新着情報

【SQUSE通信 Vol.462】9年ぶり
メルマガ
2017年03月22日

◇ ̄ SQUSE通信 ̄ FAとロボットが夢でつながっていくさま ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄◇
◆ 9年ぶり ◆
◇__________________________2017/3/22 Vol.462◇

おはようございます。

今年初めての桜の開花が、東京都心で観測されました。
東京都心が全国トップになったのは、9年ぶりなんだとか。
暖かい地域がいつもトップなのかと思いきや、
意外とそうでもないんですね。

ということで、いよいよお花見シーズンが始まりますね!
楽しみです!

本日もよろしくお願いいたします!

┏◆◇今日のコンテンツ◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
1:ホットニュース! 【新章復活! など】
2:インフォメーション!【WEB掲載情報 など】
3:今週の決断 ! 【Y3 24時間するのか、しないのか】
4:ウィークリートーク【もうすぐ2年目】
5:好きこそモノの上手なれ【VRとAR】
6:ことばこ【安全装置】
7:後記【手書きロボット】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
このメールは弊社社員とコンタクトいただいたお客様、展示会でお名刺交換を
させていただいたお客様などへお送りさせていただいております。
配信をご希望されない場合は末尾より解除手続きをお願いいたします。

◆◇1:ホットニュース!◇◆

◇新章復活!
弊社社長清水執筆の書籍『シーケンシャル・マネージメント』の58ある決断の中から
毎週ランダムにトピックを選出し、ご紹介させていただきます。
以前実施させていただいておりましたコーナーをリニューアルし
新章復活でお届けさせていただきます。
ご期待ください。

◇日経ビジネス(2016.03.07)に弊社の取組みが掲載されました。
2040年に迎えるであろう人口減対策としてロボットが今注目されています。
組み立てなどの複雑な工程をロボットに任せるための技術開発も進んでいるということで、
当社のロボットハンドを取り上げて頂きました。掲載記事にはロボット向けの“指”に対する
弊社社長清水のコメントを掲載して頂いていますので、ご一読頂けますと幸いです。

◆◇2:インフォメーション!◇◆

◇WEBサイト「ビジョナリー」に掲載されました。
掲載記事はこちらからご覧ください。
http://job.j-sen.jp/visionary/president/article/98/

◇「京都の社長.tv」にて、弊社社長、清水の番組が公開されています。
ご視聴は弊社ホームページのバナーからどうぞ。
http://www.squse.co.jp/

◆◇3:今週の決断 ! ◇◆

*弊社社長清水執筆の書籍『シーケンシャル・マネージメント』から、
58ある「決断」をひとつずつ、ランダムにご紹介していきます。

【Y3 24時間するのか、しないのか】

答え:しない

概要:好きな仕事に集中していると、ついつい時間を忘れがちになる。
時間を忘れるほど仕事に熱心に取り組むこと、それ自体に問題が
ある訳ではない。ただ、その仕事が原因で身体を壊してしまっては
元も子もない。計画性を持って、順序立てて作業をこなすことが必要。

不眠不休で働くことを美徳とし、昨夜の睡眠時間の少なさを妙に
自慢したがるのは日本人の良くないクセ。有意義な残業と
そうでない残業をきちんと分けて考えることは、とても重要なことである。

だからこそ、組織は制御塔でなくてはならない。組織は、
各自のモチベーションを維持できる環境を整える役割を担っている。
多少の無理は仕方ないこともあるが、無茶をさせてはならない。
いつでも最良の状態で仕事に臨むことができる。
どんな仕事でも、それが基本である。

*清水は、個人事業主の頃72時間ぶっ通して働いた経験から、
個人の限界を痛感し、上記のように考えたそうです。
何事も体が資本。「やらなければ」という責任感の強い人ほど、
自分の体の悲鳴に気付かないのかもしれません。
忙しいときほど、自分自身や仲間を気遣いながら働いていきましょう。

・書籍情報:http://www.squse.co.jp/company/07_detail.php
・スキューズブランド:http://www.squse.co.jp/squse/04_detail.php

