新着情報

【SQUSE通信 Vol.417】新しい期がはじまりました!
メルマガ
2016年04月06日

◇ ̄ SQUSE通信 ̄ FAとロボットが夢でつながっていくさま ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄◇
◆ 新しい期がはじまりました! ◆
◇__________________________2016/4/6Vol.417◇

おはようございます。

先日無事入社式を終えることができました。

新入社員たちは全社員の前に立ち自己紹介をするのが通例ですが、
今年もこれがなかなか堂々としたもので、襟を正す思いでした。

彼らが入ってきてくれたおかげで社内がまた一段と明るくなりそうです。
今年の新入社員にも是非ご期待下さい!

本日もよろしくお願いいたします!

┏◆◇今日のコンテンツ◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
1:ホットニュース! 【日経ビジネスに掲載されました など】
2:インフォメーション!【WEB掲載情報 など】
3:ウィークリートーク【春を迎えて】
4:好きこそモノの上手なれ【電子書籍】
5:ことばこ【ロボット特別安全講習】
6:後記【とある日の出来事】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
このメールは弊社社員とコンタクトいただいたお客様、展示会でお名刺交換を
させていただいたお客様などへお送りさせていただいております。
配信をご希望されない場合は末尾より解除手続きをお願いいたします。

◆◇1:ホットニュース!◇◆

◇日経ビジネス(2016.03.07)に弊社の取組みが掲載されました。
2040年に迎えるであろう人口減対策としてロボットが今注目されています。
組み立てなどの複雑な工程をロボットに任せるための技術開発も進んでいるということで、
当社のロボットハンドを取り上げて頂きました。掲載記事にはロボット向けの“指”に対する
弊社社長清水のコメントを掲載して頂いていますので、ご一読頂けますと幸いです。

◇ロボット活用型市場化適用技術開発プロジェクトに当社が助成予定先として選ばれました。
今後当社は国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)様の
取組みに参画させていただくこととなりました。本取組みはロボットの活用・普及の促進に向けて、
ユーザーニーズと市場化出口を明確にしたロボット活用技術開発を実施するものであり、
当社は「ダイレクトティーチング機能を搭載した多能工ロボット開発」を行ってまいります。
ものづくり分野およびサービス分野を対象としたロボット活用技術を開発することにより、
新たにロボットを導入する業種・分野、工程の拡大を図るとともに、
ロボットの市場規模の増大を目指します。

◆◇2:インフォメーション!◇◆

◇WEBサイト「ビジョナリー」に掲載されました。
掲載記事はこちらからご覧ください。
http://job.j-sen.jp/visionary/president/article/98/

◇「京都の社長.tv」にて、弊社社長、清水の番組が公開されています。
ご視聴は弊社ホームページのバナーからどうぞ。
http://www.squse.co.jp/

◆◇3:ウィークリートーク //若手社員のミニエッセイ ◇◆

【春を迎えて】

地元九州から京都へ出てきて6年間、ずっと1人暮らしをしていたのですが、
3月から2人暮らしになりました。
妹が就職のためにこちらへ越して来て、一緒に住むことになったためです。

妹との生活が始まってまだ1ヶ月も経っていないのですが、
もう1人暮らしには戻れないなぁと思っています。
家に帰って家族が居るというのはいいですね、
やはり1人の生活は寂しかったです。

4月1日から妹も社会人として働いています。
私は新たな環境で奮闘する妹の姿を見ながら、、
自分はどんな社会人になりたいのかを改めて考えています。
(最近そういったことをほとんど考えずに
仕事をしていたな…と気づきました。反省です。)
目標のために勉強の時間を作ったり上司の方に話を伺ったりして、
改めて一歩一歩やっていこう!と思っています。

(永山)

◆◇4:好きこそモノの上手なれ //多彩です!SQJIN! ◇◆

【電子書籍】

電子書籍と言えば、今や生活の中にだいぶ浸透していて、
某AからZまで揃う本屋さんや、
某野球のオーナー企業などから簡単に購入できるので、
一度は目または耳にされた事が有るかと思います。

かく言う私は、本は厚みを感じたい派でして、
電子書籍を今まで購入する機会が有りませんでした。
しかし先日、10年来以上愛読している青年漫画の週刊誌が、
今年から電子書籍化されている事に気付き、
割引クーポンが使えた事もあって、早速購入してみました。

使ってみると、
持ち運びがコンパクトなことはもちろん、
目次から読みたい作品のページに飛べたり、
吹き出しの文字がワンタッチで拡大できたり、
紙にはない便利さに驚かされました。

何よりも、たまった雑誌を古紙回収に出す手間が省けるので、
これからますます電子書籍を活用していくことになりそうです。

(澤田)

◆◇5:ことばこ ——言葉の箱 ◇◆
//業界用語や専門用語を、わかりやすくご紹介します。 ◇◆

【ロボット特別安全講習】

新年度が始まり、通勤電車内もフレッシュな社会人が増えてきました。
新入社員が入社して、まずは基本的な勉強の為に新人教育をされれる所が多いと思います。

弊社でも、新人教育として色々な研修を予定しておりますが
その中の一環として『ロボット特別安全講習』も行っております。

ロボット特別安全講習とは、
労働安全衛生法第59条・第36条により産業用ロボット作業者に義務付けられている安全教育です。
ロボットの操作は大変危険を伴う作業の為、この講習を受けないと操作を行う事が出来ないです。
弊社では各社様々なロボットを使用して装置を作っているため、この講習は必須となります。

今年もこの講習を通してロボット操作の基本を覚えて頂き、
いつの日か現場でバリバリとロボット操作をしてくれる事を楽しみにしています。

本講習については、お客様のご要望に応じて随時開催しておりますので
お気軽にご連絡いただければと思います。

(東井)

◆◇6:後記 ◇◆

【とある日の出来事】

今月に入って愛娘が丸いボールをきれいにつかむようになりました。

ボール遊びを始めたころは手のひら全体で力いっぱい握っていましたが、
今はスプーンのように手のひらを丸めボールを乗せたり、指先でにぎったり。

彼女はいろんな角度からいろんな向きでボールをつかみ、
離してはまたつかむという動作の繰り返し、この動きを習得したんだと思います。
わが子の成長とは本当にうれしいものですね。感動の瞬間です。

可愛いわが子の成長を願い「次はこう掴んでみようか」と、
声をかけながら愛娘の手をボールにもっていく瞬間に

『ダイレクトティーチング』

という言葉が思い浮かんでしまった私。親バカならぬ仕事バカでしょうか。

(早川)

◇ロボット技術者集まれ!
好奇心旺盛なロボット技術者の方を求めています!
詳細は、こちらをご参照ください。
http://goo.gl/nVlpTC

◇新卒者の方も、お気軽にお問合せください!
https://www.squse.co.jp/about/inquiry.php

──────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを
どうぞ、よろしくお願いします!!!
──────────────────────────────────

スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から