新着情報

【SQUSE通信 Vol.471】日々奮闘中!
メルマガ
2017年05月31日

◇ ̄ SQUSE通信 ̄ FAとロボットが夢でつながっていくさま ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄◇
◆ 日々奮闘中! ◆
◇__________________________2017/5/31 Vol.471◇

おはようございます。

5月最終日です!
通勤途中、紫陽花がつぼみをつけているのを見かけました。
もうじき梅雨入りですね。

入社してまもなく2ヶ月の新入社員くんたちは、
日々新たな課題に悪戦苦闘しているようです。
丸まった背中を眺めつつ、ガンバレ…!と心の中で声援を送っています。
ファイト!!!

本日もよろしくお願いいたします!

┏◆◇今日のコンテンツ◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
1:ホットニュース! 【新章復活! など】
2:インフォメーション!【WEB掲載情報 など】
3:今週の決断 ! 【Y27 死ぬ覚悟か、生きる覚悟か】
4:ウィークリートーク【ツール】
5:好きこそモノの上手なれ【デファクトスタンダードとデジュリスタンダード】
6:ことばこ【感謝】
7:後記【言葉にしよう】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
このメールは弊社社員とコンタクトいただいたお客様、展示会でお名刺交換を
させていただいたお客様などへお送りさせていただいております。
配信をご希望されない場合は末尾より解除手続きをお願いいたします。


◆◇1:ホットニュース!◇◆

◇日刊工業新聞社様から創刊されました
『未来にきらめく京都・滋賀 個性派企業70社』(2017.04.11)に
弊社が選ばれ、掲載されました。
これまでの弊社の取組みや弊社代表清水のコメントを
掲載して頂いていますので、ご一読頂けますと幸いです。

◇新章復活!
弊社代表清水執筆の書籍『シーケンシャル・マネージメント』の58ある決断の中から
毎週ランダムにトピックを選出し、ご紹介させていただきます。
以前実施させていただいておりましたコーナーをリニューアルし
新章復活でお届けさせていただきます。
ご期待ください。


◆◇2:インフォメーション!◇◆

◇WEBサイト「ビジョナリー」に掲載されました。
掲載記事はこちらからご覧ください。
http://job.j-sen.jp/visionary/president/article/98/

◇「京都の社長.tv」にて、弊社代表、清水の番組が公開されています。
ご視聴は弊社ホームページのバナーからどうぞ。
http://www.squse.co.jp/


◆◇3:今週の決断 ! ◇◆

*弊社代表清水執筆の書籍『シーケンシャル・マネージメント』から、
58ある「決断」をひとつずつ、ランダムにご紹介していきます。

【Y27 死ぬ覚悟か、生きる覚悟か】

答え:生きる覚悟

概要:会社のために自分の命を捧げるなんて、くだらないことだ。
それは究極の自己満足・自己陶酔でしかない。残された者の悲しみや
怒りを想像すれば、簡単に命を投げ出すなんてできるはずがない。
死ぬだけの勇気があるなら、生きて足掻くべきだ。
それだけの勇気があれば、どんなことだって乗り越えていける。
私はそう信じている。

人間は、良くも悪くも無理がきく。機械はガソリンが切れたら
停止をして意思表示をするが、人はそうはいかない。
「粘り」こそが、機械にはない人間の特性だからだ。
だからこそ、常日頃の注意が必要になってくる。

私はスキューズメンバーに対して、影響力を持ち、人生を捧げるに
値する人になる。そしてスキューズをそんな会社にする。
支えてくれる家族・ついてきてくれる仲間がひとりでもいるのなら、
諦めてはいけない。この「諦めないこと」こそ、
「覚悟」を要する行動ではないだろうか。

*諦めないこと、足掻くこと、それで繋ぎとめられるものもたくさんありますが、
本当にギリギリの場所にいる人は、自分が危ないことにすら気づけない場合があります。
だから、大切な人が今どこに居るのかは、気をつけて見ておきたいと思います。
すべては、生きてこそ、だと思います。

・書籍情報: http://www.squse.co.jp/company/07_detail.php
・スキューズブランド: http://www.squse.co.jp/squse/04_detail.php

(永山)


◆◇4:ウィークリートーク //若手社員のミニエッセイ ◇◆

【ツール】

こんにちは、海田です!

先月で社会人になってから一年が過ぎました。
この一年は色々なことがあったので学生の時と比べれば
まだ少しは社会人っぽくなれたのではないかと思います。

先日、仕事で使用するマウスを買いに行きました!
お店でマウス売り場に行くと色々な形状のマウスがあり
実際に触ってみることができたので一番手にフィットするものを
選ぶことができました!

今までは普通のマウスを使用していましたが
今回は追加でボタンのついているマウスを購入しました。
実際に使用してみると、ボタンに様々な機能を割り当てる事ができ
仕事の作業スピードも上がり、とても便利な物でした!

最近では家電量販店でも便利なツールがたくさんあります。
仕事にもそういったツールを取り入れれば作業スピードも上がりますし
作業にかかる労力も減ると思います!
みなさんも普段の作業などに色々なツールを取り入れてみては
いかがでしょうか?

