新着情報

【SQUSE通信 Vol.408】体調管理にはくれぐれも注意しましょう。
メルマガ
2016年02月03日

◇ ̄ SQUSE通信 ̄ FAとロボットが夢でつながっていくさま ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄◇
◆ 体調管理にはくれぐれも注意しましょう。 ◆
◇___________________________2016/2/3Vol.408◇

おはようございます。
寒い日が続いていますが皆様、体調の方は大丈夫でしょうか。

先月29日に国立感染症研究所からインフルエンザの流行が全国的に広まり、
注意報レベルに達したと発表がありました。

例年、流行期入りが年越し前だったのですが、
今期は年明けと9年ぶりに遅めの時期ということです。

ただし注意報は例年並みの時期となりますので、
それだけ急に流行しているということだと思います。

皆様も昨日元気だったからといって今日も大丈夫と思わずに、
手洗いうがいなどをして健康管理には十分注意して頂くようにお願いします。


本日もよろしくお願いいたします!

┏◆◇今日のコンテンツ◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
1:ホットニュース! 【NEDO様助成予定先に選ばれました など】
2:インフォメーション!【WEB掲載情報 など】
3:ウィークリートーク【出張】
4:好きこそモノの上手なれ【趣味さがし】
5:ことばこ【虹彩認識】
6:後記【インフルエンザ】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
このメールは弊社社員とコンタクトいただいたお客様、展示会でお名刺交換を
させていただいたお客様などへお送りさせていただいております。
配信をご希望されない場合は末尾より解除手続きをお願いいたします。

◆◇1:ホットニュース!◇◆

◇ロボット活用型市場化適用技術開発プロジェクトに当社が助成予定先として選ばれました。
今後当社は国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)様の
取組みに参画させていただくこととなりました。本取組みはロボットの活用・普及の促進に向けて、
ユーザーニーズと市場化出口を明確にしたロボット活用技術開発を実施するものであり、
当社は「ダイレクトティーチング機能を搭載した多能工ロボット開発」を行ってまいります。
ものづくり分野およびサービス分野を対象としたロボット活用技術を開発することにより、
新たにロボットを導入する業種・分野、工程の拡大を図るとともに、
ロボットの市場規模の増大を目指します。

◇7月15日付読売新聞にて弊社の取り組みが掲載されました。
長崎県南島原市でトマト収穫ロボットの実験が行われました。
トマト収穫ロボットの作成を弊社が担当しており、
ロボットの画像とともに「手作業を代替できる分野なら市場を広げていける」
と弊社社長清水のコメントを掲載して頂いています。

◇7月6日付日本経済新聞にて弊社の取り組みが掲載されました。
食品工場で人間に代わって食品を運搬ケースに収めるシステムを開発
自在に動くロボットアームとコンベヤーを連携させてパッケージ化
個別に設計した場合は1年程度かかる現場への導入期間を
最短1ヵ月に圧縮するとご紹介いただきました。


◆◇2:インフォメーション!◇◆

◇WEBサイト「ビジョナリー」に掲載されました。
掲載記事はこちらからご覧ください。
http://job.j-sen.jp/visionary/president/article/98/

◇「京都の社長.tv」にて、弊社社長、清水の番組が公開されています。
ご視聴は弊社ホームページのバナーからどうぞ。
http://www.squse.co.jp/

◆◇3:ウィークリートーク //若手社員のミニエッセイ ◇◆

【出張】

1月19日から別の工場へ出張して、2週間になります。
朝から夜遅くまでいるので、この2週間は長く感じています。

ですが、自分が関わっている案件の、実際に組み上がっている姿を見ると

「ここはこうなっていたんだ」、「こうすればよかった」

といった理解が深まったり、改善点が見えてきて、
次の仕事への経験値になります。

大事な時期に何とかしてでも踏ん張って、いいものを作っている先輩方の背中を見て
経験値を稼ぎながら、この2月を乗り切っていきたいです。

(髙田)


◆◇4:好きこそモノの上手なれ //多彩です!SQJIN! ◇◆

【趣味さがし】

「好きこそ物の上手なれ」という言葉がありますが、
私はあの言葉によく悩まされることがあります。

意味は皆さん知っていると思いますが、
「どんなことであっても、人は好きなものに対しては
熱心に努力するので、上達が早いということ。」という意味です。

しかし、逆に上手ではないものは好きといえないのではないのか
という気持ちに苛まれることが多々あります。
気にしすぎだと思いますが、そういうことがあって
趣味は何かと聞かれると困ってしまいます。

まぁ、実際一番楽しいのは何かと聞かれると、
布団の中でぬくぬくするのが冬は一番楽しいのが
現状なのも問題ですが…

(永澄)

◆◇5:ことばこ ——言葉の箱 ◇◆
//業界用語や専門用語を、わかりやすくご紹介します。 ◇◆

【虹彩認識】

昨年、某F社のスマートフォンに虹彩認識という機能が搭載されました。
虹彩認識とは生体認証技術の1つで、目の虹彩という部分の画像を用いて、
個人を認識する技術です。
(虹彩は瞳孔の周りの色のついた部分、いわゆる黒目の部分)

虹彩認識は、画面を見ているだけで一瞬で認証でき、
誤認識の確率も120万分の1と非常に低いそうです。
スマホの入力に未だなれない自分にとっては、
パスワードを入力せずに画面を見ているだけで認識してくれるのは、
非常にありがたいです。

こういった少し未来の感じがしていた技術が、
スマホという身近な機器に、しかもかなり実用的な形で搭載されるように
なってくるのは、やはり技術は進歩しているのだなと感じます。
人工知能や音声認識などの技術を手軽に使っているSFのような時代が、
すぐに目の前まで来ているような気がしてわくわくします。

(和田)


◆◇6:後記 ◇◆

【インフルエンザ】

私のまわりでもちらほらインフルエンザにかかっている人がいます。

私も小さい子供がいますから、周りから『うつされないように』注意をしていますが、
インフルエンザにかかってしまった人も誰かから『うつされている』わけで、
(人の体から勝手にインフルエンザウイルスが出てくるはずもないので)
これをどんどんたどっていけばどこにたどりつくんだろう、と不思議に思う今日この頃です。

さて、上記に『うつされないように』と強調して書きはしましたが、
私個人としては、健康管理は『自己責任』と思っています。

(インフルエンザにかかってしまった人が悪いとは思っていませんのであしからず。)


(早川)

◇ロボット技術者集まれ!
好奇心旺盛なロボット技術者の方を求めています!
詳細は、こちらをご参照ください。
http://goo.gl/nVlpTC

◇新卒者の方も、お気軽にお問合せください!
https://www.squse.co.jp/about/inquiry.php

──────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを
どうぞ、よろしくお願いします!!!
──────────────────────────────────

スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から