新着情報

【SQUSE通信 Vol.457】春が待ち遠しいです
メルマガ
2017年02月15日

◇ ̄ SQUSE通信 ̄ FAとロボットが夢でつながっていくさま ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄◇
◆ 春が待ち遠しいです ◆
◇__________________________2017/2/15 Vol.457◇

おはようございます。

本日2月15日は、「春一番名付けの日」とのことです。
春一番はまだ吹きませんが、今週に入り京都は日中、少しホッとできる陽気に
なっています。

昨年はこの時期のメルマガで、春一番をご報告させていただいておりました。
今年はもう少しかかりそうですね。

本日もよろしくお願いいたします!

┏◆◇今日のコンテンツ◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
1:ホットニュース! 【新章復活! など】
2:インフォメーション!【WEB掲載情報 など】
3:今週の決断 ! 【SQ:Y20 行動力なのか、思考力なのか】
4:ウィークリートーク【2017年初バスフィッシング】
5:好きこそモノの上手なれ【イラストロジック】
6:ことばこ【エッジ検出】
7:後記【ロボットの出てくる映画】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
このメールは弊社社員とコンタクトいただいたお客様、展示会でお名刺交換を
させていただいたお客様などへお送りさせていただいております。
配信をご希望されない場合は末尾より解除手続きをお願いいたします。

◆◇1:ホットニュース!◇◆

◇新章復活!
弊社社長清水執筆の書籍『シーケンシャル・マネージメント』の58ある決断の中から
毎週ランダムにトピックを選出し、ご紹介させていただきます。
以前実施させていただいておりましたコーナーをリニューアルし
新章復活でお届けさせていただきます。
ご期待ください。

◇日経ビジネス(2016.03.07)に弊社の取組みが掲載されました。
2040年に迎えるであろう人口減対策としてロボットが今注目されています。
組み立てなどの複雑な工程をロボットに任せるための技術開発も進んでいるということで、
当社のロボットハンドを取り上げて頂きました。掲載記事にはロボット向けの“指”に対する
弊社社長清水のコメントを掲載して頂いていますので、ご一読頂けますと幸いです。

◆◇2:インフォメーション!◇◆

◇WEBサイト「ビジョナリー」に掲載されました。
掲載記事はこちらからご覧ください。
http://job.j-sen.jp/visionary/president/article/98/

◇「京都の社長.tv」にて、弊社社長、清水の番組が公開されています。
ご視聴は弊社ホームページのバナーからどうぞ。
http://www.squse.co.jp/

◆◇3:今週の決断 ! ◇◆

*弊社社長清水執筆の書籍『シーケンシャル・マネージメント』から、
58ある「決断」をひとつずつ、ランダムにご紹介していきます。

【SQ:Y20 行動力なのか、思考力なのか】

答え:思考力

概要:いつの時代も、最新の機械を発明し、製造するのは人である。
人は身体を動かす前に、知恵を絞ったのです。
考えること。それは人間だけに可能なことかもしれない。

スキューズの面々は、経営陣が重視することあって「素直」な人が多い。
だからこそ、経営陣が「考える」ための道標を示していかなければならない
と思っている。

論理的に物事を判断し、最短距離で目標地点に到達する方法を考える。
それこそ、エンジニアには欠かせない要素なのです。

臨機応変に対応していくことも大事である。
要はバランスなのである。

必要に応じて割合を判断する。
その判断力こそが「考える」ということではないか。

*「人は考える葦である」という言葉は、17世紀の哲学者(数学、物理学にも
多才でしたが)パスカルが著書「パンセ」で述べた言葉です。
人は葦のように弱い存在であるが、考えるという偉大な力を持っているという意味です。

日ごろ自分でも、物事を判断する際、考えているようでその実、条件反射で
動いているのではないかと自問自答することが多々あります。

「考える」ことを「意識する」、大切なことであると思います。


・書籍情報:http://www.squse.co.jp/company/07_detail.phpl
・スキューズブランド:http://www.squse.co.jp/squse/04_detail.php

(神垣)

