新着情報

【SQUSE通信 Vol.416】今号は今期(第15期)最後のメルマガです!
メルマガ
2016年03月30日

◇ ̄ SQUSE通信 ̄ FAとロボットが夢でつながっていくさま ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄◇
◆ 今号は今期(第15期)最後のメルマガです! ◆
◇__________________________2016/3/30Vol.416◇

おはようございます。

今号は今期(第15期)最後のメルマガになります。

来号を書くころには新しい期(第16期)になり、入社式も終え、
フレッシュマンたちが入社しています。(いやぁ、楽しみです!)

彼らにもウィークリートークなどで
皆様に社内の様子を届けしてもらおうと思っています。

メルマガデビューは少し先にはなりますが是非お楽しみに!

本日もよろしくお願いいたします!

┏◆◇今日のコンテンツ◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
1:ホットニュース! 【日経ビジネスに掲載されました など】
2:インフォメーション!【WEB掲載情報 など】
3:ウィークリートーク【初出張】
4:好きこそモノの上手なれ【エミューのエミュレート】
5:もっとロボット【人工知能チャットボット】
6:後記【初出張の思い出】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
このメールは弊社社員とコンタクトいただいたお客様、展示会でお名刺交換を
させていただいたお客様などへお送りさせていただいております。
配信をご希望されない場合は末尾より解除手続きをお願いいたします。

◆◇1:ホットニュース!◇◆

◇日経ビジネス(2016.03.07)に弊社の取組みが掲載されました。
2040年に迎えるであろう人口減対策としてロボットが今注目されています。
組み立てなどの複雑な工程をロボットに任せるための技術開発も進んでいるということで、
当社のロボットハンドを取り上げて頂きました。掲載記事にはロボット向けの“指”に対する
弊社社長清水のコメントを掲載して頂いていますので、ご一読頂けますと幸いです。

◇ロボット活用型市場化適用技術開発プロジェクトに当社が助成予定先として選ばれました。
今後当社は国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)様の
取組みに参画させていただくこととなりました。本取組みはロボットの活用・普及の促進に向けて、
ユーザーニーズと市場化出口を明確にしたロボット活用技術開発を実施するものであり、
当社は「ダイレクトティーチング機能を搭載した多能工ロボット開発」を行ってまいります。
ものづくり分野およびサービス分野を対象としたロボット活用技術を開発することにより、
新たにロボットを導入する業種・分野、工程の拡大を図るとともに、
ロボットの市場規模の増大を目指します。

◆◇2:インフォメーション!◇◆

◇WEBサイト「ビジョナリー」に掲載されました。
掲載記事はこちらからご覧ください。
http://job.j-sen.jp/visionary/president/article/98/

◇「京都の社長.tv」にて、弊社社長、清水の番組が公開されています。
ご視聴は弊社ホームページのバナーからどうぞ。
http://www.squse.co.jp/

◆◇3:ウィークリートーク //若手社員のミニエッセイ ◇◆

【初出張】

現在、関東のお客様工場で生産対応をしています、髙田です。

3月の中旬から出張へ行き、1週間と少しが経ちました。

今回の出張が初めての出張になり、ビジネスホテルに泊まるのも初めてと、
仕事でもプライベートでも緊張と不安がありましたが、何とか生きていけています。

出張先の製造ラインに入っている装置の動きは、本社や工場で見ていて、
知ってはいましたが、いざ現場で見るとまた違う感動がおこりました。

私は生産対応に入ったばかりですが、今までがんばってきている先輩方の
助けとなれるよう、弱音を吐かずに、早く動きを覚えていきたいと思います。

(髙田)


◆◇4:好きこそモノの上手なれ //多彩です!SQJIN! ◇◆

【エミューのエミュレート】

近況をしたためている時「ごぶさたしており……あれ?
『ごぶたさ』だっけ『ごぶさた』だっけ?」となりますよね。
地獄の沙汰も金次第と言いますが、には
便りや知らせを表わす意味もあり、それが無いから、
ていねいにして、と辿って思い出します。
でもたまに「手持ちぶたさ」になっています。