(海田)


◆◇5:好きこそモノの上手なれ //多彩です!SQJIN! ◇◆

【デファクトスタンダードとデジュリスタンダード】

これから火星に入植するとして、宇宙船クルーがみな唐揚を食べないと
いてもたってもいられない体だとします。
宇宙開発社側は唐揚とかどうでもいいんですけど、クルーが正式メンバーも
候補もみんながみんな、とにかく唐揚が一日三個出てこないと働かないと宣言、
仕方なく宇宙船に、唐揚が生成可能なシステムを搭載することになりました。
そして、その後も火星への連絡船は必ず唐揚を出すことが慣例となり、
唐揚目当ての凄腕クルーが続々集まるようになりましたとさ。

という歴史があったとして、
この場合の「火星への宇宙船では唐揚を提供すること」が
いわゆる【デファクトスタンダード】です。

こういった、法的な標準ではなく、標準化規格などで定められたものではないが
事実上広く採用されているものを【デファクトスタンダード】と呼びます。
(ちなみに法的あるいは標準化規格で定められたものは【デジュリスタンダード】)

例えばご家庭にあるビデオ、二つの規格がありましたが市場争いを経て
片方が主流になりました。そのビデオ自体もDVD、そしてブルーレイに
代わられつつありますが。

火星でAさんが自動唐揚機を作る→流行る
→市場が自動唐揚機に入れやすい大きさに火星鶏肉をカットして売るようになる
→自動唐揚機に入れやすい唐揚粉(詰替用パック)も開発・爆売れ
(Aさんの自動唐揚機の規格がデファクトスタンダード化)

→自動唐揚機の唐揚排出口付近に宴会場が立つ
→宴会場に客の微弱な脳信号を読み取り「レモン派」「アンチレモン派」を
判断し自動でレモン汁を散布するドローンが登場
レモン/アンチレモンの脳信号に関わる脳科学が進展
(Aさん莫大な利益を得る)

→火星標準規格委員会によりAさん製唐揚機の大きさ・仕様鶏肉サイズ・
味付けなどが火星唐揚の標準と認定される
(デファクトスタンダードのデジュリスタンダード化)

→Aさん唐揚機、めちゃくちゃ値上げ
→市民は他の唐揚機を求めるが、Aさん以外の唐揚機は市場に出回っておらず
Aさんの唐揚機に頼らざるを得ない
(ベンダーのロックイン)

→火星の独占禁止法制定へ……宇宙の歴史がまた一頁……

(野間口)


◆◇6:ことばこ ——言葉の箱 ◇◆
//業界用語や専門用語を、わかりやすくご紹介します。 ◇◆

【感謝】

弊社では毎年、年間スローガンを掲げています。
今回は、今年のスローガンである「感謝」という言葉を取り上げたいと思います。

「感謝」の意味を調べてみると、
ありがたいと思う気持ちを表すこと。また、その気持ち。
(デジタル大辞泉より)

それぞれの漢字の成り立ちを調べてみると、
「感」
咸(カン)は、戉(まさかり)で人を脅して口を閉じさせる様子を表し、
ここに「心」が付いて、口が開けられない程心をうたれる、感動するという意味に。
「謝」
射は、弓矢を射る様子を表し、
ここに「言」が付いて、言葉を発射する、謝る、感謝するという意味に。

ここで気づいたことは、「感」は言葉を出せないというニュアンスがあるのに対し、
「謝」は言葉を出すという、「感」と「謝」には
反対のニュアンスがあるということです。

このことから、「感謝」とは、言葉に出せないものを出すという意味なのではないか。
つまり、普段は口にしないありがとうの気持ちを言葉に出して言う、
ということが「感謝」なのではないかと思いました。

私も普段感謝できていない人にちゃんと「感謝」したいと思います。

(中本)


◆◇7:後記 ◇◆

【言葉にしよう】

個人の方が運営されている、とあるウェブサイトがあり
私は10年以上前からそのサイトのファンでした。
ところが、先日そこへアクセスしようとしたところ
そのサイトは閉鎖してしまっていました。

思い返してみると、私はこれまでサイト運営の方へ
感想や感謝の言葉を一度も伝えたことがありませんでした。
(メールフォームや掲示板なりで伝える手段はいくらでもありました。)
伝える術がなくなってから、それに気づきひどく後悔しました。

「感」は言葉にしなくては、伝わりません。
SNS等が発達して、普段会えない方との交流が増えた分、
言葉にして伝えることの大切さをより痛感した一件でした。

…ということで、早速今の気持ちを言葉にしておこうと思います。

いつもメルマガ・Facebook等をご覧頂き、ありがとうございます!
今後もスキューズを見守って頂けますと幸いです。

(永山)

◇ロボット技術者集まれ!
好奇心旺盛なロボット技術者の方を求めています!
詳細は、こちらをご参照ください。
http://goo.gl/nVlpTC

◇新卒者の方も、お気軽にお問合せください!
https://www.squse.co.jp/about/inquiry.php

──────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを
どうぞ、よろしくお願いします!!!
──────────────────────────────────

スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から