新着情報

【SQUSE通信 Vol.259】 海苔
メルマガ
2013年02月06日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAとロボットが夢でつながっていくさま ─ SQUSE通信 ─
───────────────────────────────────────

◆◇ 海苔 ◇◆
http://www.squse.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2013/2/6 Vol.259

おはようございます。

本日は「海苔(のり)の日」。
701年2月6日に施行された「大宝律令」で、29種類の海産物が租税として納められ、
海苔がそのひとつとして表記されていることから、全国海苔貝類漁業協同組合連合会が、
1966年に制定したそうです。

海苔は、海の緑黄色野菜と言われるほど栄養価の高い食品で、
ビタミンやミネラルが豊富なだけでなく、食物繊維や必須脂肪酸が含まれていることから、
健康増進や生活習慣病予防などに効用があると、再認識されているとのこと。

おにぎりはもちろん、味付け海苔や海苔の佃煮など、日本人とって身近な海産物の「海苔」。
近年は、日本食ブームの影響で、世界各国へ輸出されてもいます。

そんな海苔を見直しつつ・・・
本日も、どうぞよろしくお願いいたします!


─ ◆◇ 今日のコンテンツ ◇◆ ───────────────────────

1:ホットニュース ……………【新社屋竣工とお披露目のご報告 など】
2:インフォメーション! ……【「ふくい知財フォーラム」で清水が講演します!など】
3:今週の決断! ………………【決断21:人手作業か、完全機械化か 】
4:ことばこ! ………………【NC加工】
5:好きこそモノの上手なれ …【スマートフォン】
6:後記 …………………………【メールマガジン第1号について など】

─ ◆◇ 1:ホットニュース ! ◇◆ ─────────────────────
*ホットな話題や、スキューズの今を、ご紹介します。

◎【新着!】新社屋竣工とお披露目のご報告
工場含め新社屋が竣工しましたので、2月4日(月)に、
ロボット展示室と新工場をお披露目させていただきました。
たくさんの方々にご来場いただきましたこと、深く感謝いたしております。
ありがとうございました。
舞台は整いましたので、「世界のものづくりを支える。」べく、
社員一丸となって、革新技術に磨きをかけてまいります。
今後とも、ご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

◎ がんばる中小企業50社に選ばれました!
特許庁が刊行した「がんばろう日本!知的財産権活用企業事例集2012~
知恵と知財でがんばる中小企業50の物語~」に、
弊社が選出され、具体的な取り組み事例が紹介されています。
本冊子は全国の「知財総合支援窓口」において無料配布しているとのこと。
詳細は、ぜひ、こちらをご参照くださいませ。
http://www.squse.co.jp/news/detail.php?id=77


─ ◆◇ 2:インフォメーション! ◇◆ ───────────────────
*スキューズからのお知らせコーナーです。

◎【新着!】「ふくい知財フォーラム」にて清水が講演いたします!
福井大学が主催する産学官連携により大学成果の技術移転の促進を図る
「ふくい知財フォーラム」セミナーにて、
弊社社長の清水が講演させていただきます。
・日時:2月28日(木)13時30分~
・場所:ホテルフジタ福井 天山の間(福井市)
・内容:「中小企業におけるものづくりと知財戦略(仮題)」
詳細は、こちらをご参照お願いします。
http://www.fukui-navi.gr.jp/event_detail.php?id=14489

◎「今週の決断!」コーナーを再開します。
スキューズ代表取締役の清水三希夫が、スキューズの志を自らの言葉で語り、
58の決断事例の中で、これから目指す未来への決意表明を行っている
著書『シーケンシャル・マネージメント』から、
決断をひとつずつ、ご紹介していくコーナーです。
2007年のメルマガリニューアル号の目玉コーナーを、
リメイクも含め、再開いたします!
ぜひ、ご一読くださいませ!
http://www.squse.co.jp/company/07_detail.php


─ ◆◇ 3:今週の決断 ! ◇◆ ───────────────────────
*書籍『シーケンシャル・マネージメント』から、
58ある「決断」をひとつずつ、ご紹介していきます。

◎決断21
「人手作業か、完全機械化か」



「人手作業」

∥スキューズは、工場の自動化を仕事としています。
∥ですが、だからこそ工場の完全機械化については慎重に考えています。
∥矛盾していると思われるかもしれませんが、
∥機械が動く現場にいるからこそ見えることもあるのです。
∥(後略)
*書籍『シーケンシャル・マネージメント』より引用


FA(ファクトリーオートメーション)事業とロボット事業・・・
このふたつの事業を展開しているスキューズですが、
またまた、なぜか、「人手作業」という決断を・・・

「機械が動く現場にいるからこそ見えること」・・・って、いったい何!?

