新着情報

【SQUSE通信 Vol.442】基幹システムって???
メルマガ
2016年10月19日

◇ ̄ SQUSE通信 ̄ FAとロボットが夢でつながっていくさま ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄◇
◆ 基幹システムって??? ◆
◇__________________________2016/10/19Vol.442◇

おはようございます。

基幹システムといってもいろんなものがありますが、
毎日膨大なデータを基幹システムを介して処理することから、、
導入時点から高い完成度が要求されるシステムであることは間違いないです。
(私も基幹システム導入に携わりましたから身に染みて実感しています)

ただ、いきなり完成度を高めるといっても、
その業界や仕事、システムの知見がないと本当に難しいです。

さてそんな基幹システムですが、10月20日東京ビックサイトにて、
当社パートナーである株式会社FCSがセミナーを開催いたします!

詳しくは本メルマガの『セミナー紹介!』コーナーに
掲載をいたしますので、是非、皆さま確認くださいませ!

本日もよろしくお願いいたします!

┏◆◇今日のコンテンツ◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
1:セミナー紹介!【IoT対応を目指す製造業に求められる基幹システムの活かし方】
2:ホットニュース! 【日経ビジネスに掲載されました など】
3:インフォメーション!【WEB掲載情報 など】
4:ウィークリートーク【初めての出張】
5:好きこそモノの上手なれ【お土産】
6:ことばこ【ロボットって?】
7:後記【秋祭り】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
このメールは弊社社員とコンタクトいただいたお客様、展示会でお名刺交換を
させていただいたお客様などへお送りさせていただいております。
配信をご希望されない場合は末尾より解除手続きをお願いいたします。

◆◇1:セミナー紹介! //パートナー企業によるセミナーをご紹介 ◇◆

【IoT対応を目指す製造業に求められる基幹システムの活かし方】
(10/19-21開催 ITproEXPO 2016/GRANDIT DAYS 2016内)

在庫の可視化、納期短縮、IoT対応…
そんなお悩みがあるプロセス系製造業様のための講演です。
当講演では、プロセス系製造の管理に求められる
「基幹システムの機能」について解説。
さらに、今注目の「IoT」が製造業にもたらす影響についての洞察、
スキューズ製品と基幹システムの連携の話も登場します。

講演者:株式会社FCS 中里真仁氏
(株式会社FCSはスキューズの資本・業務提携パートナーです)

10月20日(木)15:00~16:40 @東京ビッグサイト
事前登録で無料!→ http://www.fcs21.jp/seminar/gdays/


◆◇2:ホットニュース!◇◆

◇日経ビジネス(2016.03.07)に弊社の取組みが掲載されました。
2040年に迎えるであろう人口減対策としてロボットが今注目されています。
組み立てなどの複雑な工程をロボットに任せるための技術開発も進んでいるということで、
当社のロボットハンドを取り上げて頂きました。掲載記事にはロボット向けの“指”に対する
弊社社長清水のコメントを掲載して頂いていますので、ご一読頂けますと幸いです。

◇ロボット活用型市場化適用技術開発プロジェクトに当社が助成予定先として選ばれました。
今後当社は国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)様の
取組みに参画させていただくこととなりました。本取組みはロボットの活用・普及の促進に向けて、
ユーザーニーズと市場化出口を明確にしたロボット活用技術開発を実施するものであり、
当社は「ダイレクトティーチング機能を搭載した多能工ロボット開発」を行ってまいります。
ものづくり分野およびサービス分野を対象としたロボット活用技術を開発することにより、
新たにロボットを導入する業種・分野、工程の拡大を図るとともに、
ロボットの市場規模の増大を目指します。

◆◇3:インフォメーション!◇◆

◇WEBサイト「ビジョナリー」に掲載されました。
掲載記事はこちらからご覧ください。
http://job.j-sen.jp/visionary/president/article/98/

◇「京都の社長.tv」にて、弊社社長、清水の番組が公開されています。
ご視聴は弊社ホームページのバナーからどうぞ。
http://www.squse.co.jp/

