新着情報

【SQUSE通信 Vol.464】入社式
メルマガ
2017年04月05日

◇ ̄ SQUSE通信 ̄ FAとロボットが夢でつながっていくさま ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄◇
◆ 入社式 ◆
◇__________________________2017/4/5 Vol.464◇

おはようございます。

入社式当日、会社周辺の桜はほとんど咲いていませんでしたが、
菜の花は満開で、空は雲ひとつなく晴れ渡っていました。

いい天気になってよかったねぇと声を掛け合いながら、
清々しい気持ちで新たな仲間を迎えることができました。
とても良い新年度のスタートがきれたなと思います!

新入社員の皆さん、これから一緒に頑張っていきましょう!

(入社式の様子はFacebookにも掲載していますので、ぜひご覧下さい
https://www.facebook.com/squse.recruit?ref=hl )


本日もよろしくお願いいたします!


┏◆◇今日のコンテンツ◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
1:ホットニュース! 【新章復活! など】
2:インフォメーション!【WEB掲載情報 など】
3:今週の決断 ! 【X38 新卒採用か、中途採用か】
4:ウィークリートーク【一年】
5:好きこそモノの上手なれ【気付】
6:ことばこ【チョコ停】
7:後記【エイプリルフール】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
このメールは弊社社員とコンタクトいただいたお客様、展示会でお名刺交換を
させていただいたお客様などへお送りさせていただいております。
配信をご希望されない場合は末尾より解除手続きをお願いいたします。

◆◇1:ホットニュース!◇◆

◇新章復活!
弊社社長清水執筆の書籍『シーケンシャル・マネージメント』の58ある決断の中から
毎週ランダムにトピックを選出し、ご紹介させていただきます。
以前実施させていただいておりましたコーナーをリニューアルし
新章復活でお届けさせていただきます。
ご期待ください。

◇日経ビジネス(2016.03.07)に弊社の取組みが掲載されました。
2040年に迎えるであろう人口減対策としてロボットが今注目されています。
組み立てなどの複雑な工程をロボットに任せるための技術開発も進んでいるということで、
当社のロボットハンドを取り上げて頂きました。掲載記事にはロボット向けの“指”に対する
弊社社長清水のコメントを掲載して頂いていますので、ご一読頂けますと幸いです。

◆◇2:インフォメーション!◇◆

◇WEBサイト「ビジョナリー」に掲載されました。
掲載記事はこちらからご覧ください。
http://job.j-sen.jp/visionary/president/article/98/

◇「京都の社長.tv」にて、弊社社長、清水の番組が公開されています。
ご視聴は弊社ホームページのバナーからどうぞ。
http://www.squse.co.jp/

◆◇3:今週の決断 ! ◇◆

*弊社社長清水執筆の書籍『シーケンシャル・マネージメント』から、
58ある「決断」をひとつずつ、ランダムにご紹介していきます。

【X38 新卒採用か、中途採用か】

答え:新卒採用

概要:スキューズをスタートした当初は、「採用」が大きな問題だった。
即戦力を求めて中途採用を行うものの、なかなか人が定着せずにいた頃、
FAとは関係の薄い人材を採用し、中途採用から新卒採用に重点を
移行させてから、人材が集まり始めた。

その後、若い人を一から育てる気持ちで面接を行うようになった。
新卒であっても中途であっても、どこに興味を持って、何をやりたいと
思っているのかという動機部分を重視し、自分たちと同じ方向を向いて
走ってくれる人を探した。

そして、採用する際に大事にしたのは、以下の4点。
①バランス感覚(センス) ②素直さ
③(文系・理系に関係なく)論理的思考能力があるかどうか
④(協調性よりも)コミュニケーション能力があるかどうか

これら基本的な部分で、求職者に対しての想いは変わらないが、
採用スタンスはどんどん変化している。だが、上記に挙げた4点さえ
見失わなければ、臨機応変に変化することは良い傾向だと考える。

*私は中途で採用され入社しましたが、社会人歴が浅く右も左も分からない状態で、
ほとんど一から先輩方に育てて頂きました。ご迷惑をかけた記憶ばかりが
思い出されて、先輩方には感謝の念が尽きません。
新卒も中途も、この仲間と一緒に頑張ろう!と思う関係を築けることが
一番大事なのかなと思います。

・書籍情報:http://www.squse.co.jp/company/07_detail.php
・スキューズブランド:http://www.squse.co.jp/squse/04_detail.php

(永山)


