新着情報

【SQUSE通信 Vol.409】洛陽工業高校様インターンシップ
メルマガ
2016年02月10日

◇ ̄ SQUSE通信 ̄ FAとロボットが夢でつながっていくさま ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄◇
◆ 洛陽工業高校様インターンシップ ◆
◇__________________________2016/2/10Vol.409◇

おはようございます。

先週末まで洛陽工業高校の生徒さんがインターンシップに来社されていました。
洛陽工業高校さんには当社のロボット(ASD-1100)をお貸ししていることもあり、
操作講習や安全講習、現場での組立て業務にご参加頂きました。

本当に素直にまじめに取り組んで頂き、私たちも初心を
大切にしないといけないなと思い返すよい機会になりました。

生徒さんへ
3日間ありがとうございました!お疲れさまでした!

本日もよろしくお願いいたします!

┏◆◇今日のコンテンツ◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
1:ホットニュース! 【NEDO様助成予定先に選ばれました など】
2:インフォメーション!【WEB掲載情報 など】
3:ウィークリートーク【初詣】
4:好きこそモノの上手なれ【整理整頓術】
5:もっとロボット【Soft Robotics】
6:後記【85%以上柔らかいかもしれません】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
このメールは弊社社員とコンタクトいただいたお客様、展示会でお名刺交換を
させていただいたお客様などへお送りさせていただいております。
配信をご希望されない場合は末尾より解除手続きをお願いいたします。

◆◇1:ホットニュース!◇◆

◇ロボット活用型市場化適用技術開発プロジェクトに当社が助成予定先として選ばれました。
今後当社は国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)様の
取組みに参画させていただくこととなりました。本取組みはロボットの活用・普及の促進に向けて、
ユーザーニーズと市場化出口を明確にしたロボット活用技術開発を実施するものであり、
当社は「ダイレクトティーチング機能を搭載した多能工ロボット開発」を行ってまいります。
ものづくり分野およびサービス分野を対象としたロボット活用技術を開発することにより、
新たにロボットを導入する業種・分野、工程の拡大を図るとともに、
ロボットの市場規模の増大を目指します。

◇7月15日付読売新聞にて弊社の取り組みが掲載されました。
長崎県南島原市でトマト収穫ロボットの実験が行われました。
トマト収穫ロボットの作成を弊社が担当しており、
ロボットの画像とともに「手作業を代替できる分野なら市場を広げていける」
と弊社社長清水のコメントを掲載して頂いています。

◇7月6日付日本経済新聞にて弊社の取り組みが掲載されました。
食品工場で人間に代わって食品を運搬ケースに収めるシステムを開発
自在に動くロボットアームとコンベヤーを連携させてパッケージ化
個別に設計した場合は1年程度かかる現場への導入期間を
最短1ヵ月に圧縮するとご紹介いただきました。


◆◇2:インフォメーション!◇◆

◇WEBサイト「ビジョナリー」に掲載されました。
掲載記事はこちらからご覧ください。
http://job.j-sen.jp/visionary/president/article/98/

◇「京都の社長.tv」にて、弊社社長、清水の番組が公開されています。
ご視聴は弊社ホームページのバナーからどうぞ。
http://www.squse.co.jp/

◆◇3:ウィークリートーク //若手社員のミニエッセイ ◇◆

【初詣】

今年に入って初めての投稿となります、三宅です。

一か月遅れのご挨拶となりますが、
新年明けましおめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

さて、みなさんは三が日に初詣に行かれたでしょうか!?
自分は伊勢神宮へ初詣に行って参りました。

毎年初詣は友人と行くことにしているのですが、
今年はみんな忙しく連絡を取り合うことができず一人で
行くことになったのですが、なんとなんと行きの列車で
ばったり会ったのです。
正に一年の計は元旦にありです。
友人と楽しく会話し有意義な時間を過ごしました。

初詣の後は友人と初プチ旅行で静岡へ行って来ました。
元日の静岡は晴れていて富士山を拝むことができ、
すがすがしい気分でした。

昨年一年の「感謝の気持ち」を捧げ、
新年を迎えて「新たな誓い」をする。

みなさん今後ともよろしくお願い致します!

(三宅)

◆◇4:好きこそモノの上手なれ //多彩です!SQJIN! ◇◆

【整理整頓術】

最近は本屋さんに行くと整理整頓術の本をよくみかけます。
私の家の中も、引越し当初よりも物が増えて大変な状態になってきているので
この整理整頓術を使って『常に綺麗な家にしようプロジェクト』を勝手に立ち上げました。

①不要な物は捨てて、物を減らす。(整理)
②生活の動線(流れ)を考えて配置場所を決める。
③使いやすい・分かりやすい・綺麗に見えるを心がけて物を配置する。(整頓)
④後は決めた配置場所を守り、使いにくいと感じたら配置移動。

以上の順番で続けていくと自然と常に整理されている状態が続くはず。
常に不要な物が出ていない、綺麗な部屋にできるように頑張ります。

ちなみに私は整理整頓は昔から大の苦手ですが、
物を片づける配置を決めてしまえば無理なくできそうです。

(東井)

◆◇5:もっとロボット!
//業界用語や専門用語を、わかりやすくご紹介します。 ◇◆

【Soft Robotics】

昨年の秋に、ヨーロッパを代表するロボット研究者である知られるRolf Pfeifer
博士の講演会が京都であり、参加してきました。

Pfeifer博士は同大学でコンピュータサイエンス学科の教授や人工知能研究所の所長
を務めるとともに、ロボットを通じて身体と知能の関係や、認知の仕組みを研究して
こられた、認知ロボティクスの権威です。

講演の中で、博士はSoft Roboticsというキーワードを紹介されました。人体の
85%は皮膚や筋肉のような柔らかい材質でできており、ロボットが今後より高性能
かつ身近なものになるには、柔軟素材の活用が鍵になるだろうということでした。
一例として、トカゲが長い舌を伸ばして虫を捕るのに似た、ドイツFESTO社の
"カメレオン型ハンドリングデバイス"を紹介され、その発想には驚きました。

私たちも柔軟素材デバイスである空気圧アクチュエータを製造していますが、
さらにユニークなデバイスが実現できないものかと思います。軸受や直動ガイドと
いった、機械要素の機能を柔軟素材で代替すると?、などと問題を細分化して考えると、
何かしらヒントが得られるかもしれません。

(中村)

◆◇6:後記 ◇◆

【85%以上柔らかいかもしれません】

先日、高校時代の友人の結婚式に行ってきました。

久しぶりに会う友人たちと楽しい時間を過ごせ、
また新郎新婦の幸せそうな顔を見ることができ充実した一日だったのですが、
ちょっと気になる点が一つだけ。

「肥えたな」と一言友人に指摘されまして、
たしかに当時より多くの経験を積み、人として豊かになりましたが、
彼曰くそうではなく、ただ単に「太った」とのことです。

耳を疑うその一言に半信半疑、昔の写真と今の自分を見比べますと、
確かに肥えていました。見る影もありません。

上記の「Soft Robotics」に書かれているように、
人体の85%は柔らかいものだとすると私は90%ぐらい柔らかいかもしれません。

ということで、今年の目標が一つ増えました。
今年は筋肉をつけたいと思います!

(早川)

◇ロボット技術者集まれ!
好奇心旺盛なロボット技術者の方を求めています!
詳細は、こちらをご参照ください。
http://goo.gl/nVlpTC

◇新卒者の方も、お気軽にお問合せください!
https://www.squse.co.jp/about/inquiry.php

──────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを
どうぞ、よろしくお願いします!!!
──────────────────────────────────

スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から