◆◇4:ウィークリートーク //若手社員のミニエッセイ ◇◆

【初めての出張】

製造課波多野です。
近頃急に気温が低下し体調管理に苦戦しております。

先日インテックス大阪にて開催されました
関西機械要素技術展に参加させていただきました。

関西機械要素技術展では様々な企業の装置や機械部品を見学し、
お話を聞かせていただく事が出来ました。

学生の頃にも関西機械要素技術展に参加した事があります。

しかし、その時には全く気にかからなかった装置や機械部品も、
日々の仕事に関わるものとなると、見ているだけで楽しく、
学ぶ事が沢山ありました。

これからも初めてのものに触れる機会が多くあると思いますが、
興味を持って様々な角度からものを見れるようになりたいと思います。

(波多野)

◆◇5:好きこそモノの上手なれ //多彩です!SQJIN! ◇◆

【お土産】

最近めっきり寒くなって、夜寝るときは毛布を使い始める様になりましたが、
ちょっと早かったかなと思い今年の冬大丈夫かなと不安な今日この頃ですが、
皆さんはどうお過ごしでしょう。

この前の3連休に祖母の家に行ったのですが、
その際めんどくさいなと思ってしまうのがお土産を選ぶという行為です。
お土産は、渡される側にとっていらないものだと処分に困りますし、かといって渡さない
というのも世間体的にどうかというので実にめんどくさい文化だと思います。

まぁ、僕の場合困ったら近所に豆腐、漬物、昆布の老舗があるためそこで購入しております。
そこらの物だったら嫌いな人もあまりいないしご飯のお供として使いやすくて便利です。

そのように京都でいろいろあるから何とかなってますが、
これといったのが思いつかない地だったらと思うと怖いです。
皆さんもお土産を選ぶときは、悩まない様に困ったらこれみたいなのを作ると楽ですよ。

(永澄)

◆◇6:ことばこ ——言葉の箱 ◇◆
//業界用語や専門用語を、わかりやすくご紹介します。 ◇◆

【ロボットって?】

昨今、農業ロボット・ロボットダンス・ロボットアニメ、などなど、
「ロボット」という言葉はよく耳にしますよね。
今でこそ当たり前に耳にする言葉だと思いますが、
この言葉の起源って、皆さんご存知でしょうか?

実は「ロボット(robot)」は、1920年にチェコスロバキアの小説家
カレル・チャペックが発表した『R.U.R.(ロッサム万能ロボット商会)』
という戯曲で用いられた造語なんだそうです。
「ロボータ(robota):チェコ語で強制的な労働」と
「ロボートニク(robotonik):スロバキア語で労働者」
の2つの単語を組み合わせてつくられたものなんだとか。

気になって調べるまでは特に深く考えず、
研究者か技術者の間で生みだされた言葉だろうなーと思いこんでいたので、
少しびっくりしました。
また調べてみて思ったのですが、この「ロボット」という言葉、
定義を説明しようと思うと結構難しい…。
(少なくとも、この言葉が造られた当初の意味では、
現在「ロボット」と呼ばれるもの全てを言い表すことは出来なさそうです。)
皆さんなら「ロボット」、どう説明しますか?

(永山)

◆◇7:後記 ◇◆

【秋祭り】

10月は神無月(かんなづき)といいますよね。

神様が出雲大社に集まっているので神様がいなくなる、
ということが語源(諸説あり)のようですが、そんな最中、
10月って各地の神社で秋の収穫を祝う祭りが開催されていますよね。

私の田舎も農村地域でつい先日秋祭りが開催されまして、
なんの疑問もなく毎年楽しみにしていましたが、

「あれ?神様って実はお祭りを楽しめていないんじゃないの?」
ってことを疑問に思った今日この頃です。

(早川)

◇ロボット技術者集まれ!
好奇心旺盛なロボット技術者の方を求めています!
詳細は、こちらをご参照ください。
http://goo.gl/nVlpTC

◇新卒者の方も、お気軽にお問合せください!
https://www.squse.co.jp/about/inquiry.php

──────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを
どうぞ、よろしくお願いします!!!
──────────────────────────────────

スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から