新着情報

【SQUSE通信 Vol.412】本年度もあとわずか!
メルマガ
2016年03月02日

◇ ̄ SQUSE通信 ̄ FAとロボットが夢でつながっていくさま ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄◇
◆ 本年度もあとわずか! ◆
◇__________________________2016/3/2Vol.412◇

おはようございます。

今年度も残すところあと1ヶ月です。
もう少しで桜が咲く季節、春がやってくると思うとわくわくします。

ただ1つ問題がありまして、3月~4月はスギ花粉のピークです。
認めたくはないですが、昨年から花粉症を発症しています。

目がかゆくなることを考えると春も考えものだなと思ってしまいます。
(桜がもっと長く咲いて、花粉症がこの世からなくなればいいのにと思う今日この頃です)

本日もよろしくお願いいたします!

┏◆◇今日のコンテンツ◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
1:ホットニュース! 【NEDO様助成予定先に選ばれました など】
2:インフォメーション!【WEB掲載情報 など】
3:ウィークリートーク【画面作成】
4:好きこそモノの上手なれ【お宮参り】
5:ことばこ【福祉ロボット】
6:後記【タッチパネル】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
このメールは弊社社員とコンタクトいただいたお客様、展示会でお名刺交換を
させていただいたお客様などへお送りさせていただいております。
配信をご希望されない場合は末尾より解除手続きをお願いいたします。

◆◇1:ホットニュース!◇◆

◇ロボット活用型市場化適用技術開発プロジェクトに当社が助成予定先として選ばれました。
今後当社は国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)様の
取組みに参画させていただくこととなりました。本取組みはロボットの活用・普及の促進に向けて、
ユーザーニーズと市場化出口を明確にしたロボット活用技術開発を実施するものであり、
当社は「ダイレクトティーチング機能を搭載した多能工ロボット開発」を行ってまいります。
ものづくり分野およびサービス分野を対象としたロボット活用技術を開発することにより、
新たにロボットを導入する業種・分野、工程の拡大を図るとともに、
ロボットの市場規模の増大を目指します。

◇7月15日付読売新聞にて弊社の取り組みが掲載されました。
長崎県南島原市でトマト収穫ロボットの実験が行われました。
トマト収穫ロボットの作成を弊社が担当しており、
ロボットの画像とともに「手作業を代替できる分野なら市場を広げていける」
と弊社社長清水のコメントを掲載して頂いています。

◇7月6日付日本経済新聞にて弊社の取り組みが掲載されました。
食品工場で人間に代わって食品を運搬ケースに収めるシステムを開発
自在に動くロボットアームとコンベヤーを連携させてパッケージ化
個別に設計した場合は1年程度かかる現場への導入期間を
最短1ヵ月に圧縮するとご紹介いただきました。


◆◇2:インフォメーション!◇◆

◇WEBサイト「ビジョナリー」に掲載されました。
掲載記事はこちらからご覧ください。
http://job.j-sen.jp/visionary/president/article/98/

◇「京都の社長.tv」にて、弊社社長、清水の番組が公開されています。
ご視聴は弊社ホームページのバナーからどうぞ。
http://www.squse.co.jp/

◆◇3:ウィークリートーク //若手社員のミニエッセイ ◇◆

【画面作成】

もうすぐ3月になり、SQUSEに入社してあと1か月で1年になります、高田です。

今、私は本社工場内で、ある装置のタッチパネルの画面作成を行っています。
(ロボットの制御用の画面、センサを確認する画面、コンベアの制御画面などを作っています。)

タッチパネルの画面は、目に見えて作りの良し悪しがわかるので、
逆にいえば、ここができていれば、より綺麗な装置として見えます。

まだまだ作りこみが甘いですが、先輩の指示をよく聞いて、
装置の機能が過不足なく入り、製作者だけではなく、他の人でもわかりやすく、
容易に操作が可能な画面を目指して作っていきます。


(髙田)

◆◇4:好きこそモノの上手なれ //多彩です!SQJIN! ◇◆

【お宮参り】

先日の週末に娘のお宮参りに行ってきました。
お宮参りは地元の氏神(うじかみ)さまに子供の生誕を報告すると共に、
健やかな成長を祈願する行事です。

私の生まれた京都の神社で行ったのですが、
2年前の長男のお宮参りの際に、私の母親が息子の額に”大”の文字を
紅色で書きまじめました。
『綾子(あやつこ)』といい魔除けの印だそうで、
京都を中心とした関西の風習だそうですが、
滋賀出身の妻は全く知りませんでした。

神社へ行く道中でぼそっと、『あの額に文字書くのやめてほしいんやけど』
っと言われましたが、そんな事は言えるはずもなく、
今回は”小”の文字を書かれました。

息子が終始落ち着きなかったですが、無事に初めての行事が終わり、
健やかな成長を祈願できた週末になりました。

(梅川)

◆◇5:ことばこ ——言葉の箱 ◇◆
//業界用語や専門用語を、わかりやすくご紹介します。 ◇◆

【福祉ロボット】

高齢化のすすむ日本では「福祉ロボット」の分野が注目されています。

障害者の生活・学習・就労と、高齢者、傷病者の生活や介護、
介助の支援のための用具・機器を総称して福祉機器と言います。
その中でも、福祉機器にロボットを融合させた分野が「福祉ロボット」です。

人間を抱き上げたり、歩行を助けたり、
話し相手になったりと、様々な福祉ロボットが開発されていますが、
中にはお尻を自動で拭いてくれる、
介護用のトイレ型ロボットまで登場しています。
これからは一家に一台どころか、用途に合った様々な福祉ロボットが、
家庭で使われていくのかもしれません。

2015年に介護保険制度の見直しがあり、
保険の適用対象となる福祉ロボットが増加しました。
今後も、ますますロボットの活躍の場が広がっていきそうです。

(澤田)


◆◇6:後記 ◇◆

【タッチパネル】

携帯電話やゲーム機、PCなどなど、今はすごくなじみのあるタッチパネルですが、
ほんの10年前にはほとんど見かけなかったように思います。
(10年は決して短い期間ではないですが、本当に技術の進歩は早いですね)

それまではボタンが当たり前だったので、タッチパネルで操作できる商品を見た時は
『なんてハイテクなんだ』と衝撃を受けました。

今や当たり前のことも出始めのころは革新的。
当社も革新技術工場として世に革新的をお届けしたいと思います。

(早川)

◇ロボット技術者集まれ!
好奇心旺盛なロボット技術者の方を求めています!
詳細は、こちらをご参照ください。
http://goo.gl/nVlpTC

◇新卒者の方も、お気軽にお問合せください!
https://www.squse.co.jp/about/inquiry.php

──────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを
どうぞ、よろしくお願いします!!!
──────────────────────────────────

スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から