新着情報

【SQUSE通信 Vol.262】 WBC
メルマガ
2013年02月27日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAとロボットが夢でつながっていくさま ─ SQUSE通信 ─
───────────────────────────────────────

◆◇ WBC ◇◆
http://www.squse.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2013/2/27 Vol.262

おはようございます。
WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)三連覇に向け、侍ジャパンが注目されています。

過去2回の開催年は、少年野球チームへの入会者が例年になく、増加したとのこと。
「世界一」になった熱いプレーの数々が、野球を始める「きっかけ」になったのでしょう。

山本監督やコーチ陣、選手たちへの「期待という重圧」は、半端じゃないと思いますが、
臆することなく、個々の持ち味を、思う存分、発揮してほしいと願っています。

そうした熱いプレーのひとつひとつが、何かをはじめる「きっかけ」となるのですから!

何か、よい「きっかけ」と出会えますように・・・
本日も、どうぞよろしくお願いいたします!


─ ◆◇ 今日のコンテンツ ◇◆ ───────────────────────

1:ホットニュース ……………【「ふくい知財フォーラム」にて清水が講演いたします!】
2:インフォメーション! ……【「ロボナブル」で「ロボットアーム」が紹介されました! など】
3:今週の決断! ………………【決断10:デジタルなのか、アナログなのか 】
4:ことばこ! ………………【タッチパネル】
5:好きこそモノの上手なれ …【胡蝶蘭】
6:後記 …………………………【メールマガジン第1号について など】

─ ◆◇ 1:ホットニュース ! ◇◆ ─────────────────────
*ホットな話題や、スキューズの今を、ご紹介します。

◎【新着!】「ふくい知財フォーラム」にて清水が講演いたします!
福井大学が主催する産学官連携により大学成果の技術移転の促進を図る
「ふくい知財フォーラム」セミナーにて、
弊社社長の清水が講演させていただきます。
・日時:2月28日(木)13時30分~
・場所:ホテルフジタ福井 天山の間(福井市)
・内容:「中小企業におけるものづくりと知財戦略(仮題)」
詳細は、こちらをご参照お願いします。
http://www.squse.co.jp/news/detail.php?id=83


─ ◆◇ 2:インフォメーション! ◇◆ ───────────────────
*スキューズからのお知らせコーナーです。

◎【新着!】「ロボナブル」で弊社「ロボットアーム」が紹介されました!
日刊工業新聞社が提供するロボット情報サイト「ロボナブル」で、
弊社「ロボットアーム:ASD-1100」を複数台連結した
「多連操システム」が紹介されています。
詳細は、ぜひ、こちらをご参照くださいませ。
http://www.squse.co.jp/news/detail.php?id=87

◎【新着!】新社屋竣工とお披露目のご報告
工場含め新社屋が竣工しましたので、2月4日(月)に、
ロボット展示室と新工場をお披露目させていただきました。
たくさんの方々にご来場いただきましたこと、深く感謝いたしております。
ありがとうございました。
舞台は整いましたので、「世界のものづくりを支える。」べく、
社員一丸となって、革新技術に磨きをかけてまいります。
今後とも、ご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願いいたします。


─ ◆◇ 3:今週の決断 ! ◇◆ ───────────────────────
*書籍『シーケンシャル・マネージメント』から、
58ある「決断」をひとつずつ、ご紹介していきます。

◎決断10
「デジタルなのか、アナログなのか」



「アナログ」

∥近頃、さまざまなシーンで
∥「デジタル人間」「アナログ人間」という表現が使われます。
∥誰しも一度は耳にしたことがあり、
∥もしかしたら口にすることがあるかもしれません。
∥一般的に、アナログ人間とは、デジタル人間に比較して
∥デジタルに関連したもの(情報機器)を使えない人のことを
∥さしていると言われています。
∥そして、パソコンなどを使いこなせないというだけで、
∥「時代に遅れている」という評価を与えられがちです。
∥(中略)

∥わたしたちエンジニアは、機械が動く/動かないのどちらかの結果で表される、
∥一見、0か1かという解りやすい世界で働いています。
∥だからこそ、わたしたちを「デジタル人間」だと分類するという考えも
∥間違いではないと思います。
∥(後略)


「人の心」にフォーカスし、
「アナログをコントロールすること」の大切さに言及しているこの決断。
べたべたな「アナログ人間」である、私の心に響いた一編でもあります。