◆◇4:ウィークリートーク //若手社員のミニエッセイ ◇◆

【一年】

こんにちは!海田です。

先日、入社してから1年がたちました。
この1年は新入社員としてだけではなく、社会人としての1年目でもあり、
色々な事が有りすぎてあっという間の1年でした。

初心を忘れるべからずという言葉があります。
この言葉は、何事においても始めたころの謙虚で真剣な気持ちを
持ち続けていかなければならない、という意味なのですが
1年目が終わり、今度は2年目になる今、改めて謙虚で真剣な気持ちを
持って過ごしていきたいなと思いました。

新しく後輩達も入ってくるので去年先輩達にして頂いたように
後輩のサポートもしっかり出来るように頑張りたいと思います!

(海田)


◆◇5:好きこそモノの上手なれ //多彩です!SQJIN! ◇◆

【気付】

気付けば桜が咲き始めましたが今回は役に立つ「気付」の話です。

ホテルに宿泊中の弊社社員や、他社で作業中の弊社社員に物を送ることがあるのですが
そのような時は伝票に「気付」と書きます。
『何某』というホテルに泊まっている『巣九図 太郎』という社員に送る時は
何某ホテル 気付 巣九図 太郎宛
と書きます。
『何某』というホテルの従業員に送りたい場合は
何某ホテル 什 行殷様
となるわけです。

つまり「送り先の住所の組織に属していない人に、その組織を経由して送る時、
『気付』を使う」ということです。
例えば送り先の方の属する会社が、別の大きな会社のビルの中にあり、
その大きな会社を経由して送りたい時は
ビッグコーポレーション気付 有限会社ミクロ シャイン・比良様
みたいになります。

あとよく宛名で迷うのが「役職名と『様』って連ねて書いていいの?」ですね。
「巣九図 太郎 吉祥院店係長補佐心得兼主任様」って敬称長すぎない?
封筒の宛名書くとこ入らなくない? 伝票の右端の字が4.5ptくらいになるじゃない?

本来は役職名の後に「様」は付けませんが、いーやちょっと呼び捨てみたいで……
という気持ちもわからなくはありません。そんな時は
「役職 氏名 様」。長い役職名の後なら改行を入れるなどして調整です。
(例)
スキューズ株式会社スランヴァイルプールグウインゲルゴウゲール
ウクウィールンドロブウリスランダスイハオゴゴゴッ駅前店ロボッ
トシステムソリューション推進準備室室長補佐 巣急図 次郎 様

(平社員野間口様)
──────────────────────────────────


◆◇6:ことばこ ——言葉の箱 ◇◆
//業界用語や専門用語を、わかりやすくご紹介します。 ◇◆

【チョコ停】

「○○装置でチョコテイが~」
とか聞いたことあるけど、「チョコテイ」ってなんやねん。
と思って調べてみたら、
「一時的なトラブルで設備が停止したり空転したりしていること」だそう。

ちょこっと停止するからでしょうかね?
ロボットも「ちょっと休憩したい」なんて時があるのかも?
いやいや、コンベアから商品が流れてきてるのに休まれたら
たまったもんじゃない!
頑張って働いてくれたまえ。

(A子さん)


◆◇7:後記 ◇◆

【エイプリルフール】

今回、社員のコラム内に

スランヴァイルプールグウインゲルゴウゲール
ウクウィールンドロブウリスランダスイハオゴゴゴッ駅

という駅が登場するんですが、これ、世界一名前の長い駅だそうです。
(なんだか、じゅげむ(寿限無)を彷彿とさせますね…(あれは人名ですが))

上記はウソのようなホントの話(駅名)ですが、
先週土曜はウソをついても良い日、エイプリルフールでしたね!

毎年この日になると、今年こそウソをついてみよう!と思うのですが、
何も気の利いたウソが思い浮かばずに早々に諦め、
エイプリルフールの存在自体を忘れ始めた夕方頃に、
家族や友達にまんまと騙されるということを繰り返しています。

…あれです。騙す人がいれば、騙される人も必要!ですよね!
(単に発想力と学習能力がないともいう)

(永山)


◇ロボット技術者集まれ!
好奇心旺盛なロボット技術者の方を求めています!
詳細は、こちらをご参照ください。
http://goo.gl/nVlpTC

◇新卒者の方も、お気軽にお問合せください!
https://www.squse.co.jp/about/inquiry.php

──────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを
どうぞ、よろしくお願いします!!!
──────────────────────────────────


スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から