新着情報

【SQUSE通信 Vol.456】インフルエンザにご注意ください
メルマガ
2017年02月08日

◇ ̄ SQUSE通信 ̄ FAとロボットが夢でつながっていくさま ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄◇
◆ インフルエンザにご注意ください ◆
◇__________________________2017/1/25Vol.456 ◇

おはようございます。

今年に入り、インフルエンザが猛威を振るい始めました。
私の子供の保育園でも、休む子供がどんどん増えてきています。

今年の、特にA型は、発熱がなくても陽性と診断されるケースもあり
気づかないで外に出ている人が多い可能性があります。

頻繁に水分で喉を洗い、ウィルスを流すようにするといいと聞きます。
周りの状況に気を付けて、あと少し、乗り切っていきましょう。

本日もよろしくお願いいたします!

┏◆◇今日のコンテンツ◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
1:ホットニュース! 【新章復活! など】
2:インフォメーション!【WEB掲載情報 など】
3:今週の決断 ! 【SQ:X33 数字を意識させるのか、させないのか】
4:ウィークリートーク【加湿器】
5:好きこそモノの上手なれ【外湯めぐり券】
6:もっとロボット!【AI】
7:後記【キャンプ指南】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
このメールは弊社社員とコンタクトいただいたお客様、展示会でお名刺交換を
させていただいたお客様などへお送りさせていただいております。
配信をご希望されない場合は末尾より解除手続きをお願いいたします。

◆◇1:ホットニュース!◇◆

◇新章復活!
弊社社長清水執筆の書籍『シーケンシャル・マネージメント』の58ある決断の中から
毎週ランダムにトピックを選出し、ご紹介させていただきます。
以前実施させていただいておりましたコーナーをリニューアルし
新章復活でお届けさせていただきます。
ご期待ください。

◇日経ビジネス(2016.03.07)に弊社の取組みが掲載されました。
2040年に迎えるであろう人口減対策としてロボットが今注目されています。
組み立てなどの複雑な工程をロボットに任せるための技術開発も進んでいるということで、
当社のロボットハンドを取り上げて頂きました。掲載記事にはロボット向けの“指”に対する
弊社社長清水のコメントを掲載して頂いていますので、ご一読頂けますと幸いです。

◆◇2:インフォメーション!◇◆

◇WEBサイト「ビジョナリー」に掲載されました。
掲載記事はこちらからご覧ください。
http://job.j-sen.jp/visionary/president/article/98/

◇「京都の社長.tv」にて、弊社社長、清水の番組が公開されています。
ご視聴は弊社ホームページのバナーからどうぞ。
http://www.squse.co.jp/

◆◇3:今週の決断 ! ◇◆

*弊社社長清水執筆の書籍『シーケンシャル・マネージメント』から、
58ある「決断」をひとつずつ、ランダムにご紹介していきます。

【SQ:X33 数字を意識させるのか、させないのか】

答え:させる

概要:エンジニアは基本的にロジカルである。
彼らに数字を意識させるだけの土俵を用意できるかできないかが鍵となる。

FA業界で働く者は、希望的観測で物事を判断することはあまりない。
根拠の薄い視点から数字を提示するようでは、エンジニアとして
仕事ができないからである。

エンジニアとして仕事をするのであれば、数字を明確にする心がけを
持ってほしいと思う。

自ら数字を理解し、宣言して行動していく。

上げる数字の制度が高くなれば、エンジニアとしてのスキルも
上がっていると判断できる。
そしてそれは、マネージメント能力を伸ばすことにもつながる。

*昔父から、雇われて仕事をしていても、自分が会社を経営するつもりで
仕事に取り組めと言われたことを思い出しました。
自分のする仕事の予算を把握し、利用可能な工数と自身の単価を把握する。
納期を知ることで、タイムラインの把握と作業計画を立てることができる。

能動的に数字を知り、積極的に活用する。
会社のことではなく、自身のことに置き換えて考える。

そこが最終的には会社の利益となり、その経験が自身の利益となるのだと
数字というキーワードを思い返していました。

・書籍情報:http://www.squse.co.jp/company/07_detail.phpl
・スキューズブランド:http://www.squse.co.jp/squse/04_detail.php

(神垣)

◆◇4:ウィークリートーク //若手社員のミニエッセイ ◇◆

【加湿器】

こんにちは。海田です。
先日、この頃の寒さに耐えかねて新しく暖房器具を購入するために
家電を見に行ってきました!

