新着情報

【SQUSE通信 Vol.381】 日経新聞にて当社取組を掲載頂きました!
メルマガ
2015年07月08日

◇ ̄ SQUSE通信 ̄ FAとロボットが夢でつながっていくさま ̄ ̄◇
◆ 日経新聞にて当社取組を掲載頂きました! ◆
◇_______________________________________2015/7/8 Vol.381◇

おはようございます。

7月6日付の日経新聞に当社の取組を取り上げて頂きました。
日経新聞一面に「スキューズ ライン効率化提案」と大きく掲載されています。

当社の取組がこのようにメディアを通して世に発信されることは、
社員にとってはモチベーションをあげる起爆剤です。
日々一生懸命働き、その結果がこのように日の目を見る・・・すばらしい!
胸を張って仕事ができるというものです。

スキューズの仕事はこれからも「もっと、楽しくなる!」です。

それでは本日もよろしくお願いいたします!

┏◆◇今日のコンテンツ◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
1:ホットニュース! 【ミラノ万博「日本館」に協賛 など】
2:インフォメーション!【WEB掲載情報 など】
3: ウィークリートーク 【縦貫道】
4:好きこそモノの上手なれ【ギリシャヨーグルト】
5:ことばこ【エンターキー】
6:後記【もっと、楽しくなる!】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
このメールは弊社社員とコンタクトいただいたお客様、展示会でお名刺交換を
させていただいたお客様などへお送りさせていただいております。
配信をご希望されない場合は末尾より解除手続きをお願いいたします。

◆◇1:ホットニュース!◇◆

◇7月6日付日本経済新聞にて弊社の取組が掲載されました。
食品工場で人間に代わって食品を運搬ケースに収めるシステムを開発
自在に動くロボットアームとコンベヤーを連携させてパッケージ化
個別に設計した場合は1年程度かかる現場への導入期間を
最短1ヵ月に圧縮するとご紹介いただきました。

◇スキューズはミラノ万博「日本館」に協賛しています。
日本の食や食文化をテーマとする日本館の中で、展示映像に協力しており、
開発中のトマト自動収穫ロボットのデモの様子が現地で紹介されています。
ミラノ万博については公式ホームページを参照ください。
http://www.expo2015.jp/about/sponsor/

◆◇2:インフォメーション!◇◆

◇WEBサイト「ビジョナリー」に掲載されました。
掲載記事はこちらからご覧ください。
http://job.j-sen.jp/visionary/president/article/98/

◇「京都の社長.tv」にて、弊社社長、清水の番組が公開されています。
ご視聴は弊社ホームページのバナーからどうぞ。
http://www.squse.co.jp/

◆◇3:ウィークリートーク //若手社員のミニエッセイ ◇◆

【縦貫道】

タイトル通り京都縦貫道の話です。
今月に京都縦貫道が全線開通するらしいです。今までは丹波ICで降りて一時
間程度走ってわちICで再び乗るというルートだったのですが、縦貫道が全線
開通することにより丹波で降りる必要がなくなり、大幅な時間短縮ができる
ようになりました。

私はよくイカを釣りに縦貫道を利用していたのですが、毎年行くたびに建設
が進んでいていつできるんだろうと思っていたのが完成したので次に利用す
る時がすごく楽しみです。


(早藤)

◆◇4:好きこそモノの上手なれ //多彩です!SQJIN! ◇◆

【ギリシャヨーグルト】

最近何かと話題のギリシャですが
我が家ではギリシャヨーグルトが話題になっています。
普通のヨーグルトと違い、水分が少なくクリーミーで
濃厚なヨーグルトで、海外でも大人気だそうです。
作り方は簡単で、普通のヨーグルトを
ボウルとキッチンペーパーで数時間水切りするだけです。
ボウルにたまった水分はホエイといって
栄養価が高いものですので、捨てずに
料理につかったりも出来ます。
簡単にできますので一度お試しください。

(北條)

◆◇5:ことばこ ——言葉の箱 ◇◆
//業界用語や専門用語を、わかりやすくご紹介します。 ◇◆

【エンターキー】

編集長兼執筆者の早川です。

みなさんは「エンターキー」について不思議に思った事はないでしょうか。

PC上でものごとを実行するのも「エンターキー」
ワードなどで改行するのも「エンターキー」

決定する最後のプロセスに「エンターキー」を用います。
でもそもそも「エンター」ってなんでしょう??
エンターを直訳すると「入る」という意味です。
データの入力が終わったので、その情報を「入れる」はしっくりきます。
でも改行するのになぜ「エンター」が使われるのでしょうか?
そんな疑問を持ったのでちょっと調べてみたところ、
英文タイプライターの「リターンキー」が「エンターキー」のモデルのようです。
※タイプライターのリターンキーは文章の先頭に戻る「改行」の為のキーです。

初期PCでは「リターンキー」が多数派で、「エンターキー」は少数派だったのですが、
それがいつしか「エンターキー」が主流になったようです。
ここからは私の勝手な推測ですが、PCの使い方が文書作成だけでなく、
その他の用途が多くなったため「改行」から「実行」、それにあわせて
「リターン」から「エンター」になったのではないかと思います。
もしかすると別の理由があるのかもしれませんが、
自分の中では非常にしっくりきたのでこれ以上は調べないでおこうと思います。
(ご意見等ございましたらそっと心の片隅にとどめておいて下さいませ。)

(早川)

◆◇6:後記 ◇◆

【もっと、楽しくなる!】

当社ビジョンマップのメッセージの一つです。
私たちの将来像であり、日々心がけるテーマの一つでもあります。

この言葉の中にはいろんな思いが包含されているのですが、
私にとっては仕事のどんな局面でもこの言葉に立ち返ると、
「よし、頑張るぞ」と思わせてくれる不思議な言葉の一つです。

日経新聞の方々、当社取組をご掲載頂き誠にありがとうございました。
末筆ながらお礼申し上げます。

(早川)

◇ロボット技術者集まれ!
好奇心旺盛なロボット技術者の方を求めています!
詳細は、こちらをご参照ください。
http://goo.gl/nVlpTC

◇新卒者の方も、お気軽にお問合せください!
https://www.squse.co.jp/about/inquiry.php

──────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを
どうぞ、よろしくお願いします!!!
──────────────────────────────────

スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から