さてさて、なぜアナログなのでしょう・・・
・書籍情報:http://www.squse.co.jp/company/07_detail.phpl
・スキューズブランド:http://www.squse.co.jp/squse/04_detail.php

(安川)


─ ◆◇ 4:ことばこ! ◇◆ ─────────────────────────
*業界用語や専門用語を、わかりやすくご紹介します。

//タッチパネル

ディスプレー画面をおおう透明なシートパネルに、電気的なボタンとしての機能をもたせた
コンピューターの入力装置。

最近は、スマホだったり、タブレットだったりタッチパネルが世の中に溢れていますが、
工場の機械も、操作用にタッチパネルが使われることがよくあります。

新入社員の時はまずタッチパネルの作画を任されることがよくありますが、
スイッチのレイアウトや、色使いなど、設計者のセンスがはっきりと現れます。

会社のメンバーで何年か前に、某回転寿司に行った時、そこで使われていたタッチパネルを見て
「文字の全角、半角が統一されていない」、「色使いがイケてない」など、文句を言い
さらには、使いなれたメーカーの物だったので、画面の端のとこを2点同時押ししたりと、
好き勝手やっていました。

お寿司を届けてくれる列車や、注文した皿が目の前に来た時に知らせてくれたりと、
回転寿司店は楽しいモノがいっぱい。何をどう制御しているのだろうと、
みんなでワイワイ話している姿は周りから見たら怪しい集団かもしれません。。。

(笠)

─ ◆◇ 5:好きこそモノの上手なれ : 胡蝶蘭 ◇◆ ─────────────

*編集担当が、趣味や興味のあるモノゴトに関するコラムを交代で記します。

会社の行事ごとで、お客様から胡蝶蘭をいただくことが御座いますが、
贈る方、贈られる方、、皆さん、花言葉ってご存知でしょうか。

色によって様々のようですが、
色に関係なく、元々は「幸福が飛んでくる」だそうです。
そしてピンクには「あなたを愛します」
白には、「変わらぬ愛」「清純」

───なんて素敵な花言葉!

胡蝶蘭に限らず、花言葉を知っていると
お花をいただいた時、嬉しさも増しますよね。

・・・わざわざメルマガのネタにしてみましたが、
知らないのは私だけだったりして。。。

(中辻)

─ ◆◇ 6:後記 ◇◆ ─────────────────────────

◎メールマガジン第1号について
当メルマガは、ブランディングの一環として、4年前にリニューアルスタートしました。
こちらよりご参照くださいませ。
http://archive.mag2.com/0000158458/20071108080000000.html

◎広告メールなどの解除手続きについて
当メールマガジンをご愛読いただき、ありがとうございます。
ご登録いただきますと、別途、まぐまぐより、ニュースなどの広告メールが届きます。
これらをご不要の方は、恐れ入りますが、下記のページにアクセスし、
各ニュース(広告)ごとに、解除の手続きをとってくださいますようお願いします。
解除の手続きは、解除の欄にメールアドレスを入力して、解除ボタンを押すだけです。
http://www.mag2.com/wmag/

───────────────────────────────────────
“革新技術工場。スキューズ”として歩み続ける私たちを、
どうぞ、よろしくお願いします!!!

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAとロボットが夢でつながっていくさま ─ SQUSE通信 ─

発行元 :スキューズ株式会社 SQUSE Inc.
発行責任者 :清水 三希夫
編集長 :安川 寿
編集 :野呂 淳・中辻彩子・立野雅三・川嶋圭太朗
:落合俊夫・笠健次郎・早川壮・東井佳菜充
URL: http://www.squse.co.jp Email: sq_maga@squse.co.jp
・本メールマガジンの記事中に掲載されたWebサイトのご利用において、
いかなる損害が発生しても、スキューズ株式会社は賠償など、
一切の責任を免れます。
・掲載された記事を、許可なく転載することを禁じます。
・複数人による閲覧が可能なメールアドレス(メーリングリストなど)による
購読はご遠慮ください。ご希望の場合は弊社までご一報ください。
・メールマガジンのバックナンバー・配信中止をご希望の方は、
まぐまぐのホームページからお願いいたします。
http://www.mag2.com/m/0000158458.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

スキューズの歴史 ロボットが活躍するシーン 製品紹介 カタログ一覧 メルマガ facebook 社長TV
お問い合わせは此方から