まず電気ストーブや、ホットカーペットの辺りを良いものがないかと
散策していたのですが、そこで近くに置いてあった加湿器に
目が止まりました。
今まで加湿器など使った事がなかったため、加湿のメリットなど
特に考えた事もなかったのですが、気になり少し調べてみました。

加湿器を使い室内が多湿になれば、体感温度が上がり、
さらにエアコンとの併用で、のどや鼻の粘膜の潤いが保たれ、
ウイルスなどの生存率も下がり、風邪予防にも繋がるそうです。

暖かく感じるれるだけではなく風邪予防もできる。
まさに一石二鳥な話ですね。
結局その日は半信半疑で加湿器を買って帰ったのですが、
実際に試してみると以前よりも部屋が暖かく感じ、最近は重宝しています。
後は体調管理の面でもしっかり仕事をしてくれることを期待しています。

(海田)


◆◇5:好きこそモノの上手なれ //多彩です!SQJIN! ◇◆

【外湯めぐり券】

今年は雪が積もる事が多いように感じています。
相変わらず寒い日が続いていますね。

こんな寒い日に入りたくなるのが温泉です。
前回に引き続き温泉のお話です。今回は城崎温泉の外湯めぐりについてです。

兵庫県は北部にあります城崎温泉。
城崎温泉のはじまりは、奈良時代にあるお坊さんが修行をされ、
その功徳があって温泉が湧き出したとされています。
そしてこのお坊さんがお寺を開かれます。それが現在もある温泉寺です。
ロープウェイで昇ったところにあり、温泉街を一望できます。

城崎温泉は外湯めぐりが有名で、
昔は、この温泉寺にお参りをして湯灼(ゆしゃく)を授かり、
これを持っいることで外湯をめぐることができたそうです。
今では、外湯めぐり券がありそれにはバーコードがついていて、
これを読み取ってもらい入浴できるというものになっています。

昔は湯灼だったものが今ではバーコードになっている。
こうして温泉の歴史に触れるのもいいですね。

(中本)


◆◇6:もっとロボット! ◇◆
//業界用語や専門用語を、わかりやすくご紹介します。 ◇◆

【AI】

AI(人工知能)や機械学習という言葉をあちこちで見聞きするように
なりました。
機械学習はAIを支えるコア技術で、その中でこれまでにコンピュータで
推定や予測、分類や認識を行うためのさまざまな手法が開発されています。

AIの定義は必ずしも明確ではありませんが、大ざっぱに言うと
何らかの機械学習の仕組みに基づきインプットとアウトプットとの関係を学習し
問いかけに対して正確に回答する、あるいは長期的な評価基準や最終目標を考慮しつつ
場面に合った手立てを導き出すようなシステムのことを、通常はAIと呼ぶ、呼べるのだと
思います。

そうした点で、少ない指示のもと複雑な状況に適切に対応して動くことが求められる
自律ロボットに、AIの手法は不可欠と言えます。実用化が進みつつある地図の自動作成のほか、
今後は作業の教示や人のスキルの移転などにもAIが適用されていくと思われます。

私は今はロボットのハードウェア開発の業務が多いのですが
機械学習も多少かじっています。
早くハードを実現し、そのハードを機械学習で高機能化する方向に
仕事の舵を切っていきたいと考えています。

(中村)


◆◇7:後記 ◇◆

【キャンプ指南】

学生の頃、キャンプをするのが大好きで、まとまった休みがあると
バイクに道具を積んで、よく岐阜方面にソロや仲間と出かけていました。

その話を奥さんにすると、テントで寝た経験がないというので
昨年、まだ1歳の子供を連れて、岐阜へキャンプへ行ってきました。
家族皆がこの経験を気に入り、我が家の定例行事へ昇格しました。

その話を友人にすると、その場にいた友人二人ともが、今ファミリー
キャンプにはまっているとのことで、今年のGWは合同ファミリー
キャンプ開催の計画が進行中です。

調べると世はキャンプブームであったようで、どおりで道具が充実し
値段もこなれているなと思った次第です。

岐阜方面は夏でも涼しく虫もいません。おすすめです!
道具一式レンタルできるサイトもあります。

今年は一度、いかがですか?

(神垣)


◇ロボット技術者集まれ!
好奇心旺盛なロボット技術者の方を求めています!
詳細は、こちらをご参照ください。
http://goo.gl/nVlpTC

◇新卒者の方も、お気軽にお問合せください!
https://www.squse.co.jp/about/inquiry.php

──────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを
どうぞ、よろしくお願いします!!!
──────────────────────────────────

スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から