせいか人もたくさんおられたのですが、
久しぶりに自然と触れ合うことが出来た気分です。
ところで、伏見稲荷には名物があるのはご存知でしょうか?
それは…雀を焼いたものが食べられるというものです。
ただしこちらは、季節限定となっておりまして、旬の時期以外では
ウズラを焼いたものが出てきます。

味の方ですが、私は食べてみたことはありませんが、骨が多いが、
おいしいというのは聞いたことがあります。
もし、伏見稲荷に観光等で行く事がありましたら、
ぜひ挑戦してみて下さい。

(永澄)

◆◇4:好きこそモノの上手なれ //多彩です!SQJIN! ◇◆

【○○狩り】

そろそろ初夏に近づいてきています。
そんな中、旬の果物や植物の収穫をしに出かけてみてはいかかですか?
今の季節だと「潮干狩り」「イチゴ狩り」「サクランボ狩り」などが旬です。

私自身も「○○狩り」というのは大好きでGWに潮干狩りに行ったり、
実家に植えてあるイチゴやサクランボの採れたてを食べたり、
実家からちょっと離れたところで山菜のわらび、フキを採ってきたり、
やはり旬の食べ物はおいしいです。

管理されている所で収穫するのも楽しいですが、
自分で育てて収穫するのも楽しいので、お試しあれ。
おすすめはとしてはプランターでも育てられるイチゴや野菜、
植木鉢サイズのブルーベリーやオリーブなどはいかがですか?

(東井)

◆◇5:もっとロボット!
//業界用語や専門用語を、わかりやすくご紹介します。 ◇◆

【目と手の感情表現】

感情を言葉で表す時には身体に関係する慣用句をよく用います。
たとえば、「目に入れても痛くない子供に,手をあげる」とか
「仕事の手を広げすぎて、目が回る」などです。

調べてみると目・眼・瞳に関する慣用句の数は200を超えていました。
ちなみに手に関するものも、肩から指、爪までを合わせると
同じくらいの数がありました。
目や手には感情表現の機能があり、
これが多くの慣用句に使われる理由だと思いました。

ロボットの開発では、人の視覚や掴みの機能は随分充実してきました。
人の感情を理解できるロボットも登場しましたが、
彼(?)は慣用句を理解することができるのでしょうか??

ロボットに対しては「長い目で、手塩にかけて育てていく」姿勢が重要だと
感じている今日、この頃です。

(宮崎)

◆◇6:後記 ◇◆

【ミラノ万博】

5月1日から、ミラノ万博が開催されていますが、
私たちも微力ながら日本館を応援させていただいています。
日経新聞でもご紹介いただいた、日本の農業革新への取り組みの
様子のなかで、スキューズの取り組みを取り上げていただいています。

先週日曜日に開催された、ROBOMECH2015地域交流ワークショップにて、
清水の講演にご出席いただいた皆さまに感謝いたしますとともに、
お話しの機会を賜りました主催者様に心より御礼申しあげます。

(伊藤)

◇ロボット技術者集まれ!
好奇心旺盛なロボット技術者の方を求めています!
詳細は、こちらをご参照ください。
http://goo.gl/nVlpTC

◇新卒者の方も、お気軽にお問合せください!
https://www.squse.co.jp/about/inquiry.php

──────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを
どうぞ、よろしくお願いします!!!
──────────────────────────────────

スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から