新着情報

【SQUSE通信 Vol.398】日本のモノづくりの将来
メルマガ
2015年11月11日

◇ ̄ SQUSE通信 ̄ FAとロボットが夢でつながっていくさま ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄◇
◆ 日本のモノづくりの将来 ◆
◇__________________________2015/11/11Vol.398◇

おはようございます。

先日洛陽工業高校の生徒の方々が来社され、
ロボットハンドについての意見交換会を行いました。

先方が作成されたハンドについての狙いなどをプレゼンしていただいたのですが、
本当に熱心に話してくれた姿が印象的でした。

また生徒の方々の柔軟で自由な発想にただただ感心するばかり。
日本のモノづくりの将来はまだまだ明るいのではないでしょうか。

本日もよろしくお願いいたします!

┏◆◇今日のコンテンツ◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
1:ホットニュース! 【NEDO様助成予定先に選ばれました など】
2:インフォメーション!【WEB掲載情報 など】
3:ウィークリートーク【初めての現場】
4:好きこそモノの上手なれ【山のケンカ】
5:ことばこ【fps】
6:後記【国際ロボット展のお知らせ】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
このメールは弊社社員とコンタクトいただいたお客様、展示会でお名刺交換を
させていただいたお客様などへお送りさせていただいております。
配信をご希望されない場合は末尾より解除手続きをお願いいたします。

◆◇1:ホットニュース!◇◆

◇ロボット活用型市場化適用技術開発プロジェクトに当社が助成予定先として選ばれました。
今後当社は国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)様の
取組みに参画させていただくこととなりました。本取組みはロボットの活用・普及の促進に向けて、
ユーザーニーズと市場化出口を明確にしたロボット活用技術開発を実施するものであり、
当社は「ダイレクトティーチング機能を搭載した多能工ロボット開発」を行ってまいります。
ものづくり分野およびサービス分野を対象としたロボット活用技術を開発することにより、
新たにロボットを導入する業種・分野、工程の拡大を図るとともに、
ロボットの市場規模の増大を目指します。

◇7月15日付読売新聞にて弊社の取り組みが掲載されました。
長崎県南島原市でトマト収穫ロボットの実験が行われました。
トマト収穫ロボットの作成を弊社が担当しており、
ロボットの画像とともに「手作業を代替できる分野なら市場を広げていける」
と弊社社長清水のコメントを掲載して頂いています。

◇7月6日付日本経済新聞にて弊社の取り組みが掲載されました。
食品工場で人間に代わって食品を運搬ケースに収めるシステムを開発
自在に動くロボットアームとコンベヤーを連携させてパッケージ化
個別に設計した場合は1年程度かかる現場への導入期間を
最短1ヵ月に圧縮するとご紹介いただきました。


◆◇2:インフォメーション!◇◆

◇WEBサイト「ビジョナリー」に掲載されました。
掲載記事はこちらからご覧ください。
http://job.j-sen.jp/visionary/president/article/98/

◇「京都の社長.tv」にて、弊社社長、清水の番組が公開されています。
ご視聴は弊社ホームページのバナーからどうぞ。
http://www.squse.co.jp/

◆◇3:ウィークリートーク //若手社員のミニエッセイ ◇◆

【初めての現場】

はじめまして。
4月に入社しました中本(なかもと)と申します。

入社して早くも7か月が経ちました。
現在新入社員は、それぞれ期間ごとに各課を回って研修を受けています。

そんな中、私は10月から電気課で研修を受けています。
9月末頃に10月から出張へ行くよと言われ、
課が変わってすぐに出張へ行くこととなりました。
事前準備もそこそこに出張現場へ出発。現在6週目です。
そんな出張ももう終わりを迎えようとしています。

聞くコト見るモノ初めてのものばかり、
ほぼ知識ゼロで現場の緊張感ある中、必死にマニュアル
で調べ、一つ一つ壁を乗り越えていく毎日です。
このような経験は新人の時にしかできない貴重なものであると感じています。

(中本)


◆◇4:好きこそモノの上手なれ //多彩です!SQJIN! ◇◆

【山のケンカ】

私の父が生まれ育った村には、こんな言い伝えがあります。

“ある日、A山とB山がふとしたことでケンカをした。
まずA山がB山に向かって石を投げ、その仕返しにB山はA山に
矢を放った。その矢はA山の目に当たり、その目からは血が
流れた。だから、A山に生えるススキの中は赤く、A山の麓に
住む一族には、左右で目の大きさが異なる人が多い。”

父の村はこのA山の麓にあるので、「私も目の大きさが違ったりするの
かしら…」とドキドキしながら鏡を眺めたりするのですが、真偽の程は
不明です。(違うといえば違うような…微妙。)

山はよくケンカをします。関西の山で言うと、愛宕山と比叡山もどっちの
背が高いかで揉めてケンカをしています。
あんな雄大な山々もそんなことでケンカするんだなぁ、と思うと自分の
心がおおらかになるような、ならないような。

(永山)


◆◇5:ことばこ ——言葉の箱 ◇◆
//業界用語や専門用語を、わかりやすくご紹介します。 ◇◆

【fps】

「fps」つまりフレームレート「Frames Per Second」
1秒あたりに画像数が何枚あるかを表す単位です。

最近、ハイスピードカメラを使う機会が多くなっており
どれくらいのfpsなら目的の物を見れるかを試行錯誤の最中です。

一般的によく見かけるのがパソコンで動画を見る時だと思います。
60fpsとあるならば1秒を60コマ分割されており
120fpsならその倍となり動きが滑らかになっていきます。
逆に10fpsと低くなるとカクついて見えてしまいます。

ただ、人間の目は勝手に補完し動いているように処理するので
よほど低くない限り気にならないもんです。

ちなみに実際に使って見たときは1000fpsで撮ったのですが、
ここまでスローモーションで見えるのか!と興奮してました。

(金銅)


◆◇6:後記 ◇◆

【国際ロボット展のお知らせ】

来月12月2日~5日に東京ビッグサイトで開催される
『2015国際ロボット展』に当社は出展します。

皆様の期待に応えることができる製品を
展示できるのではないかと考えております。

詳しくは改めて告知をさせていただきますので、
皆様楽しみにお待ちください!!

(早川)


◇ロボット技術者集まれ!
好奇心旺盛なロボット技術者の方を求めています!
詳細は、こちらをご参照ください。
http://goo.gl/nVlpTC

◇新卒者の方も、お気軽にお問合せください!
https://www.squse.co.jp/about/inquiry.php

──────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを
どうぞ、よろしくお願いします!!!
──────────────────────────────────

スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から