(永山)

◆◇4:ウィークリートーク //若手社員のミニエッセイ ◇◆

【もうすぐ2年目】

こんにちは、波多野です。
4月で入社2年目になります。
同時に新入社員が入社して自分も先輩になるんだなあと
思いながら、私が入社した時の2年目の先輩方のように
頼りになる先輩になれるだろうかと少し不安になりました。

思い返すと1年間はあっという間で、入社時には1年間でもっと
仕事を覚えてバリバリ仕事をしているものだと思っていました。
1年後には自分のイメージにもっと近づく為にも
素直に。真面目に。仕事に取り組んでいきます。

(波多野)


◆◇5:好きこそモノの上手なれ //多彩です!SQJIN! ◇◆

【VRとAR】

先日、見たかった映画を見る機会がありました。
その映画の題材がVRとARを使った近未来的なものでした。

VR(仮想現実)とAR(拡張現実)話で聞くことは多いですが
まだ世間にはなじみがないような気がします。
自分もVRに関しては全然体験したことがない未知の分野ですね。

ARはスマホのカメラなどをとおしてアニメのキャラクターや
実際に写っている物の情報などを表示させることが出来ています。
映画の作中ではスマホのカメラを通してではなく、目の網膜に
投影する形で表示していました。
また、表示するだけでなく表示されているボタンなどをタッチするような動作で
操作したりと将来実際にあったらおもしろそうだなと思わせてくれるものでした。

VRの方は最近、一般の人でも扱えるぐらいに機材が揃ってきて
お金さえ出せば体験することができるようになってきています。

おもしろそうではあるのでお金を貯めて買おうかなと考えています。
他にも買いたいものはあるので手に入れるのは当分先かもしれません。

(金銅)


◆◇6:ことばこ ——言葉の箱 ◇◆
//業界用語や専門用語を、わかりやすくご紹介します。 ◇◆

【安全装置】

高度に自動化されてたシステムでも、人が機械と直接やりとりを
する作業は多数あります。
ロボットの初期位置の設定やメンテナンス、
異常や故障時の処理といった作業です。

その時にペンダントと呼ばれる、
マニュアル操作機器での作業が要求されます。
そこについている安全措置として、イネーブルスイッチがあります。
イネーブルスイッチとは、デッドマンスイッチとも呼ばれ、
作業者がこれを操作しているときのみ機会に起動許可を与え、
操作したままの状態で、運転させることにより、
機械の初期設定、ティーチング、故障処理を行える
インターロックの役割を持っています。

このイネーブルスイッチには安全のため
3ポジションイネーブルスイッチが要求されています。
イネーブルスイッチを押していない状態は、
作業をする意思がないとしてOFF
軽く押し込んでいる状態は、作業をする意思があるとしてON
強く押しこんでいる状態はOFFとなっています。
強く押しこんでいる状態がOFFなのは、
作業者が機械を操作中に、異常が起こり、
驚いた作業者の無意識の反応によって機械を停止できるためです。

(髙田)


◆◇7:後記 ◇◆

【手書きロボット】

先日、ある手書きロボットの動画を観ました。
寸分の違いなく美しい文字や模様を描き出す様子が
とても気持ちよくて、つい見入ってしまいました。
(本当に永遠と見ていられそうな動画です、
ご興味のある方は「手書きロボット」で検索してみて下さい。)

そしてこのロボット、それほどお値段は高くはなく、
頑張れば私でも買えそうな金額です。

このロボットに代筆で手紙を書いてもらったら、
受取った相手が「永山はこんな綺麗な字が書けるのかー」
なんて勘違いしてくれないですかね。多分しませんね。

(永山)


◇ロボット技術者集まれ!
好奇心旺盛なロボット技術者の方を求めています!
詳細は、こちらをご参照ください。
http://goo.gl/nVlpTC

◇新卒者の方も、お気軽にお問合せください!
https://www.squse.co.jp/about/inquiry.php

──────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを
どうぞ、よろしくお願いします!!!
──────────────────────────────────

スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から