・書籍情報:http://www.squse.co.jp/company/07_detail.phpl
・スキューズブランド:http://www.squse.co.jp/squse/04_detail.php

(安川)


─ ◆◇ 4:ことばこ! ◇◆ ─────────────────────────
*業界用語や専門用語を、わかりやすくご紹介します。

//NC加工

NC加工(えぬしーかこう、Numerical Control machining)とは、
数値制御(NC)による機械の加工方法です。
ドリルなどに代表される切削用工具の刃先の動作を座標値によって定義し、
その情報をもとに工作機械に内蔵されたサーボモータが動くことによって工具や被加工物が動作し、
加工が行われます。
一連の刃先の加工動作情報をNC装置へ入力する必要がありますが、この情報を記述したものを、
NC加工NCプログラムと呼びます。
NC加工を導入するメリットは、同じ製品を複数作成する際に、
同じ寸法(但し工作機械固有の誤差は残る)のものを同じ作業時間で、大量に作ることができることです。
人手による作業では、作業者のスキルレベルによって精度や作業時間に大きなばらつきが生じやすく、
品質管理が難しいのですが、それらの問題点を解消できるものといわれています。

JISではNCを「数値制御工作機械において、工作物に対する工具の位置を、
それに対応する数値情報で指令する制御方式。」と定義しています。


最近、NC研削盤と関わる機会がありましたが、そう言えば、NCとは何の略かな?
と気なっておりましたので紹介いたしました。

機械や動作もさることながら、NCプログラムがどういうものなのか・・・個人的には興味深いです。

(立野)

─ ◆◇ 5:好きこそモノの上手なれ :スマートフォン ◇◆ ───────────

*編集担当が、趣味や興味のあるモノゴトに関するコラムを交代で記します。

こんにちは。先日スマートフォンにのりかえました早川です。

そうなんです、やっと私にもスマートフォンの時代がやってきました。
これまで長らく使っていたガラパゴス携帯がついに壊れ、
別れを惜しみつつもスマートフォンがほしくてたまらなかった私はスキップしながら携帯ショップへ。

店頭にはいろんな機種がありましたが・・・
買い物でも(!?)けっこう優柔不断な私ですが・・・
今回は迷わずiphone5を選びました!

そんなiphone5はというと・・・すごい便利!画面が綺麗!!そしてかっこいい!!!

テザリングでタブレットも外でネットにつながって、
app storeでアプリやらなんやらかんやら利用できて、めちゃくちゃ快適!

この手のものにはそんなに知識もなく、あまり使いこなせてもいないのですが、
なんだかんだで一日中さわりまくっていました。

少し前まではまったくの機械オンチだった私なのに・・・

「好奇心があればいつだって新たな道に導かれるんだ」by ウォルト・ディズニー

なるほど・・・。 実感してます!!

(早川)

─ ◆◇ 6:後記 ◇◆ ─────────────────────────

◎メールマガジン第1号について
当メルマガは、ブランディングの一環として、4年前にリニューアルスタートしました。
こちらよりご参照くださいませ。
http://archive.mag2.com/0000158458/20071108080000000.html

◎広告メールなどの解除手続きについて
当メールマガジンをご愛読いただき、ありがとうございます。
ご登録いただきますと、別途、まぐまぐより、ニュースなどの広告メールが届きます。
これらをご不要の方は、恐れ入りますが、下記のページにアクセスし、
各ニュース(広告)ごとに、解除の手続きをとってくださいますようお願いします。
解除の手続きは、解除の欄にメールアドレスを入力して、解除ボタンを押すだけです。
http://www.mag2.com/wmag/

───────────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを、
どうぞ、よろしくお願いします!!!

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAとロボットが夢でつながっていくさま ─ SQUSE通信 ─

発行元 :スキューズ株式会社 SQUSE Inc.
発行責任者 :清水 三希夫
編集長 :安川 寿
編集 :野呂 淳・中辻彩子・立野雅三・川嶋圭太朗
:落合俊夫・笠健次郎・早川壮・東井佳菜充
URL: http://www.squse.co.jp Email: sq_maga@squse.co.jp
・本メールマガジンの記事中に掲載されたWebサイトのご利用において、
いかなる損害が発生しても、スキューズ株式会社は賠償など、
一切の責任を免れます。
・掲載された記事を、許可なく転載することを禁じます。
・複数人による閲覧が可能なメールアドレス(メーリングリストなど)による
購読はご遠慮ください。ご希望の場合は弊社までご一報ください。
・メールマガジンのバックナンバー・配信中止をご希望の方は、
まぐまぐのホームページからお願いいたします。
http://www.mag2.com/m/0000158458.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から