新着情報

【SQUSE通信 Vol.425】2017年新卒採用活動はじめました。
メルマガ
2016年06月15日

◇ ̄ SQUSE通信 ̄ FAとロボットが夢でつながっていくさま ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄◇
◆ 2017年新卒採用活動はじめました。 ◆
◇__________________________2016/6/15Vol.425◇

おはようございます。

この場をお借りしまして、当社2017年新卒採用活動に関するご案内をさせて頂きます。
来週6月23日-24日に天満橋のOMMビルで開催される就職博に参加します。

随時ホームページにも採用情報を公開していきますので、
ロボットや物作りに興味をお持ちの方、是非当社選考活動にご参加ください!

就職博はこちらから
http://www.gakujo.ne.jp/2017/events/detail/osaka/

本日もよろしくお願いいたします!

┏◆◇今日のコンテンツ◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
1:ホットニュース! 【日経ビジネスに掲載されました など】
2:インフォメーション!【WEB掲載情報 など】
3:ウィークリートーク【烏鷺、方円、欄柯、手談】
4:好きこそモノの上手なれ【プラモデル】
5:ことばこ【破壊して強度が上がる】
6:後記【先行者利益】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
このメールは弊社社員とコンタクトいただいたお客様、展示会でお名刺交換を
させていただいたお客様などへお送りさせていただいております。
配信をご希望されない場合は末尾より解除手続きをお願いいたします。

◆◇1:ホットニュース!◇◆

◇日経ビジネス(2016.03.07)に弊社の取組みが掲載されました。
2040年に迎えるであろう人口減対策としてロボットが今注目されています。
組み立てなどの複雑な工程をロボットに任せるための技術開発も進んでいるということで、
当社のロボットハンドを取り上げて頂きました。掲載記事にはロボット向けの“指”に対する
弊社社長清水のコメントを掲載して頂いていますので、ご一読頂けますと幸いです。

◇ロボット活用型市場化適用技術開発プロジェクトに当社が助成予定先として選ばれました。
今後当社は国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)様の
取組みに参画させていただくこととなりました。本取組みはロボットの活用・普及の促進に向けて、
ユーザーニーズと市場化出口を明確にしたロボット活用技術開発を実施するものであり、
当社は「ダイレクトティーチング機能を搭載した多能工ロボット開発」を行ってまいります。
ものづくり分野およびサービス分野を対象としたロボット活用技術を開発することにより、
新たにロボットを導入する業種・分野、工程の拡大を図るとともに、
ロボットの市場規模の増大を目指します。

◆◇2:インフォメーション!◇◆

◇WEBサイト「ビジョナリー」に掲載されました。
掲載記事はこちらからご覧ください。
http://job.j-sen.jp/visionary/president/article/98/

◇「京都の社長.tv」にて、弊社社長、清水の番組が公開されています。
ご視聴は弊社ホームページのバナーからどうぞ。
http://www.squse.co.jp/

◆◇3:ウィークリートーク //若手社員のミニエッセイ ◇◆

【烏鷺、方円、欄柯、手談】

上のタイトルにつらつらと並べた熟語、なんだと思いますか?
すべて囲碁の別称なんです。ちょっとご紹介したいと思います。

「烏鷺(うろ)」は碁石の黒と白を烏と鷺(さぎ)に例えたもの。
「方円(ほうえん)」は碁盤と碁石の形を示したもの。
「欄柯(らんか)」は、「山中に迷い込んだ木こりが、不思議な童子たちが碁を打つのを
眺めていたところ、いつの間にか持って来ていた斧の柄(柯)が腐る(爛れる)
ほど時間が過ぎてしまっていた。」という昔話に由来するものです。

このように囲碁には様々な呼び名がありますが、
とりわけ私が好きな別称は「手で語る(談ずる)」という意味の「手談(しゅだん)」です。
「囲碁は会話です。相手の一手一手に意味があるのだから、
よほど相手が無理を言っているのでなければ、
こちらもきちんと返事をしなくてはいけないよ。」
と師匠に習ったのが思い起こされるのが理由にあります。