◆◇4:ウィークリートーク //若手社員のミニエッセイ ◇◆

【2017年初バスフィッシング】

こんにちは。波多野です。
先日趣味のブラックバス釣りに行ってきました。

寒い時期にはブラックバスが釣りにくいという事と
私自身も寒いのが苦手なので、
今年初のブラックバス釣りでした。

夕方から琵琶湖で釣りを始めました。
一緒に行っていた友人がちょこちょこブラックバスを
釣っているなか、私だけがボウズ(釣果0の事)でした。
今年初日がボウズなのが許せなかったので、
ブラックバスを釣り上げるまで釣りを続けました。

結果4時間ほど粘り、
40cmのブラックバスを2匹釣る事ができました。
今年初日のボウズは避けられたので自分的には
満足のいく釣果でした。

今年の目標は
「60cm以上のブラックバスを5匹以上釣り上げる」です。

(波多野)

◆◇5:好きこそモノの上手なれ //多彩です!SQJIN! ◇◆

【イラストロジック】

雑誌の片隅にあったり、携帯アプリゲームとして様々なパズルがありますが、
その中で私がおすすめするのは「イラストロジック」です。

イラストロジック、お絵かきロジック、ピクロス等様々な呼び名がありますが、
基本はマス目の縦横に数字が書かれており、その数字をヒントに
塗りつぶすマスを割り出して塗っていくと、絵や文字が浮かび上がるという物です。
マス目が15x15の簡単な物や、縦横100以上の大作や、カラーの物もあります。
大作のパズルほど完成した絵が細かく達成感があります。
ただし、一マスの間違いから思わぬ絵になったりするので注意が必要です。

はまりだすと止まらないですが、集中してするので良いリフレッシュになりおすすめです。
雑誌等でする場合は、鉛筆やシャーペンでは無く、消せるペンでするのがいいです。
手の横が真っ黒にならずに済みます。
但し、ペンのインクの減りかたは尋常じゃ無いほど早く無くなります。

(東井)

◆◇6:ことばこ ——言葉の箱 ◇◆
//業界用語や専門用語を、わかりやすくご紹介します。 ◇◆

【エッジ検出】

エッジ検出とは画像処理の用語でカメラで撮影した
対象の特徴を検出することを言います。

ではどうやって検出するかというと
カメラで撮影した画像(例えば白い背景に黒い物体)の
色の差が大きい箇所にエッジが発生します。
例の場合だと白と黒の境界のあたりに発生します。

しかし現実では光の当たり方によって影がどうしても
ついてしまいます。
人間の目だとパッと物体と影を判別できますが
コンピュータでは黒い影と黒い物体の判別が難しいです。

それでは影を発生させないようにするにはどうれすればいいのか

よく使われるのは照明を使うことです。
照明の当て方や光の強さを工夫することで影を失くすことができます。

今回は簡単な説明でしたが実際は他にも検出を難しくする要因があり
試行錯誤を繰り返し検出できるように調整しています。

(金銅)


◆◇7:後記 ◇◆

【ロボットの出てくる映画】

ロボットの出てくる映画と聞かれて
皆さんはどの映画を思い浮かべられるでしょうか。

私は「ウェストワールド」という、ユル・ブリンナーが
ロボット役で出てくる映画がいつも頭に浮かんできます。

ロボットを使った昔の時代を体験できるアトラクションで
ロボットがプログラムしていない動作を始め、人を襲いだす
という、古典のパニックムービーですが、子供の心には
大きな影響を与えられました。

私のロボット観などは、かなりこの映画の影響を受けています。

1973年と昔の映画ですが、とても出来の良い映画ですので
よろしければ一度ご覧ください。

(神垣)


◇ロボット技術者集まれ!
好奇心旺盛なロボット技術者の方を求めています!
詳細は、こちらをご参照ください。
http://goo.gl/nVlpTC

◇新卒者の方も、お気軽にお問合せください!
https://www.squse.co.jp/about/inquiry.php

──────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを
どうぞ、よろしくお願いします!!!
──────────────────────────────────

スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から