新着情報

【SQUSE通信 Vol.378】 FOOMA JAPAN 2015(国際食品工業展)にて!
メルマガ
2015年06月17日

◇ ̄ SQUSE通信 ̄ FAとロボットが夢でつながっていくさま ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄◇

FOOMA JAPAN 2015(国際食品工業展)にて! ◆
◇__________________________2015/6/17 Vol.378◇

おはようございます。

FOOMA JAPAN(フーマジャパン)とは、
一般社団法人日本食品機械工業会が主催する国際食品工業展の名称です。
四日間で9万人以上の来場者が訪れた大きなイベントですが、
弊社の5軸サーボロボットが、テレビの取材ニュースに
取りあげていただきました。

ホールケーキをクリームでデコレーションするロボットなのですが、
あるメーカ様が出展されていたものです。
ちなみにFOOMAとは、「food」(食品)と「machinery」(機械)から
成る造語で、私たちスキューズともとても関係が深い業界です。
ご出展いただいたこと、
またテレビにも取り上げていただきまして感謝いたします!

それでは本日もよろしくお願いいたします!

┏◆◇今日のコンテンツ◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
1:ホットニュース! 【ミラノ万博「日本館」に協賛 など】
2:インフォメーション!【WEB掲載情報 など】
3: ウィークリートーク 【言葉の由来】
4:好きこそモノの上手なれ【洋館で羊羹をよう噛んで食べたら・・・】
5:もっとロボット【お話ロボット】
6:後記【OHaNAS・羹】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
このメールは弊社社員とコンタクトいただいたお客様、展示会でお名刺交換を
させていただいたお客様などへお送りさせていただいております。
配信をご希望されない場合は末尾より解除手続きをお願いいたします。

◆◇1:ホットニュース!◇◆

◇スキューズはミラノ万博「日本館」に協賛しています。
日本の食や食文化をテーマとする日本館の中で、展示映像に協力しており、
開発中のトマト自動収穫ロボットのデモの様子が現地で紹介されています。
ミラノ万博については公式ホームページを参照ください。
http://www.expo2015.jp/

◇5月16日付日本経済新聞(夕刊1面)にて弊社の取り組みが掲載されました。
農林水産省様の実証実験
「農業界と経済界の連携による先端モデル農業確立実証事業」の一環として
私たちが開発に取り組んでいる
トマトの自動収穫ロボットについてご紹介いただきました。

◆◇2:インフォメーション!◇◆

◇WEBサイト「ビジョナリー」に掲載されました。
掲載記事はこちらからご覧ください。
http://job.j-sen.jp/visionary/president/article/98/

◇「京都の社長.tv」にて、弊社社長、清水の番組が公開されています。
ご視聴は弊社ホームページのバナーからどうぞ。
http://www.squse.co.jp/

◆◇3:ウィークリートーク //若手社員のミニエッセイ ◇◆

【言葉の由来】

6月に入り梅雨入りいたしましてじめじめした日々が
これから続きますが、皆様は梅雨という言葉の由来をご存知でしょうか。

梅雨は梅雨(ばいう)という言葉で中国から伝わった言葉らしく、
これは中国の一部の地域では梅の実が熟す時期に
雨季が来るから、ということだそう。

梅雨を「つゆ」と読み始めるようになったのは江戸時代かららしく、
露からきている等の諸説があります。
今使われている言葉にもいろいろと由来がありますし、
社名等にもいろいろ由来があったりいたします。

もし皆様にも気になる言葉がおありであれば、
辞書を片手に調べてみるのも一興です。

(永澄)

◆◇4:好きこそモノの上手なれ //多彩です!SQJIN! ◇◆

【洋館で羊羹をよう噛んで食べたらよう動かん】

羊のお肉でお吸物を作っていたのをお肉の替わりに小豆でやってみました!
というのが羊の羹(お吸物)転じて「羊羹」でありますが
夏も近づく今日この頃、冷やした水羊羹をツルッと頂きたいですね!
昔は冬におせち料理として食べたと聞いて驚きました。

昔の話と言えば、七夕である七月七日はよく雨が降るのですが
旧暦の七月七日は今でいう八月中(今年は八月二十日頃)ですので
昔はそこそこ晴れていました。
まぁあの人達、恒星だから寿命が百億年くらいあるので
人間感覚に置き換えてみると0.3秒ごとに0.0004秒間会うのを
繰り返しているようなものですから雨のひとつやふたつというところでしょう。
「地球来たけど雨だわー」の「ち」くらいで次の逢瀬チャンスです。

我々は百億年も寿命がないので、意を決して入った中華料理屋の天津飯が
甘酢餡かだし餡かで一喜一憂し、大福を齧って苺が入っていれば歓喜し
フォッサマグナを越えればうどんの味が違うと嘆き
こし餡かつぶ餡かで相争うのです……人類よ、星の気持ちになり
些事に囚われてはいけません……重箱の隅をつつかず……
あ、重箱のカドにあんこ残ってた。ちょっと嬉しい。

(野間口)

◆◇5:もっとロボット!
//業界用語や専門用語を、わかりやすくご紹介します。 ◇◆

【お話ロボット】

先日タカラ・トミーとドコモが、クラウド型お話ロボット「OHaNAS」を
共同開発したというニュースを目にしました。
このOHaNas、

Organized (統合された)
Human Interface (人間用の)
and
Network (ネットワーク経由の)
Artifical Intelligence (人工知能)
System (仕組)

の略語だそうで、ちょっとこじつけたところも垣間見えますが、
最新の技術を利用したものであることは間違いないようです。

会話については、ドコモ独自の自然言語処理技術を活用しており、
通り一辺倒の反応ではなく、ちょっとした疑問に答えてくれたり、
ニュースや天気などリアルタイムに変化する最新情報を
教えてくれるそうです。
そのうえ、話をしていくうちに誕生日にお祝いの言葉をかけたり、
あだ名で呼んでくれるなどの反応を示すようにもなるといいます。

ロボットにあだ名で呼ばれるのは複雑な気分になりますが、
ロボットと人間とのコミュニケーションが自然言語で行えることは
お互いの距離を近づけるためには非常に有用なことだと思います。
OHaNAS自体は、玩具の色合いが濃い製品ですが、採用されている技術や
その他の類似技術は、さまざまな分野で活用されていくことでしょう。

まだまだ人と人のコミュニケーションのようにはいかないと思いますが、
工場での作業が、ロボットに声でお願いして作業を開始する日も
近いのではないでしょうか。

(福島)

◆◇6:後記 ◇◆

【OHaNAS・羹】

なんて読むのだろう、と思い調べてみました。
「オハナス」、でした。
なるほど。

「羹(あつもの)」、
なるほど。
さっそく辞書の出番でした。

(伊藤)

◇ロボット技術者集まれ!
好奇心旺盛なロボット技術者の方を求めています!
詳細は、こちらをご参照ください。
http://goo.gl/nVlpTC

◇新卒者の方も、お気軽にお問合せください!
https://www.squse.co.jp/about/inquiry.php

──────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを
どうぞ、よろしくお願いします!!!
──────────────────────────────────

スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から