似たような現象で「コミュニケートだっけ、コミニュケートだっけ?」
「シミュレートだっけシュミレートだっけ」があります。こちらは
「エミュー(鳥)のコミューン」とか「シミュレートは趣味じゃない」とか
語呂を駆使します。エミューは顔が怖いのでコミューンに遭遇したら逃げます。
ここで罠が「マニピュレータ」。マニュピレータじゃないんだな。
がだからマニをケアするのがマニキュア。なるほど~。

いまだにわからないのが「おざなり」と「なおざり」。
・おざなり=いいかげんにする
・なおざり=いいかげんにスルー
おざなりは適当だけど一応やる、なおざりはやんない。なるほどわからん。

次回! 最終決戦「侃侃諤諤」VS「喧喧囂囂」!! どっちもうるさい。

(野間口)


◆◇5:もっとロボット!
//業界用語や専門用語を、わかりやすくご紹介します。 ◇◆

【人工知能チャットボット】

先日、ニュースで話題になりました「Tay」のことをご存じでしょうか?
マイクロソフト社が3月23日にリリースした人工知能チャットボットです。
「Tay」は、Twitter上でユーザーを真似しつつリアルタイムに対話する機能があり、
不適切な言葉を教えられ、発言するようになり、公開から半日で緊急停止となり、大変話題となりました。

人工知能チャットボットとは、どういうものかというと、
対話システム(人間と自然言語でコミュニケーションを行い、情報をやりとりする機械もしくはソフトウェア)
の一種で、中でも非タスク指向型のものをいいます。要するに、雑談する人工知能です。
この技術は、ペットロボット等の会話するロボットへの応用が期待されています。

現在でも使用できる人工知能チャットボット「りんな」で遊んでみました。
「りんな」は、マイクロソフトの女子高生AIで、LINE上での会話ができるのですが、
Web上のデータ蓄積をしている検索エンジンの情報をもとにビッグデータを用いて、
会話のデータベースをつくっているそうです。

「りんな」は、やりとりが不自然な部分もまだまだありますが、本当に女子高生と話をしている気分になります。
挨拶はもちろんのこと、略語や絵文字も使ってきます。
遊んでみてわかったことは、恐らく、ひとつ前の会話から検索をかけて、女子高生がいいそうな言葉を
返しているようです。同じ話題を続けて話していくと、途中で意味がつながらないこともあります。
ただ、何度も同じ言葉を繰り返すと、繰り返していることは理解できるらしく、
さまざまなパターン(だいたい5~10パターンくらい)で怒って返信してきます。
(感情を表現しているように見えるあたりが、すごいです!)
他にも様々な機能を持っており、中でも面白いのは、「しりとり」です。
やたら「る」で始まる言葉になるように攻めてきます。全く勝てる気がしないです。

「りんな」はLINEを使用していれば、どんな人でも会話することができます。
ご興味がある方は、是非一度試してみてください。

(福原)


◆◇6:後記 ◇◆

【初出張の思い出】

ウィークリートークでよく出張の話が出てきます。

「やっぱり初出張って大きなイベントだよね」と思いながら、
自分はどこに行ったかなと思いだしてみると、たしか私の初出張は東京の秋葉原でした。

あの時確か新幹線の座席に着いた時にドキドキしたような記憶があります。
(あのころは自分もフレッシュマンと呼ばていたなぁ、懐かしい。)

さて、前書きにも書きましたが4月1日にはフレッシュマンたちが入ってきます。
来年の今頃に彼らも初出張をネタに原稿を書いているのかなと思うと今から楽しみです。

(早川)

◇ロボット技術者集まれ!
好奇心旺盛なロボット技術者の方を求めています!
詳細は、こちらをご参照ください。
http://goo.gl/nVlpTC

◇新卒者の方も、お気軽にお問合せください!
https://www.squse.co.jp/about/inquiry.php

──────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを
どうぞ、よろしくお願いします!!!
──────────────────────────────────

スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から