以前は趣味でよく打っていたんですが、
最近は打つ機会がすっかり減ってしまってご無沙汰の状況です。
一緒に手で談じてくれる人、いないかなぁ…。

(永山)

◆◇4:好きこそモノの上手なれ //多彩です!SQJIN! ◇◆

【プラモデル】

ミドルエイジの方々であれば、幼少のころにプラモデルの一つや二つ
作った思い出をお持ちの方も多いことと思います。
私も怪我で長期療養することを切っ掛けに、暇つぶしで再開し
今年で10年ほどが経過しました。
今のプラモデル業界は、金型技術の向上、CADを用いた設計の導入などで
昔とは全く違う、精密、精巧な組み立てができる世界になっています。

そのような世界は、子供がお小遣いで気軽に買える遊びではなくなってしまい
自由なお金があると勘違いされた、中年世代が狙い撃ちされているのですが
相反するように加齢は私たちの体を蝕み
年々細かなパーツがにじんで見えはじめ、手元がどんどん不安定になっています。

財布にも、体にもつらく、また、子供も生まれ、時間も、環境もそれを
快く許してはくれなくなり、今ではこれぞと思う商品のストックが時々
「密かに」増えていく状況が細々と続いています。

いつか、子供が大きくなったら、一緒に作る日を夢見て。

これを書いていたら、無性に作りたくなってきました。いろいろ頑張ります。

(神垣)

◆◇5:ことばこ ——言葉の箱 ◇◆
//業界用語や専門用語を、わかりやすくご紹介します。 ◇◆

【破壊して強度が上がる】

キャップがスクリューになっている缶コーヒーを開栓すると手に中身が
ブシャーッて付くのに腹を立て、美しく開ける方法を調べていたところ、
「開ける前に振るな・揺らすな・温めるな」のあまりにも当たり前な原則に
辿りついてしまいました。ここでこのコラムをおしまいにするのもアレなので
理由を説明すると、充填された窒素などが開栓時に外に飛び出していく際に
栓のスクリュー部分に入り込んだコーヒーを巻き込んで吹き出すからです。
スクリューからコーヒーが下に落ちるまで待つか、
待ちきれない時はハンカチで防御して開けましょう。

ちなみにダイヤカット型の缶は開栓すると内圧でペキョッとへこみ、
ダイヤ模様が浮き出ます。あれは、円筒型の物質を破壊する時に潰れる形にする
ことで強度を上げているのだそうです。
破壊された形なのに構造としての強度は上がって安定しているという形状です。
不思議ですね。
今度縦から空き缶踏んでみて、更にどういう模様が入るかやってみます。

逆に、捻り潰しやすいためゴミを減らせると謳うあのペットボトル、あれ
搬送時に積み上げたら下の方グシャーッてならへんのかなと思いましたが、
あのボトル、縦と横の荷重には強いらしいですよ。クッション性もあるし。
同じ多角形を向きを変えて積み上げた形状になっていて
円筒や、単純な多角形の柱より強いそうです。
今度縦から踏んでみます。私の体重に勝てると思うな。

(野間口)

◆◇6:後記 ◇◆

【先行者利益】

今回の原稿を読んでいて、目から鱗だったのでどうしても後記で書きたかったのですが、
みなさんは「破壊して強度が上がる」なんてことに着目したことはありますか?

某チュウハイの缶を見たときに「なんだこれ』程度にしか思わなかったですが、
理由を知れば知るほど納得ですね。これを開発した人達はすごいです。
(他の缶に同じような物がないので特許などを押さえているのでしょうか?)

何事も先陣を切ることは勇気がいりますが、成功した時のインパクトは大きいですよね。
当社もファーストムーバーアドバンテージを取れるよう日々切磋琢磨していきたいと思います。

(早川)

◇ロボット技術者集まれ!
好奇心旺盛なロボット技術者の方を求めています!
詳細は、こちらをご参照ください。
http://goo.gl/nVlpTC

◇新卒者の方も、お気軽にお問合せください!
https://www.squse.co.jp/about/inquiry.php

──────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを
どうぞ、よろしくお願いします!!!
──────────────────────────────────

スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から